2013年7月28日 「『赦された者』として生きる」

2013/07/30

メッセージをダウンロードして聴く

説教あらすじ          『赦された者』として生きる     (28/07/2013)

[ヨハネ 20:19-23] 

◆復活のからだ [19~20節]

   ・イエスは鍵がかかった部屋に入ってきた。 「復活のからだ」とは?[Ⅰコリント15:35-36, 42-44, 47-49]

◆「父がわたしを遣わしたように・・・」[21節]

  ・わたしたちは、イエスが地上でなさっておられたわざを継続するために、今地上に生かされている。

◆罪を赦す権威 [23節]

  ・ここでイエスが強調された「ご自身のわざの継続」は、「罪を赦す」こと。驚いたことに、私たちには「人の罪を

   赦したり、そのままにしておく権威」をも委ねられている。 これは一体どういう意味?

主の祈り(後半)[マタイ6:12-15]

  ・もし私たちが「赦す」なら、それは「自分を神の権威の下に置く」こと。しかし「赦さない」なら、それは「サタン(訴

    える者)の権威の下で生きる」こと。 イエスのメッセージは、『赦す者』となるために、まず赦されなさい!」

  ・もしイエスが「人々に赦しを与えるための十字架の道」を避けて通っていたら、今も私たちは罪のうちにいる。

   同様に、私たちが「自分に罪を犯す者を赦す道」を避けて通るなら、その人は罪から解放されることはない。

「ただで与えられる『恵み(赦し)』は、それにふさわしくない者(私)たちに与えられるだけでなく、

その『反対のもの』がふさわしい者にも及んでいる。」    [ローマ5:8]

あなたが「赦せないでいる人」が赦されるかどうかは、あなたの赦しにかかっている。

そしてイエスは、(赦されるべきでない)あなたをも赦すために、十字架にかかられた。

 

 

Outline of the sermon    “Live as ‘a forgiven one’.”   (28/07/2013)

[John 20:19-23] 

◆   What kind of body is it when we are raised? [19~20節]

   ・Jesus was able to come into locked house.  What kind of body did he have?[ⅠCorinthians 15:35-36, 42-44, 47-49]

◆「As the Father has sent me・・・」[Verse 21]

  ・We are now here on the earth to continue the work Jesus had been doing.

◆   Authority to forgive sins. [Verse 23]

  ・Here Jesus entrusts us with 「forgiving sins」.  To our surprise, we have been given 「The authority to forgive

    sins」.  What is it all about?

◆    The Lord’s prayer.(second half)[Matthew 6:12-15]

  ・If we forgive sins, we put ourselves under 「God’s authority」.  But if we do not forgive, we are under

   「Authority of Satanwhich means “accuser”)」.  Jesus is saying, Be forgiven so that you’ll be able to forgive!」

  ・If Jesus did not take 「the step of crucifixion」 to forgive our sins, we are still captive to sin.  In the same way,

    if we do not take 「the step of forgiving others who sin against us」, they will never be free from their sins.

「『Graceforgiveness)』 is not given to only those who do not deserve it,

but even given to those who deserve 『something opposite(harsh punishment)』.     [Romans 5:8]

Now it is all up to you whether 「those who sin against you will be forgiven or not」.

Do not forget that Jesus died on the cross to forgive you(who should not be forgiven)

{ 0 comments… add one now }

Leave a Comment

Previous post:

Next post: