説教あらすじ「『神のみわざ』のプロセス」(07/08/2010)

◎[ヨハネ5:1-9] *これは単なる「1人の病人が癒された」というだけの話ではない。

◆イエスは目的を持ってこの回廊を歩いていた。

  ・イエスは人々の「目に見える症状」だけではなく、「魂の癒しの必要」を捜しながら歩いていた。

「よくなりたいか?」[6節]

  ・普通は病人にこんなことは尋ねない。しかしこの病人にはそれを再び想起させる必要があった。

  ・この病人には、もう1つの病(他者依存)があった。[7節]

「起きて、床を取り上げて歩きなさい!」[8節]

  ・この言葉には次のような意図がある。

     「あなたの人生を、他者に支配させてはならない。わたしの言葉に耳を傾けなさい。」

  ・この病人はイエスの言葉を心の耳をもって聞き、それに従い、そして癒された。

「神のわざ」のプロセス

目に見えるわざを行う前に、神はまず私たちの内側をご自身のみことばによって整える。[ピリピ2:13]

    ・そのみことばによって、そのみこころに従って「志を立てさせ」「事を行わせる」。

    ・「肉体の健康」よりも「魂の健康」の方が重要である。

◆最も重要なこと

 ・それは「まず静まって『神のことば(語りかけ)』に心の耳を傾けること。

神には「どうしてもあなたと一緒にやりたいこと」があるのです

考えてみましょう

・イエスはこの病人に何と語りかけましたか? またそのことばにはどういう意味がありますか?

・あなたは日々イエスのことばに耳を傾けていますか? もし、いないなら、それはどうしてなのでしょう?

Outline of the sermon “Procedure of Gods Work (07/08/2010)

◎[John 5:1-9]   * This is not just ‘another healing story’!

    ・Jesus was there looking for opportunities to do His job with listening “Cry of the Soul”.

Do you want to get well? [verse 6]

 ・It’s not a typical question.  But this is needed for him to remind ‘Healthy Life (Hope)’.

 ・This invalid had worse disease in his soul. = “Wrong sense of dependence”. [verse 7]

Get up!  Pick up your mat and walk. [verse 8]

  ・In other words, “Dont let others dominate your lifeListen carefully to my voice.”

  ・This man listened, obeyed, and got healed.

Procedure of Gods Work.

 ・God works invisible way with His Word first, then perform visible change. [Philippians 2:13]

・According to His good purpose, God impresses His Word in us to “will” and to “act”.

The first and the best thing for us to do.

「Be still and listen to the voice from God with your soul.」

God has something special to do only with you!

 

Categories: メッセージ

Junko

じゅんこです。1990年のChristchurch JCFの創始時からJCFに参加しています。現在はめったにクライストチャーチにも行かなくなりましたが(遠いところに住んでいるので)、ウェブサイトの運営にかかわるというかたちでJCFに参加し続けています。8人の子どもを引き連れている日本人ママをクライストチャーチ周辺で目撃したら多分わたしですので気軽に声かけてくださいね~!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *