2011年5月8日 無条件の信仰

2011/05/16


説教あらすじ「無条件の信仰」(08/05/2011)

◎[ヨハネ2:23-25]

*〈『木』が変わって、プロポーズを承諾した話〉➝ 何が人と人との関係を「不動のもの」とするのか?

 

◆[23-24節]

・イエスは何故ご自身を彼らにお任せにならなかったのか?

彼らの信仰は『しるし』によって生まれた「条件付き信仰」だったから。

このような信仰は、何がきっかけで失われてしまうか分からない。

 

・「もっと神様のことが分かったら、信じる」という人がいるが、どのくらい分かったら信じるのか?

「極めたら?」:人が極めることができるような神に、人を救えるだろうか?

 

・私たちが結婚を決めるのは、相手のことがどれだけ分かったら?

➝ ほんの少し。(すべてが分かったら、結婚しないかも…)

 

「どれだけ分かったら」が重要なのではなく、

「たとえ何が分かっても、決してあきらめない」という決断が重要

 

・私たちの『信仰』もこれに似ている。➝〈自分が信じたときの証し〉「イエスがいのちをかけてくださった

『真実の愛』に応えるための唯一の道は、同じく『真実の愛』による応答」と確信した。

 

◆イエスは言われた。[ヨハネ14:21]

・「わたしの戒め」とは、「互いに愛し合え」を含めた、聖書のみことばのこと。私たちが神のことばに

対して、愛と真実をもって応えて行くなら、神と私たちとの『愛の関係』は日々成長し、不動のもの

とされていく。そしてイエスは更に新しくご自身を私たちに現される。(親しさの証しとして)

 

・イエスは万民を愛しておられるが、それとは次元の違った愛で、ご自分に近づいてくる者を愛し、

その心を許される。

 

★ 『信じ、愛するために知ろうとする』のではなく、

信じ、愛することによって、更に深く知る者」となろう!

 

考えてみましょう

・「信じる」ために大切なことは何ですか?

・万民に対するイエスの態度と、「彼に近づこうとする者たち」に対するそれとは、どう違うのでしょう?

{ 0 comments… add one now }

Leave a Comment

Previous post:

Next post: