2013年6月23日 「神と人とのために生きる」

2013/06/25

メッセージをダウンロードして聴く

「夫婦セミナー」の内容をダウンロードして聴く

説教あらすじ        「神と人とのために生きる」     (23/06/2013)

[ヨハネ19: 23-30]

◆全裸のイエス。[23節]

   ・イエスは私たちの『罪』だけではなく、『恥』をも負ってくださった。

「神と人」とのために生きられたイエス。

  *今日の箇所で注目すべき2つのポイント

①「聖書が成就するため」[24,28節]

  ・イエスは、神のことば、神の意志が成就されるために生きられた。[ヨハネ4:34]

②『母』を顧みられたイエス。[26~27節]

       ・イエスは地上で自分と関わった人々を、最後まで心にかけていた。

   ◎イエスの生涯をひと言で描写するなら「神と人とをトコトン愛された」 ということ。(これぞ、私たちへの模範!)

     ・『最も大切な命令』[マルコ12:28-31]   ・イエスはこれを別の表現に言い換えられた。[ヨハネ15:12]

     すなわち「いつも神(イエス)を思い、その同じ愛をもって人を愛する」。「自分の基準」ではなく「無条件」で。

◆イエスが『完了』してくださった。[30節]

・イエスは「私たちが救われるためのすべて」を成し遂げて下さった。もはや私たちがそれに付け加えるものは

何もない。それは「イエスが私たちにとって『すべてのすべて』になるため」。[コロサイ3:11]

◆[ピりピ3:4-9]

   ・私たちは『自分』に注目するのではなく、イエスのみを讃えイエスのみに希望を置く

神が「キリストにあって」与えてくださるものを薄れさせるものは、皆 『邪魔物』。

 

 

Outline of the sermon    “Live for God & people.”     (23/06/2013)

[John 19: 23-30]

◆ Stark-naked Jesus. [verse 23]

   ・Jesus carried not only our 『sins』 but also our 『shame』.

◆ Jesus lived for 「God and people」.

  *There are 2 remarkable points in this paragraph.

①「The Scripture would be fulfilled.」[verses 24, 28]

  ・Jesus lived to fulfill God’s Word and His will. [John 4:34]

② Jesus cared his 『mother』. [verses 26-27]

       ・Jesus was thinking of people around him until the end.

   ◎Life of Jesus can be described like 「He loved God and people thoroughly.」 (Perfect example for us!)

     ・『The most important command.』[Mark 12:28-31]   ・Jesus used the other expression. [John 15:12]

     In other words, 「Think of God(Jesus) and love people with the same love.」 Yes, with 「unconditional love」.

◆ Jesus 『completed』 all. [verse 30]

・Jesus finished「everything for us to be saved」.  Nothing left for us to add.  Jesus has done all for us so that

Jesus will be 『all in all』 for us」. [Colossians 3:11]

◆[Philippians 3:4-9]

   ・We do not focus on 『how good we are doing』.  We look at Jesus, trust him and put all our hope in him.

Anything which blind us from all good things God gives us in Christ Jesus are “rubbish”.

{ 0 comments… add one now }

Leave a Comment

Previous post:

Next post: