説教あらすじ         「イエスの名によって」      (27/01/2013)

[ヨハネ16:16-24]

◆「しばらくすると…」[16節] ― このイエスの言葉は2通りに解釈できる。

十字架と復活 [20節] :十字架は弟子たちに悲しみと絶望を、復活は大きな喜びと希望をもたらした。

昇天と再臨[21節,マルコ13:8] :もはやそこに絶望はない。必要とされるのは、確固たる希望に基づいた忍耐

   ・大切なのは「イエスがどちらを指していたのか?」ではなく、このイエス・キリストに信頼して歩む時、私たちは

決して失われることのない希望に基づいて地上での人生を全うし、永遠の御国に迎え入れられるということ。

  *では、私たちのこの地上での人生は、単に「待っている人生」なのか?

「イエスの名」によって [23~24節]

「イエスの名によって求める」 とは、何か呪文のようなものではない!➝ 『関係』に対する信頼の行為

   *この地上での人生は、イエス・キリストを通して、神との信頼関係を築き上げていく期間

    ①「御父とイエスとの関係」に対する信頼

       ・「御父がイエスを愛し、イエスに全幅の信頼を置いている」ということを信じる。

    ②私たちとイエスとの関係

       ・その関係にウソがない(事実に基づいている)ということを御父にアピールする。

   *祈りが聞かれるために必要なのは「私たちの努力や良い行い」ではなく、「私たちはただキリストの身代わり

の故に、父なる神の御前に『責められる所のない者』として出ることができるのだ」 という事実を信じること。

◆ [Ⅰヨハネ3:21-23]

★朝ごとにイエスにある希望を告白し、「イエスの名によって」大胆に神に求めつつ、この2013年を歩んで行こう!

 

 Outline of the sermon    “In the name of Jesus.”     (27/01/2013)

[John 16:16-24]

◆「In a little while…」[Verse 16] ― This word of Jesus may mean either of followings.

Crucifixion & Resurrection. [Verse 20] :Crucifixion brought grief, and resurrection brought joy and hope to disciples.

Ascension & Second coming.[Verse 21,Mark 13:8] :No more despair.  We only need patience based on firm hope.

   ・No matter which Jesus was meaning, main point is this: If we trust in Jesus, we will live with everlasting hope

on the earth and enter His Kingdom to live there forever.

  *Then, is our life in this world like “staying in a waiting room”?

What is asking in the Name of Jesus」? [Verses 23-24]

Ask in the name of Jesusis not like using a magical word!➝ It is an action by trusting Relationship.

   *Our life this world is: to establish a relationship of mutual trust with God through Jesus Christ.

    ① Trusting Relationship between the Father and Jesus.

       ・To believe that 「The Father loves Jesus and trusts him completely」.

    ② Relationship between Jesus and us.

       ・To appeal God that there is no deceit in our relationship with Jesus.

   *Answers of our prayer do not depend on our effort or good works, but just depend on trusting a fact that

We can come to God as ‘a blameless’ only because of Jesus, his atonement.

◆ [ⅠJohn 3:21-23]

In this year of 2013, keep confessing our hope in Jesus and ask God boldly in his name day by day

Categories: メッセージ

Junko

じゅんこです。1990年のChristchurch JCFの創始時からJCFに参加しています。現在はめったにクライストチャーチにも行かなくなりましたが(遠いところに住んでいるので)、ウェブサイトの運営にかかわるというかたちでJCFに参加し続けています。8人の子どもを引き連れている日本人ママをクライストチャーチ周辺で目撃したら多分わたしですので気軽に声かけてくださいね~!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *