2013年10月20日 「パウロが伝えたかったこと」

2013/10/22

メッセージをダウンロードして聴く

説教あらすじ         パウロが伝えたかったこと    (20/10/2013)

[ガラテヤ 1:1-5] 

◆パウロがこの手紙を書いた理由

   ・ガラテヤの教会の人々が、イエス・キリストではなく、世の状況や人々の教え(律法・割礼)の解釈に

     惑わされ、本当の福音から外れて行ってしまっているのを修正しようとした。

   ・私たちも日本人特有の常識(人目を気にする,救いは行いによる,宗教は教育・修業のため etc)に

     洗脳され、福音の真髄イエス・キリストを通しての神との関係)を軽んじる傾向を持っている。

「イエスのよみがえり」の持つ意味 [1節]

  ・悪魔の力は『罪と死』。これを打ち破れるのは、神のみ。「イエスのよみがえり」は、イエスが神の許か

    ら来られ、神のみこころにかなう歩みをされた証拠。

◆「神のみこころ」による贖いのわざ [4節]

  ・『悪の世界』とは「罪と死に支配された世界」。すなわち、神と人との関係が絶たれてしまっていること。

    ①人は罪あるままでは、決して神に近づくことはできない  ②私たちの罪は「神に対してのもの」

  ・キリストが死なれたのは「私たち」よりもむしろ「神ご自身」のため。 『なだめの供え物』[Ⅰヨハネ2:2]

◆神の私たちに対する関心

  ・神は「立派な生き方」には興味ない。どんな立派な生き方も、私たちを神の前に『よし』とはしない。

  ・神の関心は、私たちが「どう生きるか」 ではなく 「どこを見ているか」。(キリストへの『依存度』)

  ・この世の価値観や自尊心に『No』と言い、キリストのみことばに『Yes』と言う。[マタイ23:12]

 

Outline of the sermon  “This is what Paul wants us to know!”  (20/10/2013)

[Galatians 1:1-5] 

◆Why did Paul write this letter?

   ・Paul saw Galatians being confused by teachers of the law and turning to a different gospel, so he was

     trying to correct them.

   ・We, Japanese, also tend to turn into our own way of living(which is : making effort to win the salvation

     etc) and neglect the essence of true GospelRelationship with God through Jesus Christ).

◆What is the importance of 「Resurrection of Jesus」. [Verse 1]

  ・Power of the devil is “Sin and Death”.  Only God can defeat it.  “Resurrection of Jesus” proved

    that He is truly the Son of God.

◆We are atoned according to 「the will of God」. [Verse 4]

  ・『Evil age』 is under “Sin and Death”.  There is a big gap between God and us.

    ①We can never come close to God with our sin.   ②We all sinned against “God”.

  ・Christ died for “God” rather than for “us”.  He was the “Atonement”(to pacify the Father). [ⅠJohn2:2]

◆What is God’s concern?

  ・He is not interested in our 「Good Work」.  Excellent jobs never make us good enough before God.

  ・His concern is not 「How we live」 but 「Where we see」. (『Dependency』 on Christ) [Matthew23:12]

{ 0 comments… add one now }

Leave a Comment

Previous post:

Next post: