2015年5月17日 「神を介した人間関係」

2015/05/17

メッセージをダウンロードして聴く

説教あらすじ       神を介した人間関係     (17/05/2015)

◆[マタイ18:23-30]  何故こんなことが起こるのか?

自分がどれほど赦されたかを把握していない。  ②主人の前から「出て行って」しまったから。

・私たちは忘れやすい。 ― 毎朝思い起こすことが必要。[詩篇103:1-5, 8-13]

「さばかない・つまずかない」

・これら2つの『根』は同じ。(自分の中にある「あの人はこうあるべき」というイメージとズレた時に起こる。)

「さばき」:自分を『神』の立場に置く   「つまずき」:自分を『被害者』の立場に置く

・私たちは「うわべ」でさばく。[ヨハネ7:23-24]  ・誰も得をしない。喜ぶのは悪魔だけ。

聖書的解決法 [マタイ18:12-17]

・要するに、常に「主イエスを人間関係の現場に迎える」ということ。[ローマ14:4]

①人はそれぞれ違う[ローマ12:4-5]    ②かしらはキリストである[エペソ4:16]

・まず自分の内におられるキリストをじっと見つめ、次に相手の内にも同じ方を捜す。[ローマ14:15,15:5-7]

 

Outline of the sermon     To build relationship in Christ.”   (17/05/2015)

◆[Matthew18:23-30]  Why does it happen?

We dont understand how much we have been forgiven.  ②We often leave from the presence of God.

・We are all forgetful. ― We must remind ourselves of God’s mercy every morning. [Psalms103:1-5, 8-13]

Neither “judge” or “stumble”.

・These come from same root.(Our prejudice such as: “They shouldn’t be doing something like that!”)

“Judging”: Making himself as if he is “God”.   “Stumbling”: Making himself as if he is “a victim”.

・We judge by mere appearances. [John7:23-24]   ・“Judging” benefits nobody.  It only pleases the devil.

Biblical solution. [Matthew18:12-17]

・This is all about “inviting Christ into our every relationship with others”. [Romans14:4]

①We are all different. [Romans12:4-5]    ②Christ is the head. [Ephesians 4:16]

・Recognize Christ within you, then look for the same Christ in others! [Romans14:15,15:5-7]

{ 0 comments… add one now }

Leave a Comment

Previous post:

Next post: