メッセージをダウンロードして聴く

 説教あらすじ      「イエス十字架の真意」   (12/08/2012)

[ヨハネ12: 27-36] 

◆[27節] これはイエスが『(十字架の)時』を悟り、内面を言い表した言葉。

なぜクリスチャンの間では「十字架」が重視されるのか

➝ 神が与える「救いへの道」だから。本来私たちが受けるべき「罪に対する罰」をイエスが身代わりに受けてくださった。

◎「イエスの十字架は、私たちのため」- 確かにその通り。しかし、その真意は他にある!

 ①父なる神の栄光のため [28節]

   ・神の栄光は「みことばの成就」によって現されるが、十字架は「神のご性質そのものの完全な現れ」

    神のご性質をひと言でいうなら『(恵みとまこと)』。この2つはイエスの十字架において完全に現された。

 ②子なるイエスの栄光のため [23節]

   ・①はイエスの従順によってのみ成就した。それ故彼には「すべてにまさる名」が与えられた。[ピリピ2: 8-9]

③サタン(この世の支配者)の敗北のため [31~32節]

   ・サタンの戦略 = 人間を『自分(私)』に執着させることによって、神とのつながりを断つ

   ・私たちは、「神の支配下」か「サタンの支配下」のどちらか。

④私たちの勝利(救い)のため [Ⅰヨハネ5:4-5]

    ・「『私』ではなく、『イエス・キリスト』なのだ」と信じることによって。(「自分の基準」ではなく「キリストの基準」を選び取る)

[35~36節]

☆「人生の目的」はあなた自身の中にあるのではなく、あなたをお造りになられた神のもとにあります。

「暗やみ(サタンの支配)」から離れて、「神の光の中」を歩みましょう!

 

 

Outline of the sermon    “What is the cross of Jesus   (12/08/2012)

[John 12: 27-36] 

◆[Verse 27] Here is Jesus expressing inner complication toward “The cross”.

What is “The cross of Jesus”?➝ It is the way for salvation.  However, there are more of it!

  To glorify the Father. [Verse 28]

   ・God glorifies Himself by Fulfilling His Words and has revealed His divine nature perfectly in “The cross of Jesus”.

     * What is His “Divine nature”?= 『Love and Righteousness (Grace and Truth)』.

  To glorify Jesus. [Verse 23]

   ・①is completed only by the obedience of Jesus.  Therefore God gave him the name above all names. [Philippians 2: 8-9]

To drive out the devil(the prince of this world). [Verses 31-32]

   ・Strategy of the devil = Tempt us to be attached to our own things, so that we never seek the kingdom of God.

   ・There are only 「The kingdom of God」 or 「The kingdom of the devil」.  We are reigned by one or the other.

For our victory(salvation). [ⅠJohn 5:4-5]

    ・We overcome “the kingdom of the devil” by believing Jesus(not 『ourselves』).

[Verses 35-36]

Let’s leave away from darkness, and walk in the light of God in order to find real purpose of life」!

Categories: メッセージ

Junko

じゅんこです。1990年のChristchurch JCFの創始時からJCFに参加しています。現在はめったにクライストチャーチにも行かなくなりましたが(遠いところに住んでいるので)、ウェブサイトの運営にかかわるというかたちでJCFに参加し続けています。8人の子どもを引き連れている日本人ママをクライストチャーチ周辺で目撃したら多分わたしですので気軽に声かけてくださいね~!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *