2011年1月30日 恵みとまことに満ちた方

2011/02/10

説教あらすじ「恵みとまことに満ちた方」(30/01/2011)

◎[ヨハネ1:14-18]

[16節] 神は豊かさに満ちた方。そしてそのひとり子を受け入れた者は、その豊かさに生きることができる。

それは一体どういうことか?

[14節] キリストの栄光は恵みとまことに満ちているということ。少し矛盾しているようにも見える。

・恵み = 融通を利かしてくれる。 ・まこと(真実)= 融通が利かない

◆ 神にとっては…

『まこと』「約束を必ず守る」ということ。

・神は聖書のすべての約束を必ず守る。もちろん私たちにも、約束を守ることを期待する。

『恵み』:たとえ私たちが約束を破っても、それを赦してくださり、しかも、相変わらず私たちに対す

る約束を守り続ける、ということ。

[17節]「恵みとまこと」はイエス・キリストによって実現した。

*この神の「恵みとまこと」のご性質の究極的表現が「イエス・キリストの十字架」。

・神はその『まこと』の故に私たちの罪と妥協なさらなかった。しかしその『恵み』の故に、そ

の罪に対する罰を私たちにではなく、ご自分のひとり子に負わせたのである。

・「キリストの十字架は、神の愛の象徴」と言われるが、それだけではない。そこには「罪を負

う者は、たとえひとり子であろうとも裁きを免れない」という神の厳しさもある。

◆ ここでは「モーセの律法」「イエス・キリスト」とが対比されている。

・律法は文字(ことば)によって表現されるが、それがすべてではない。人が自分の心をことばによって

表現するように、神もその『心』を律法の中に表現された。だが当時の人々はそれを理解しなかった。

それ故神は「ご自分の心そのまま」の表現として、イエス・キリストを遣わされたのである[18節]。

イエスのことばや行ない1つ1つに『神の心』が表現されている。そしてこれらのイエスのことばに

応答することが「神の心への応答」となるのである。

◆ ある時イエスがこんな話をされた。[マタイ21:28-31]

・何故兄は「行きます」と言ったのに、行かなかったのか? ➝ 「ことば」は聞いたが、『心』を聞き

取らなかった。

・何故弟は「悪かった」と思ったのか? ➝ 「ことば」と共に『心』をも聞き取っていた。

★ 神の豊かさの中を歩みたいですか?「恵みとまことに満ちた者」となりたいですか?

イエス・キリストを通して「神の心」に触れながら生きる時、あなたは変えられていくのです

{ 0 comments… add one now }

Leave a Comment

Previous post:

Next post: