2011年1月16日 『こんなはずでは…』を越えて

2011/02/09

説教あらすじ「『こんなはずでは…』を越えて」(16/01/2011)

[ヨハネ1:9-13]

*何か(誰か)を「知っている」ことと、それ(その人)と実際に関わりをもって生きていることとは違う。

それは『信仰生活』についても同じことが言える。

[10-11節] 「この方」とは、イエス・キリストのこと。

・イスラエルの人々は、ずっと以前から神を知り、その教えを守り、救い主(キリスト)を待ち望んで

いた [マタイ2:1-6] にも関わらず、そのキリストであるイエスが現実に現れたら、受け入れなかっ

た。[ヨハネ10:31-33]

何故? ➝ 自分たちが抱いていたイメージと違っていたから

・「神を見れば信じる」という人がいるが、実際は信じはしない。自分の勝手なイメージを追いかけて

いるだけだから。彼らの神は、実際には自分に都合の良い存在でしかない。[ピリピ3:18-19]

・「神は信じられるが、キリストは信じられない」という人々も同じ。彼らは、神はあやふやな存在で

あって欲しい。はっきりしてしまうと、あやふやな態度ではいられなくなるから。

◆ 「こんなはずではなかった!」という経験はないだろうか?(『半額セール』などで)

・本当の『豊かな関係』は「こんなはずでは…」の向こう側にある。

◆ 神は、人(イエス)となってこの世に現れ、ご自身をはっきりと分かる形で私たちに提示された。そして、

私たち1人1人に対する愛を惜しみなく注がれ、私たちと神との隔てとなっていた罪の壁を取り除くた

め、私たちの身代わりとなって十字架にかかられ、3日目によみがえられた。

この姿は、あなたの抱いている『神のイメージ』とは異なっているかもしれない。しかし実際には、

このイエス・キリストを己の神として受け入れたことによって人生が全く新しくされた人々が、世界

中にあふれている。

◆ 聖書は言う。[12-13節]

・受け入れるのも、拒むのも、あなたの自由。しかし「自分の抱いていたイメージとは違うから…」と

いうような愚かな選択は避けよう。神ご自身が『神』なのであって、あなたが神なのではない。

➝ [マタイ10:32-33]

《健太くんの証し》

{ 0 comments… add one now }

Leave a Comment

Previous post:

Next post: