メッセージをダウンロードして聴く

説教あらすじ         キリストにつく者     (16/02/2014)

[ガラテヤ 323-29] 

   *ここでパウロはとても大切なトピックについて2つのポイントで解説している。

①信仰によって『神の子ども』とされる [26節]

 ◆アイデンティティーと平安

  ・自分が「何者であるか・どれほどの価値があるか」を移ろいやすいものに置いているうちは真の平安がない。

         信じる者に与えられている確固たるアイデンティティー = 「神の子ども」

  ・私たちは神からの『不変の愛』を注がれており、完全な保護と確かな未来とが約束されている。

 ◆「律法」と「信仰」の関係 [23~25節]

  ・「律法は私たちをキリストへ導くための養育係となった」  ―  律法(手段) ・ 信仰(目標)

  ・信仰とは、『神への応答』(救いの招きは、神からのプロポーズ)

②バプテスマ(洗礼)によって『キリストにつく者』とされる [27節]

  ・洗礼は「結婚式」に似ている。(『お試し』ではない!) 「どっちつかず」から手を切る決断

     慎重であるのは悪くないが、結婚生活が始まるまでは「相手の本当の素晴らしさ」は味わえない。

  ・「あなたがどういう人物であるか」は問われない。[28節] (あなたの過去も、罪も、弱さも、聖書知識も…)

  ・「キリストのもの」であれば、「祝福の相続人」。[29節]

「神の子ども」そして「キリストにつく者」とされましょう!

 

 

Outline of the sermon   Be baptized into Christ (16/02/2014)

[Galatians 323-29] 

       *Here Paul is pointing out two crucial topics.

We all become children of God through faith. [Verse 26]

 ◆“Identity” and “Peace”.

  ・We never be in real peace as long as we put our identity on something changeable.

       Unchangeable identity for those who put their faith in Christ. = “Children of God”.

  ・Unchangeable “Love”, “Favor”, “Security” and “Future” are promised for us!

 ◆ What is the relationship between “the Law” & “Faith”? [Verses 23-25]

  ・“The law was put in charge to lead us to Christ Jesus.”  ―  The law(Means) ・ Faith(Goal)

  ・ ‘Faith’ is “To respond God”.(Receiving Jesus is like accepting proposal from God.)

We all are baptized into Christ. [Verse 27]

  ・“Baptism” and “Wedding” have some things in common.  No “trial”.  Leaving from “Neutral”.

     Yes, you should be careful, but you can never experience “the real flavor” until you commit yourself.

  ・Regardless of ‘Who you are’. [Verse 28]  (Your past, sins, weaknesses, knowledge of the Bible…

  ・If you “Belong to Christ”, you are “Heirs of blessing”. [Verse 29]

Let us be “Children of God” and “Baptized into Christ”!

Categories: メッセージ

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *