2011年4月3日 神の前に出るために

2011/04/06

(2月22日のクライストチャーチ地震後、現在臨時礼拝場所で集っているため、メッセージ録音器具がありません。メッセージのあらすじは以下のとおりです。)

説教あらすじ「神の前に出るために」(03/04/2011)

◎[ヨハネ1:43-51]

*この箇所から、3つのことを学ぶことができる。

神の見方と人の見方は違う[44節]

◆イエスが選んだ弟子たちは、無学な田舎者が多かった。[使徒4:13]

・神の前に、家柄や学歴などは問題ではない。[Ⅰサムエル16:7]

◆ナタナエルは、イエスがメシアだとは信じられなかった。[46節]

・これは当時の指導者たちの間でも同じ。[ヨハネ7:50-52]

◆イエスの目には、たとえ指導者たちであっても「救いを必要としている罪人」であり、姦淫の女でさ

えも「自分の命を引き替えにしても惜しくない存在」。

私たちもこの方との「個人的な出会い」を通して、彼と同じ目で人々を見られるようになろう

イエスの心は「神を畏れ敬う者」に引き寄せられる[47-48節]

*この「いちじくの木の下」で何があったかは分からないが…

◆『ほんとうのイスラエル人』という描写から予測できる「ナタナエルの人物像」[ルカ2:25]

・母国イスラエルの回復を願い、神の名がおとしめられているのを嘆いていた人物。

◆日本の現状を見て、私たちにできることは「何故このようなことが起こったのか?」を追求すること

ではなく、「身を低くして、主のあわれみに訴えかける」こと。[Ⅱ歴代誌7:14]

イエスは、ご自身を求める者に報いてくださる[マタイ6:6]

◆イエスは私たちの「隠れた小さな祈り」に応えてくださると共に、私たちには思いもよらないような

大いなるみわざをも備えておられる。[50節]

・神にとっては「応えられない大きすぎる祈り」も「見逃してしまうような小さすぎる祈り」もない。

神を欺くことも、神の前で自分を取り繕うこともできない。ありのままで神の前に出、心を注ぎ出して祈ろう。もし心に責められることがあるなら、「イエス・キリストの十字架による和解」を受け入れよう。

考えてみましょう

・あなたが「神と同じ視点」を持つことを妨げているものは何ですか?

・日本のためにとりなすために、私たちはどのような心で神の御前に出るべきでしょうか?

{ 0 comments… add one now }

Leave a Comment

Previous post:

Next post: