説教あらすじ「イエスを見上げなさい!」(22/05/2011)

 

◎[ヨハネ3:9-15]

 

*イエスが話した「地上(見える世界)のこと」と「霊的な(見えない世界の)こと」との関連性を、ニコデモ

は理解しなかった。[9-10節] 彼も他のユダヤ人と同様「見れば信じる」という姿勢を持っていた。

 

「見えない世界で起こる出来事」が「見える世界」に影響を与えるのであって、その逆ではない。それ故

私たちは、「見える世界で起こること」から、その背後にある「見えない世界」を推察することができる

 

 

◆ イエスも同様にして、目に見えない「天の御国」について証しされようとした。[11-12節]

・イエスは「天の御国」を人々に理解させるため、様々なたとえを用いられた。

・また、イエスご自身こそ「見えない世界」に先に存在し「見える世界」に現された大いなる実例であ

り、「天の御国」を表現するために御父が地上に送られた『天の御国の究極のたとえ』

・神は地上の歴史の中で、私たちが悟るべき『救いの概念』の原型を、様々な形で表現して来られた。

(例)①ノアの箱舟  ②ソドムとゴモラの滅亡  ③アブラハムとイサクの物語

 

 

◆ そしてここ[14節]では、もう1つの例として「荒野で上げられた蛇の話」[民数記21:4-9] をあげている。

この出来事に含まれているいくつかの重要な真理

①「かみつく蛇」:この世の災いは、私たちと神との関係が壊れた結果としてやってくる。

②「かまれた人々」:神との関係が壊れた結果、私たちは、罪・死・さばきに定められた。

③「青銅の蛇」:神は、私たちを罪と死から救うために、イエス・キリストを贈られた。

④「青銅の蛇を見上げる者は生きる」:イエスを「神からの救いの道」として受け入れる者は

『永遠のいのち』を得る。[15節]

 

・ここで「青銅の蛇を見上げるかどうか」は『信仰』の問題。(『知的納得』ではない。)

「回復の兆し」は、信じて見上げるまでは現れなかった。納得できるのを待っていた者たちは死んだ。

・人々が「信じて蛇を見上げる」のを助けたのは、「先に見上げていのちを得た者たち」。すなわち

「先にいのちを得た私たちの使命」は、このいのちをまだ得ていない人たちに証しすること

 

神の関心は「逆らった人々を滅ぼすこと」ではなく「誰が青銅の蛇(イエス)を見上げるか」ということ。

★ 世の終わりの「さばきの日」に神が私たち1人1人に問うたった1つの質問は…

わたしがあなたの救いのために十字架につけたイエスを、あなたはどうしましたか?」

 

 

考えてみましょう

・私たちは「目に見える出来事」から、どのようにして「見えない世界」を類推することができますか?

・今あなたに与えられている使命は何ですか? また、そのためにあなたはどんなことができますか?

Categories: メッセージ

Junko

じゅんこです。1990年のChristchurch JCFの創始時からJCFに参加しています。現在はめったにクライストチャーチにも行かなくなりましたが(遠いところに住んでいるので)、ウェブサイトの運営にかかわるというかたちでJCFに参加し続けています。8人の子どもを引き連れている日本人ママをクライストチャーチ周辺で目撃したら多分わたしですので気軽に声かけてくださいね~!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *