2014年9月7日 「望みに基づく信仰と愛」

2014/09/07

メッセージをダウンロードして聴く

説教あらすじ        望みに基づく信仰と愛     (07/09/2014)

[コロサイ 11~8] 

◆[1~2節]

・パウロはコロサイを訪れたことはなく、この教会は「福音のことば」が伝えられたことによってのみ生まれた。

◆[3~4節]

・健康な教会の主要素 = 「キリスト・イエスに対する信仰」と「聖徒たちの間の愛」 [Ⅰヨハネ3:23]

◆[5節]

・『天に蓄えられた望み』(希望)に基づく「信仰」と「愛」。

言い換えるなら、「私たちの信仰による愛の労苦が、天の祝福を地上に呼び起こす」という希望。

◆[6節]

・福音の力は、私たちが「神の恵みを聞き、それを本当に理解した時」にこそ発揮される。

・福音とは『イエス・キリスト』。神は「私たちの良い行ない」ではなく、「私たちの内におられるキリスト」の故に

ご自身のすべての祝福を私たちに注がれる。[ローマ8:32]

・別の言い方をすれば、神は「イエスを避けて神に近づこうとする者」には目を向けない。神は私たちの『努力』

にではなく、ただ「イエスに対する信仰」にのみ心を動かされるのである。

◆[7~8節]

・コロサイの教会はパウロに会ったことは1度もなかったが、彼らにも「生きた模範」はいた。 = エパフラス

・どんな教会にも「生きた模範」が必要。「良い行いにおける模範」ではなく、ぜひ「イエスの御顔をいつも慕い

   求めること」において生きた模範を示す者となりましょう!

 

Outline of the sermon   Faith and Love spring from Hope. (07/09/2014)

[Colossians 11~8] 

◆[Verses 1~2]

・Paul never visited Colosse.  This church was born only of “the power of the gospel”.

◆[Verses 3~4]

・Essence of healthy church = “Faith in Jesus Christ” and “Love for all the saints”. [ⅠJohn 3:23]

◆[Verse 5]

・‘Faith’ and ‘Love’ that spring from “Hope”.

In other words, it is “the hope that God pours all His blessings through our work in faith and love”.

◆[Verse 6]

・‘Power of the gospel’ becomes more effective when we “hear and understand Gods grace”.

・“Jesus Christ” is the gospel itself.  God is willing to pour out all His blessings to us not for ‘our good works’

but for ‘Christ within us’. [Romans 8:32]

・God is not interested in ‘those who try to come to Him without Christ’.  God is impressed with “our faith in

    Christ”, not with our “hard work”.

◆[Verses 7~8]

・There was a living example for Colossians even though they never met Paul. = Epaphras.

・Everyone needs ‘a living example’.  Let’s be a good example to others not on ‘our good deed’ but on

our faith that seeks the face of Jesus in our daily life’!

{ 0 comments… add one now }

Leave a Comment

Previous post:

Next post: