聖書

(142) “あなたの手に善を行う力があるとき、求める者に、それを拒むな。”

ある人が懐中電灯に新品の乾電池を入れたまますっかり忘れて引き出しの中に1年以上放っておいたそうです。ある時引き出しを整理しているときにその懐中電灯を見つけたのでスイッチを入れてみたら、電気がつきませんでした。念のため中身を確かめたところ、乾電池は中身の液体が染み出してしまっていて使い物にならなくなっていました。引き出しは暖かな部屋の中にあり、周りには害になるようなものは何もなかったにも関らずにです。 乾電池は「暖かくて安全な場所に放置されるため」に設計されてはいません。イザという時に『用いられるため・使われるため』にデザインされ、作られたのです。私たちの人生に関しても同じことが言えます。聖書は私たちのことを「神と人とに仕えるために生まれた」と表現しています。私たちは居心地の良い場所で安穏と過ごすようにはデザインされていません。互いに愛し合い仕え合うようにと『愛の神』の御手によって心を込めて造られたのです。ところが私たちはしばしば自分自身のことに夢中になりすぎてそのことをすっかり忘れ、周囲に私たちの助けを必要としている人がいても「私は今自分のことで忙しいから、誰か他の人に頼んで!」とすげなくあしらってしまいがちではないでしょうか? 神様から与えられている貴重な1日1日を「ごめん、今ちょっと手が放せない!」というようなことでいっぱいにしてしまわないようにしましょう。神様が助けを必要としている人をあなたの側に送られたとき、喜んで助けの手を差し出すことのできる人は幸いです。

メッセージ

2014年9月28日 「イエス・キリストが中心」

メッセージをダウンロードして聴く 説教あらすじ        「イエス・キリストが中心」     (28/09/2014) [コロサイ 1:24~2:5] *先週の『御子』ほどではないが、『苦』と『奥義』という2つの語が繰り返し出てくる。 ◆パウロの『苦しみ』とは?[24節] ・「キリストの苦しみの欠けたところ」とは、「キリストは『救いのみわざ』を完成できなかった」という意味ではなく その『福音』を「異邦人にまでも宣べ伝える」というわざをパウロに委ねられたということ。 ・パウロがもし「律法による救い」と宣べ伝えていたなら苦労はなかったし、また「ユダヤ人の中だけで」働いて いたなら、迫害を受けることもなかった。 ◆『奥義』とは?[27節] ・『奥義』 = イエス・キリスト。この方が私たちの内に住まわれる故に、すべての人は「ユダヤ人・異邦人の区 別なく、律法の行ないなしに救われる」という事実!私たちの救いは、ただこの方だけによる。[使徒4:12] ・教会(私たち)は「キリストが成し遂げられたわざ」のみに依存しているからこそ『キリストのからだ』と呼ばれる。 ◆イエス・キリストが中心 (主イエスを中心とした「3つの関係」) ①キリストを通して『神』を見る。[コロサイ2:9] ・「神とはどういう方なのか?」を知りたいなら、キリストを見ればよい。(毎日福音書を読もう!) ②キリストを通して『自分自身』を見る。[Ⅱコリント4:7] ・私たちはこの宝(キリスト)をお入れしているからこそ、尊い存在。この方を見失わないで![ヘブル13:5] ③キリストを通して『隣人』を見る。[ローマ14:1-3, 15] ・あなたにとって有益か否かではなく「主イエスが代わりに死なれたほどの人」だから。[ローマ8:33-34] ✯それほどまでにイエスが愛しておられるお互いのために、祈り合い、助け合って行きましょう!   Outline of the sermon   “Jesus Christ is the center!” Read more…