説教あらすじ「新しいいのちに生きる」(15/05/2011)

 

◎[ヨハネ3:1-8]


◆『ニコデモ』という人物について [1-2節前半]

・パリサイ人:聖書(律法)の専門家。律法に従うことによって神の祝福が得られると信じていた。

・ユダヤ人の指導者:ユダヤ議会『サンヘドリン』のメンバー(いわば国会議員)。

[2節]・彼も「しるし」に魅かれていた1人。ただ、彼は「しるしそのもの」以上に「この方こそ、

神が共におられる方に違いない!」という点に魅力を感じていた。

 

◆ イエスは、ニコデモが求めているものをいち早く察知して言われた。[3節]

・「もし生まれ変わることができたら…」と思う人は多い。しかし、生物学的には不可能。[4節]

しかし、イエスが意味したのは「肉体的」なことではなく「霊的世界」のこと。[5-7節]

すなわち「私たちの地上のからだ」のことではなく、神から見た「神の国(天)における立場」のこと。

 

私たちは皆「新しく生まれる」までは、神の前に「失われている➝ [ルカ19:10,15:4-7]

・それは、私たちの罪(神の権威と無関係に生きようとする心の態度)の故に「神との断絶」の状態にある

から。しかし、私たちがそのような態度を捨て(悔い改め)、キリストによる和解を受け入れるなら

「神と共に生きる関係」へと回復される。これが「新しく(神の国において)生まれる」ということ。

 

◆「新しく生まれた者」は『2重国籍(天と地)を持つようになる。ただ、天においては生まれたばかりで

あり、目に見える肉体が地上にあるので、初めのうちは天におけるいのちの実感があまり湧かない。

・何故神は、この肉体をもさっさと天に引き上げないのか?

神の願いは、この地上で、私たちを通して「天のいのちの豊かさ」を証しすること

 

◆ では、どのようにして「天のいのちの豊かさ」の中に生きるのか?

① 祈り:「みこころが天において成るように、地においても、この身を通して行われるように。」

② みことば:『霊的食物』。朝ごとに。暗唱するのは、なお良い。

③ 与える生活:「地上のいのち」は受けるほど豊かになるが、「天のいのち」は与える(天に蓄える)

ほど豊かになる。

イエスを通して与えられた「神のいのち」が、あなたを通して人々の間で明らかにされますように

 

考えてみましょう

・「新しく生まれる」とは、どういうことですか?

・「天のいのちの豊かさ」の中に生きるための秘訣は何でしょう?

Categories: メッセージ

Junko

じゅんこです。1990年のChristchurch JCFの創始時からJCFに参加しています。現在はめったにクライストチャーチにも行かなくなりましたが(遠いところに住んでいるので)、ウェブサイトの運営にかかわるというかたちでJCFに参加し続けています。8人の子どもを引き連れている日本人ママをクライストチャーチ周辺で目撃したら多分わたしですので気軽に声かけてくださいね~!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *