2014年11月23日 「目をさましていよう!」

2014/11/25

メッセージをダウンロードして聴く

説教あらすじ    目をさましていよう!  (23/11/2014)

[コロサイ 4:2~9]

『祈り』とは? ― それは「神の国とのコネクション」。パスワードは『イエス・キリスト』。

◆目をさまして祈る [2節]

・肉体的に目覚めていても、神に心を向けていなければ、霊的には眠っている。[エペソ1:18-19] 『神の力』は、

心の目が開いている者を通して発揮される。だからいつも神のみわざに対してアンテナを伸ばしているべき。

では「お願い」は祈りではないのか?

◆2種類の祈り

  ①「状況を変えるため」の祈り [3節]

・『病の癒し』『必要の満たし』など、「神のわざをこの地に呼び起こすため」に願う祈りがある。

・パウロは「福音のために門戸が開かれるように」と祈った。私たちも同様に祈るべき。

  ②「不利な状況の中で、神と波長を合わせるため」の祈り [4節]

・今の状況の真ん中で働いておられる神のわざにアクセス!

・閉ざされた状況・束縛の中でも、福音は宣べ伝えられる。[Ⅱテモテ2:9]

この状況の中でオネシモは救われた![9節,ピレモン9~10節]

◆『祈り(神の国へのアクセス)』は自分自身のためだけでなく、周囲の人々のためでもある [5~6節]

・私たちの特権(祝福)は、他の人々を祝福するために用いる時、その真価を発揮する。

まず自分で十分にこの「祈りによる神とのアクセス」を満喫し、その祝福を周囲にも分かち合っていこう!

 

Outline of the sermon     Being watchful and pray!”  (23/11/2014)

[Colossians 4:2~9]

“Prayer” ― It is ‘WiFi connection with God’s kingdom’.  Its password is: “Jesus Christ”.

◆Being watchful and pray! [Verse 2]

・Even though you are physically awake, you are spiritually asleep unless eyes of your heart are enlightened.

Therefore, we must be watchful for what God is doing around us.                       [Ephesians1:18-19]

Then shouldn’t we ask God for our needs?

◆2 types of prayer.

  ①Prayer to call on God. [Verse 3]

・We ask God ‘to intervene our situation’. (Ex : Healing, Wisdom, Help, etc)

・Paul asked people for a prayer that God might open a door for the gospel.  We should pray for this too.

  ②Prayer to tune in to God. [Verse 4]

・We can find our God working in any circumstances because He is always at His work.

・Paul knew that God’s word was never chained even though himself was chained. [ⅡTimothy 2:9]

And Onesimus was saved in that situation! [Verse 9,Philemon1:9-10]

◆We have to use this “WiFi access to the kingdom” for others also. [Verses 5-6]

・God’s blessings are always not only for ourselves but also for others.

Make the most of the power of prayer for yourself, then bless others!

{ 0 comments… add one now }

Leave a Comment

Previous post:

Next post: