2012年12月2日 「イエスの『枝』として生きる」

2012/12/12

説教あらすじ        「イエスの『枝』として生きる」     (02/12/2012)

[ヨハネ15: 1-6]

◆イエスは「まことのぶどうの木」

・「ぶどうの木」のたとえは、旧約聖書にもしばしば登場する。➝ [イザヤ5:1-4]

◆イエスに『接ぎ木』される。

   ・私たちの人生の目的は、「自分で考え、自分で努力し、自分の力で成し遂げること」ではなく「イエスの『接

ぎ木』に徹する」ということ。すなわち「イエスにとどまりイエスから栄養を受け実を結んで行く人生」。

接ぎ木として生きようとする私たちを邪魔する2つのもの。

   ①プライド[4節]

・「わたしにとどまっていなければ…」すなわち「イエスに依存しなければ」ということ。このような人生態度を

生まれつきの私たちの性質は嫌う。➝ 「自分でやりたい」から。ここに『プライド』がある。

・これは「自分の責任を果たさなくて良い」という意味ではなく、かえって「自分の使命をよくわきまえて、キ

チンと果たせ!」ということ。私たち人間の本来の第1の責任は「神に対する従順」。これを差し置いて、

体面を気にしたり、自尊心を満足させようとすることこそ、無責任。

   ②自己中心性(利益追求)[5節]

      ・「実を結ぶ」。枝は実を結んだところで、何も益を得ない。『実』はそれを取って食べる人のため。

      ・私たちの人生は、自分が注目を浴びるためでなく、人々の益のためであり、イエスが賞賛を受けるため。

◆これらの『邪魔もの』を神は取り除こうとされる[2~3節]。この「刈り込み」のために用いられるのは、みことば。

    『接ぎ木』がしっかりつがれるために必要なのは、ただ「くっついている(一緒の時間を過ごす)」こと。

 

 

Outline of the sermon     “Live as a branch of Jesus.”      (02/12/2012)

[ヨハネ15: 1-6]

◆ Jesus is the True vine.

・God often used 「Vine」 as an example even in Old Testament. ➝ [Isaiah 5:1-4]

Being grafted onto Jesus.

   ・Our goal is not to live on 「my own idea, my own effort, my own strength」 but to be grafted on Jesus.

In other words: 「Remain in Jesus, nourished from Jesus and bear fruit」.

◆ What disturbs our life as his branches?

   Pride. [Verse 4]

・Jesus said, “Remain in me”, which means, “Be dependent on me”.  Our nature hates to depend on

someone else.  Why?➝ Because we want to be on our own.  This is our Pride

・It does not mean, 「We should be irresponsible」 but rather, 「Understand our real mission and do it!」.

Our primary mission is To obey God.  If we neglect it for our pride or shame, we are irresponsible.

    Selfishness. [Verse 5]

      ・Fruit does not give any profit to the branches but to people.  They do not praise branches for the fruit

but the vine.  Our life is not for ourselves but for people to praise our vine, Jesus.

◆ God prunes us with His Words. [Verses 2-3]  Only thing we can do is to remain in Jesus(spend more time with him).

{ 0 comments… add one now }

Leave a Comment

Previous post:

Next post: