2013年6月9日 「真の権威に立つ」

2013/06/11

メッセージをダウンロードして聴く

説教あらすじ          真の権威に立つ     (09/06/2013)

[ヨハネ19: 1-11] 

◆血みどろのイエス。[1~2節]

  ・ムチ打ちやいばらのトゲで、イエスは血だらけ。しかしその打ち傷の故に私たちは癒された。[Ⅰペテロ2:22-24]

  ・何故父なる神は、イエスをこの窮地から救い出さなかったのか?    更に大いなる救いの達成のため。

  ・ピラトは「この血みどろのイエスを見れば、ユダヤ人たちの怒りも治まるだろう」と考えたが、甘かった。[4~6節]

神への冒涜。[7節]

  ・人々がイエスを「死に価する」と言うのは、「自分を『神の子』をするのは、神への冒涜だ」と考えたから。

   しかし実際はイエスこそ神の子なのだから、彼らの態度こそ冒涜極まりない。(ローマ兵たちの冒涜:[2~3節])

  ・自分の親に向かって「お前なんか俺の親じゃない!」と言うなら、親に対するひどい冒涜。同様に、あなたの罪の身代

   わりにひとり子を犠牲にするほどの愛を示された神に対して「アンタなんか神じゃない!」と言うのは、恐るべき冒涜。

『真の権威』

  ・ピラトの持つ権威と、イエスの言う権威は根本的に違う。[9~11節] またイエスはこうも言われた。[ヨハネ10:18]

  ・『真の権威』に従って生きることは、それが一見自分を不都合な事に至らせようとも、見せかけの権威に従って

   得をするより優れている。なぜならその権威を持つ方は、『最善の計画』を持ち、それを成し遂げる方だから。

  ・人間関係の内にも、神の権威は働く。(例:「親と子」[エペソ6:1],「夫と妻」[Ⅰコリント11:3])

   但し、権威が与えられている者は、「善意」をもって「人を恐れず、神を恐れつつ」それを行使する責任がある

[Ⅰヨハネ5:5] = ここからズレると、神を冒涜したり、人を恐れたり、神の最善が信じられなくなったりする。

☆「イエスは神の子である」と宣言し、世にある恐れに立ち向かい、勝利者として生きよう

 

 

Outline of the sermon      “Stand on the true authority.”    (09/06/2013)

[John 19: 1-11] 

◆   Jesus was wounded for us. [Verses 1-2]

  ・Jesus was wounded from flogging and thorns.  But we have been healed by his wounds. [ⅠPeter 2:22-24]

  ・Why didn’t God rescue Jesus from this terrible suffering?     Because He was seeking better salvation.

  ・Pilate expected the Jews be satisfied with looking at this “wounded Jesus”, but he was wrong. [Verses 4-6]

◆   Blasphemy. [Verse 7]

  ・The Jews judged Jesus as a blasphemer for he claimed to be the Son of God.  In fact Jesus Is the Son of God.

    Then who are guilty as “Blasphemers”? (Look at what the soldiers doing to Jesus! [Verses 2-3])

  ・Even a child speaks to his parents, “You are not my parents!”, he can be guilty as a blasphemer.  Then what about

    us saying, “You are not God!” to God who loved us and let His only Son died on the cross for our sins!

◆   The true authority』.

  ・What is “the true authority” all about? [Verses 9-11]  Here is Jesus describing the authority he had. [John 10:18]

  ・We would face some difficulties when we live according to 『the true authority』.  Yet it is better than living

    easy life under fake authority, because it leads us to 『the Best Plan』 which God has for each of us.

  ・There are some examples of “the true authority” in our relationship.  It should be exercised with love and the fear

    of God (not fear of people).  Ex : 「Parents & Children」[Ephesians 6:1],「Husbands & Wives」[ⅠCorinthians 11:3]

[ⅠJohn 5:5] = If you forget this, you may blaspheme, fear people, or not believe the best plan God has for you.

Let’s confess, “Jesus is the Son of God”, then resist evil and walk as a Victor

{ 0 comments… add one now }

Leave a Comment

Previous post:

Next post: