メッセージ

2011年7月10日 イエスとの真の出会い 

説教あらすじ 「イエスとの真の出会い」 (10/07/2011)   ◎[ヨハネ4:27-30, 39-42] *今日はここから「人はどのようにしてイエスと出会うのか」を学ぶ。 ① すでにイエスを知っている人々の「効果的な証し」によって [28-30節] ◆何故この女は町へ行って人々にイエスのことを告げたのか? ・理由は単純。「自分が知った重大事を、他の人にも知らせたい!」 これが『証し』。 ・『証し』の2つの要素:「言葉」と「その人に起こった変化」 このどちらが効果的かは、相手による。   ◆『しぶけん』の場合(「言葉」の方が効果的だった)    自分に起こった変化 受けた言葉                            ・「死に対する恐怖」からの解放 ➝ 深い平安 ・自分が『罪人』だということ                 ・大きな疑問(罪・死・人生の目的)の解決 ・罪の結果は「死とさばき」                  ・『偶然』から『必然』へ ➝ 生きる喜び ・キリストの十字架は、自分のため             ・決して失われることのない人生のパートナー   *あなたにしか伝えられない『証し』を用意していなさい! [Ⅰペテロ3:15]   ② 良く分からなくても、試しにイエスを迎え入れ、彼をじっと見つめて生きることによって [39-41節] ・町の人々は、イエスを迎えて過ごした2日間、何をしていただろうか?日常の雑事に追われていただろうか? そんなはずはない。常にイエスを取り巻き、じっと見つめ、彼の言葉に耳を傾けていたはず。 ・神が『法則』だとしたら、学べば理解できる。しかし、神は『人格』。それはイエスに於いて完全に現された。 イエスを迎え入れ、共に過ごし、人生のあらゆる局面を分かち合わなければ、彼を理解することはできない。 Read more…

By Junko, ago