2011年7月3日 霊とまことによる礼拝

2011/07/09

説教あらすじ 「霊とまことによる礼拝」 (03/07/2011)

 

◎[ヨハネ4:16-26]

*「その生ける水を私にください」と言った女に対しての、イエスの意外な返答から始まる。

 

◆[16-18節]

・女にとっては思いがけない返答(触れられたくない部分)。幸福(真の関係)を求め、得られなかった人生。

 

◆[19-22節]

・「見知らぬユダヤ人」だったイエスに対する見方が変えられていく。(私たち1人1人にも起こること)

ここから女は、今まで誰からもちゃんとした答えをもらえなかった、深い関心について尋ね始める。

・イエスは、話題の中心がご自身の本質に及んだことを、どれほど喜ばれたことだろう。

➝ 私たちが神と語る(祈る)時、その話題の中心をどこ(誰)に当てているだろうか?

 

◆[23-24節]

・福音書の中でも大変レベルの高い話がなされる。このような話を、弟子たちや律法の専門家たちとではなく、

このサマリヤの不道徳な女になさったことは、大変注目に値する。

➝ イエスの関心は、私たちの外面や立場にあるのではなく、内面(神を求める心)にある。

 

『霊』とは?

・光は目で、音は耳で感知するもの。そして『霊』は『霊』で感知する。(人間は霊的存在)

・キリストと出会うまでは、この霊の部分は死んで(盲目になって)おり、悪魔に好き放題されている。[エペソ2:1-2]

・私たちが、物をたくさん集め、友人をたくさん作っても、なお満たされないのは、この『霊』の部分が満足しない

ため。私たちが必要としているのは、ここを満たすことのできる「私たちの造り主とのいのちの関わり」

「未信者に対する悪魔の主な策略」は、このことに気付かせないために、数々の方法でその人の

関心を別の方向へ向けること。ニセモノの満足にだまされるな!

『まこと』とは?

・二心(魂胆)がない。「OOのため」ではなく、純粋に「神ご自身との出会い」を求める心

*何がそうさせるのか?➝ ①コミットメント ②更に知ること[ヨハネ17:3](究極のものを知れば、他は要らない)

「信者に対する悪魔の主な策略」は『ほどほど』で終わらせようとすること。わずかな満足で終わらせるな!

◎『礼拝』とは?

・イベントやアクティビティではなく『ライフスタイル』。 Worship = worth + ship (価値あるものに対する、ふさわしい対応。)

いのちの源である『造り主』から「いのちの祝福」を受けながら「彼との深い交わり」を求めながら生きること

 

◆[25-26節]

・「キリスト(ギリシャ語)」「メシヤ(ヘブル語)」はどちらも『油注がれた者』の意。このイエスこそ『聖霊』を注がれる方。 彼に求めるなら、あなたは受ける! [マルコ1:7-8]

 

考えてみましょう

・悪魔の主な策略は、どのようなものですか?  ・「霊とまことによる礼拝」とは、どのようなものですか?

{ 0 comments… add one now }

Leave a Comment

Previous post:

Next post: