説教あらすじ「イエスに関する証言」(13/02/2011)

◎[ヨハネ1:29-34]

◆先週の2番目の質問 [25節] ➝ ヨハネの答え [31節]「イエス・キリストが明らかにされるため」

・「ヨハネが『証言』している」という表現は、この章に3回出てくる。[19,32,34節]

すなわち、ヨハネは「自分の使命は、イエスが神の子であると証言すること」と確信し、

そのために生き、そして死んだ。

◆『証言』とは:主観的な意見の主張ではなく、見たり聞いたりした、ありのままの事実を語ること

・イエスの弟子たちも、この『証言』に命をかけた。[使徒4:18-20]

◎では、私たちはどうなのか? 今から2000年も前に、遠いイスラエルの地で、罪人として十字架に

つけられて死んだイエスを、何故「神の子・救い主」と呼ぶのか?

これは『証言』なのか?それとも単なる『自分の意見の主張』なのか?

◆私個人に関して言えば、次の3つのことを『証言』できる。

「私は自分が罪人であることを知っている」

「十字架にかけられるようなことを何もしていないイエスが、十字架にかけられた」

・しかもそのことは、イエスが生まれるずっと前から預言されていた。[29節] ➝ [イザヤ53:5-8]

「イエスを救い主と受け入れることで、人生が大きく変わった」

・また、大きく変えられた人々をたくさん見てきた。

このイエスをあなたの救い主として受け入れるかどうかは、あなた自身の決断。

ただ、私としては、私自身に起こったことを「証言」せずにはいられない

考えてみましょう

・あなたにとって「イエスが神の子である」と証言できる理由は何ですか?

説教あらすじ「イエスに関する証言」(13/02/2011)

[ヨハネ1:29-34]

◆先週の2番目の質問 [25] ヨハネの答え [31]「イエス・キリストが明らかにされるため」

・「ヨハネが『証言』している」という表現は、この章に3回出てくる。[19,32,34]

すなわち、ヨハネは「自分の使命は、イエスが神の子であると証言すること」と確信し、

そのために生き、そして死んだ。

◆『証言』とは:主観的な意見の主張ではなく、見たり聞いたりした、ありのままの事実を語ること

・イエスの弟子たちも、この『証言』に命をかけた。[使徒4:18-20]

◎では、私たちはどうなのか? 今から2000年も前に、遠いイスラエルの地で、罪人として十字架に

つけられて死んだイエスを、何故「神の子・救い主」と呼ぶのか?

これは『証言』なのか?それとも単なる『自分の意見の主張』なのか?

◆私個人に関して言えば、次の3つのことを『証言』できる。

「私は自分が罪人であることを知っている」

「十字架にかけられるようなことを何もしていないイエスが、十字架にかけられた」

・しかもそのことは、イエスが生まれるずっと前から預言されていた。[29] [イザヤ53:5-8]

「イエスを救い主と受け入れることで、人生が大きく変わった」

・また、大きく変えられた人々をたくさん見てきた。

このイエスをあなたの救い主として受け入れるかどうかは、あなた自身の決断。

ただ、私としては、私自身に起こったことを「証言」せずにはいられない

考えてみましょう

・あなたにとって「イエスが神の子である」と証言できる理由は何ですか?

Categories: メッセージ

Junko

じゅんこです。1990年のChristchurch JCFの創始時からJCFに参加しています。現在はめったにクライストチャーチにも行かなくなりましたが(遠いところに住んでいるので)、ウェブサイトの運営にかかわるというかたちでJCFに参加し続けています。8人の子どもを引き連れている日本人ママをクライストチャーチ周辺で目撃したら多分わたしですので気軽に声かけてくださいね~!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *