説教あらすじ 「イエスとの真の出会い」 (10/07/2011)

 

◎[ヨハネ4:27-30, 39-42] *今日はここから「人はどのようにしてイエスと出会うのか」を学ぶ。

① すでにイエスを知っている人々の「効果的な証し」によって [28-30節]

◆何故この女は町へ行って人々にイエスのことを告げたのか?

・理由は単純。「自分が知った重大事を、他の人にも知らせたい!」 これが『証し』

・『証し』の2つの要素「言葉」「その人に起こった変化」 このどちらが効果的かは、相手による。

 

◆『しぶけん』の場合(「言葉」の方が効果的だった)    自分に起こった変化

受けた言葉                            ・「死に対する恐怖」からの解放 ➝ 深い平安

・自分が『罪人』だということ                 ・大きな疑問(罪・死・人生の目的)の解決

・罪の結果は「死とさばき」                  ・『偶然』から『必然』へ ➝ 生きる喜び

・キリストの十字架は、自分のため             ・決して失われることのない人生のパートナー

 

あなたにしか伝えられない『証し』を用意していなさい[Ⅰペテロ3:15]

 

② 良く分からなくても、試しにイエスを迎え入れ、彼をじっと見つめて生きることによって [39-41節]

・町の人々は、イエスを迎えて過ごした2日間、何をしていただろうか?日常の雑事に追われていただろうか?

そんなはずはない。常にイエスを取り巻き、じっと見つめ、彼の言葉に耳を傾けていたはず。

・神が『法則』だとしたら、学べば理解できる。しかし、神は『人格』。それはイエスに於いて完全に現された。

イエスを迎え入れ、共に過ごし、人生のあらゆる局面を分かち合わなければ、彼を理解することはできない。

〈ある信仰者の証し〉

 

◎注意事項信仰生活とは「概念を信じて生きること」ではなく「イエスとの個人的な関わりの中で生きること

◆そして… 『関係』というものは、第3者を仲介にしている間は、決して本物にはならない。[42節]

・しぶけんと親友『のーす』との関係。

・あなたは本当にイエスを「知って」いるか?(「知っている」のと、「知ってるつもり」とは違う)

・出会いのきっかけは「第3者を通して」かもしれない。しかし、真にイエスとの出会いを体験できるかどうかは

あなた自身のイエスに対する態度にかかっている。 〈スポーツトレーニングのたとえ〉

 

★ あなたは、イエスとの関係を向上させるために、何ができますか?

 

考えてみましょう

・あなたは、イエスとの関係を向上させるために、何ができますか?

・「救いの証し」をいつでもだれにでも分かち合えるように。今週中に準備してみましょう。

Categories: メッセージ

Junko

じゅんこです。1990年のChristchurch JCFの創始時からJCFに参加しています。現在はめったにクライストチャーチにも行かなくなりましたが(遠いところに住んでいるので)、ウェブサイトの運営にかかわるというかたちでJCFに参加し続けています。8人の子どもを引き連れている日本人ママをクライストチャーチ周辺で目撃したら多分わたしですので気軽に声かけてくださいね~!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *