(今回は試験的にディーンさんがノートパソコンでメッセージを録音してくれました。どうぞお聞きください。)

説教あらすじ「イエスこそが神殿」(24/04/2011)

◎[ヨハネ2:18-22]

*相変わらず「見えるもの」に執着するユダヤ人 [18節, Ⅰコリント1:22-23]

「しるし」を見ても、信じない人と信じる人とがいる

・民衆やリーダーたち [マタイ27:39-42, 28:11-13]

・使徒トマス [ヨハネ20:24-29]

*それでも信じないのは何故?➝ ①初めから「信じない」と決めている。

②御利益を求めているのであって、「真理」を求めていない。

それでも、私たちは「信じる」ことを期待されている。[ヨハネ20:30-31]

◆[19-21節] イエスご自身が神殿(父の家)

・私たちはこのイエスを通して、父なる神と出会う。

・私たち自身が「キリストのからだ」[Ⅰコリント12:27]

どういう意味?➝ [Ⅰヨハネ4:12] 私たちがキリストの愛を知り、互いにできることを出し合って

仕え合うとき、そこに神との出会いがある。

イエスの「よみがえり」は、何を示すのか

①「イエスこそ正真正銘の『神のもとから来られたひとり子』だ」ということ。

私たちの代価は、完済された。(聖書の時代の大工さんの習慣)

キリストが語られたことは、すべて本当だった。(『ベン・ハー』の著者の証し)

・私たちは『迷信』ではなく、確かな『事実』を信じている。

★ 今日もキリストは生きておられ、私たちを招いている。

「信じない者にならないで、信じる者になりなさい!」

考えてみましょう

・何故「信じる人」と「信じない人」がいるのですか?

・「イエスのよみがえり」は私たちに何を意味するのでしょう?

Categories: メッセージ

Junko

じゅんこです。1990年のChristchurch JCFの創始時からJCFに参加しています。現在はめったにクライストチャーチにも行かなくなりましたが(遠いところに住んでいるので)、ウェブサイトの運営にかかわるというかたちでJCFに参加し続けています。8人の子どもを引き連れている日本人ママをクライストチャーチ周辺で目撃したら多分わたしですので気軽に声かけてくださいね~!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *