(14) 主(神)を恐れることは知識の初めである

2011/05/11

ヘアードライヤー:睡眠中はご使用にならないでください。

ヘアードライヤー:睡眠中はご使用にならないでください。

『常識』という言葉を辞書で調べると「普通、一般の人が知っている、また知っておくべき知識」とあります。ところが最近この『常識』に欠ける人々が増えてきていることが問題になっています。その事実は、次のような「取扱説明書」の記述を見ると分かります。

ヘアードライヤー睡眠中はご使用にならないでください

アイロン衣服を身に着けたままご使用にならないでください

チェーンソー回転中のチェーンを手で止めようとしないでください

これらのことを理解していないということは、単に「知識がない」というよりもむしろ、「人が生きる上で正しい判断を下すための基準を持っていない」とも言えるのではないでしょうか。

聖書は「人は神を認めようとしなくなって以来、その思いは虚しくなり、その無知な心は暗くなった」と書いています。生まれつきの人間は、自分自身の中に『確固たる判断基準』を持っていません。そしてこの『確固たる判断基準』なしに、ただ知識や経験を積み重ねたところで「正しい分別」を身に付けることはできません。私たちの日々の歩みに確信を与える『絶対基準』、それは、この天地の創造主、絶対者である神以外におられないのです。

{ 0 comments… add one now }

Leave a Comment

Previous post:

Next post: