メッセージをダウンロードして聴く

説教あらすじ       聖書と 『御霊のことば』     (21/06/2015)

◆ことばに『力』がある

・ことばは私たちの『思考』をつかさどる。「ことば無しで考えること」はほとんど不可能。

『御霊のことば』 聖霊によって『(いのち)』を与えられたことば

聖書(みことば)と『御霊のことば』は、どう違うのか?

聖書は『武器庫』のようなもの。聖霊はここから自由に取り出して、適切に用いる。

それ故、聖書のことばを私たちの内にできるだけたくさん取り込んでおくことが重要。

・みことばは『御霊のための滑走路』 - みことばのない所に聖霊の働きはない

『御霊のことば』を読み取る

・悪魔は「私たちの思い」の中に侵入し、私たちを邪魔して「祈りを盗もう」とする。私たちの力では勝てない。

・「Do not think but Listen!」(神に思いを預ける) - しかし容易ではない。聖霊の助けが必要。

・異言の賜物 [Ⅰコリント14:14] - 思いから『この世のことば』を追い出す。

・『御霊のことば』は通常あまり長くはない。それ故聖書のみことばをコンファメーションのために用いる。

 

Outline of the sermon    “Bible & ‘Spirit-taught words’.    (21/06/2015)

◆Words have “power”.

・Our “thoughts” consist of ‘Words’.  We can’t really “think” without words.

“Spirit-taught words”.  These are “the words with power” given by the Holy Spirit.

・What is different between the Scriptures and “Spirit-taught words”?

Bible is like a “storehouse” where the Holy Spirit would take right things from it and use them in right time.

Therefore we must store the Scriptures within us as much as possible.

・The Scriptures are “Airstrips for the Spirit” - No Scriptures, no work of the Spirit.

◆Reading “Spirit-taught words”.

・Whenever we pray, the devil try to invade ‘our thoughts’ to interrupt our prayer.  We can’t prevent with our own strength.

・“Do not think but Listen!”(Entrust God with our thoughts.) - Still not easy without help of the Spirit.

・Spiritual tongues. [ⅠCorinthians14:14] - It helps us to drive out “Words of this world” from our mind.

“Spirit-taught words” are usually brief.  We use the Scriptures to deepen our understanding of them.

Categories: メッセージ

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *