2015年6月14日 「心に書かれた『御霊のことば』」

2015/06/14

メッセージをダウンロードして聴く

説教あらすじ       心に書かれた『御霊のことば』     (14/06/2015)

教会(私たち)が与えられた使命を全うするために必要不可欠なもの『聖霊』

・イエスは言われた。[ヨハネ6:63]  では、「イエスの語られたことばが『霊』であり『いのち』である」とは?

『御霊のことば』[Ⅰコリント2:11-13]

・聖霊は、私たちが彼の働きに心を開くなら、イエスのことばを私たちに個人的に取り次ぐ。[ヨハネ14:26]

・この『御霊のことば』は、私たちのに刻まれ、いのちをもって働きかける。[Ⅱコリント3:3, エレミヤ31:31-34]

◆この『御霊のことば』がどのようにして教会の中で働くのか?[Ⅰコリント12:7, 13, 27]

・「みなの益となるために」 ― 「個人の益」ではなく「互いの益」。すなわち「キリストのからだの益」のため。

私たちの使命は、それぞれの心に書かれた『御霊のことば』キリストとの親密な関係の中で読み取り、

御霊が与える愛と自由」を通して大胆に表現して行くこと。

 

Outline of the sermon  “‘Spirit-taught words’ written in our hearts.  (14/06/2015)

*What is essential for us(church) to fulfill our mission? = “The Holy Spirit”.

The words spoken by Jesus were “spirit” and “life”. [John 6:63]  What does it really mean?

“Spirit-taught words”. [ⅠCorinthians 2:11-13]

・The Holy Spirit interprets us words of Jesus so that these words give us his life. [John14:26, ⅡCorinthians3:3]

・This has already been prophesied in the Old Testament![Jeremiah 31:31-34]

◆How do these “Spirit-taught words” work among us(church)?[ⅠCorinthians12:7, 13, 27]

・“For the common good” ― Not for “our personal benefit” but “to build up the body of Christ”.

Our mission is : to interpret “Spirit-taught words” into our heart,

and put them into practice with “Spirit-given love & freedom”.

{ 0 comments… add one now }

Leave a Comment

Previous post:

Next post: