2013年12月8日 「私たちが注目すべきもの」

2013/12/13

メッセージをダウンロードして聴く

説教あらすじ         私たちが注目すべきもの     (08/12/2013)

[ガラテヤ 2:6-10] 

◆エルサレム教会との一致の回復 [9節前半]

  ・アンテオケを起点とする異邦人主体の教会と、エルサレムを中心とするユダヤ人主体の教会の和解。

◆一致回復の要因は?(私たちJCFの“一致”のためにも参考になる)

  ①人に注目しすぎない [6節]

    ・確かに神は人を器としてお用いになるが、「人」や「現象」に注目しすぎると分裂・分派の原因にもなる。

  ②『委ねた方』に注目する [7節]

    ・割礼を主張する人々は、「パウロが教えていること」に注目したが、エルサレム教会のリーダーたちは

     「パウロがそれを誰から委ねられているか」に注目した。

    ・私たちも、今していることを「何故しているのか?」吟味すべき。= [Ⅰテサロニケ2:4](人に媚びるのでなく)

  ③主はただ1人だが、働きはたくさんあって良い [8~9節]     [Ⅰコリント12:6-7]

      ・私たちは「働きに仕えている」のではなく、「生ける神に仕えている」のである。『主の働き』に優劣はない!

JCFのビジョンは「OOを成し遂げること」ではなく、「1人1人が日々しっかりと神様につながり、

  それぞれが神様から与えられている可能性へと、主にあって恐れず大胆にチャレンジしていくこと」。

 

  

Outline of the sermon    “What we should be attracted.”   (08/12/2013)

[Galatians 2:6-10] 

◆The relationship with Christians in Jerusalem restored. [Verse 9a]

  ・Reconciliation between Church in Antioch(Gentiles dominant) and Church in Jerusalem(Jews dominant).

◆What kind of factors involved?(We can learn from them for our “Unity”.)

  ① Do not take notice of man too much. [Verse 6]

    ・God surely uses people as His instrument, but they can cause divisions if we take too much notice of them.

  ② Be attracted by “the One who entrusts us”. [Verse 7]

    ・Those who insist circumcision took notice of 「what Paul teaches」, whereas Jerusalem Church leaders

       looked at 「who entrusted Paul to preach the gospel.

    ・We also should be aware of “Why we are doing what we are doing”. = [ⅠThessalonians 2:4]

  ③ There is only one God, but many different kinds of work. [Verses 8-9]     [ⅠCorinthians12:6-7]

      ・We are not serving Ministry」 but 「Living God」.  All the ministries are equally important before God!

Our Vision is not 「to achieve such and such」, but 「Each of us remains in Jesus every moment

and use his/her gift fearlessly to serve God wherever they go」.

{ 0 comments… add one now }

Leave a Comment

Previous post:

Next post: