メッセージをダウンロードして聴く

説教あらすじ       やり直しのきく人生    (07/12/2014)

[コロサイ 4:1018]

◆人は1人では生きられない

・この短い箇所に9人もの人々の名前が登場する。ここから分かることは「パウロは決して1人ではなかった」と

いうこと。パウロは彼らのことを『同労者』と呼んだ。パウロの大きな働きの陰には、多くの協力者がいた。

『マルコ』という人物[10節]

・パウロは1度はこのマルコに見切りをつけたことがあった。[使徒15:36-40]  しかし、神はマルコをあきらめな

かった。やがてマルコは(恐らくバルナバの助けにより)4福音書の1つを遺すほどに成長した。

◆パウロも脱落しかけた!

・実はパウロも「神によって『やり直し』のチャンスを与えられた者」の1人。キリスト者を迫害し、殺したことさえ

あるパウロを、神はあきらめなかった。キリスト者の間で恐れられていたパウロを、神はバルナバによって

交わりの輪に加えてくださった。[使徒9:26-27]

・またその後ユダヤ人から追われ故郷のタルソに身を潜めていたパウロを、神は再びバルナバによって

歴史の表舞台に連れ出した。[使徒11:22-26] 神は2度でも3度でも「やり直しのチャンス」をお与えになる方。

◆次の2つのことに心を留めよう!

①神はあなたに「あきれない」し、あなたを決して「あきらめない」。だから、

たとえ転んでも何度でも起き上がって、再び歩き出そう!

②神があなたをあきらめないように、あなたも(バルナバのように)何度でも赦し、

新しいチャンスを与える者になろう!

 

Outline of the sermon     You can start over again!”  (07/12/2014)

[Colossians 4:1018]

◆Nobody can live alone.

・There are 9 people mentioned in this paragraph.  We can see that Paul never worked alone.  He called them,

Fellow workers for the kingdom of God”.  God uses us as a team.

◆Learn more about “Mark”. [Verse 10]

・Paul once gave up Mark. [Acts15:36-40]  But God did not!  The Bible doesn’t tell us how he grew spiritually.

Probably Barnabas followed him up and God chose Mark to write one of the books of gospel.

◆Paul has almost dropped out too!

・Even Paul could have disappeared from the scene.  Yet, God never gave him up even though Paul persecuted

His people.  God used Barnabas to take Paul into Christian fellowship when Paul was still suspicious.

[Acts9:26-27]

・Then Paul went back his home town to escape from opposition of Jews.  But again God used Barnabas to

bring him back to where he should be. [Acts11:22-26]  God would let us start over again and again

◆Please be aware of next 2 things!

① Our God will never give us up!      ② Let us be like Barnabas!

Categories: メッセージ

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *