聖書

(183) “隠されていることは、私たちの神、主のものである。”

神を信じようとする者にとって最大の試練と言えるものの1つは、「神がおられるなら、どうしてこんなことが起こるのだろう?」と言いたくなるような出来事に直面した時です。あるクリスチャンの作家は「神様、あなたはご自分が何をなさっておられるのか分かっていらっしゃるのですか?」というタイトルの本を出版しました。思わずそんな風に言いたくなる出来事が世の中には確かにあります。ではそんな時に私たちはどうしたら良いのでしょう? 聖書は「あなたがたに隠されていることは、神の領域であって、今はまだあなたがたが知らなくても良い。しかし既に現わされていることは、あなたがたのためであるのだから、それらをしっかりと握っていなさい。」と教えています。もっと分かりやすく言うならば、「理解不能なことから神を推し測るようなことをしないで、既に与えられている確かな情報(例えば『聖書』)を基に神について知り、またその神に信頼しなさい」ということです。 聖書は私たちに「神は私たち人間を愛しておられ、私たち1人1人の人生のために最高の計画を用意しておられる」と教えています。ですからこのことを大前提として、人生に起こる様々な出来事を理解しようと努めるのです。すなわち、私たちが神に尋ねるべき質問は「神様何故ですか?」ではなく、「あなたはこの出来事を通して、私にどんなことを学んで欲しいと願っておられるのですか?」なのです。 もしかするとある人は「そんな理屈は『この世に試練が存在する理由』を説明していない!」と憤慨なさるかもしれません。しかし驚いたことに、実際は「試練に出会ったことを通して、私は神を求め、また神を知るようになった」という人々がとても多いのです。神は、人をご自身の許に引き寄せるためであるなら、試練さえもお用いになるのです。

聖書

(182) “あなたの右の頬を打つような者には、左の頬も向けなさい。”

あなたが誰かから手厳しい批判を受けた時には、大きく分けて2通りの適切な対応の仕方があります。 まず、もしその批判の中に「耳が痛いけど、確かに真理をついている」という部分があるなら、あなた自身がへりくだって反省し、成長の糧としてください。 またもし、それが全くいわれのない、デタラメな嫌がらせだったのなら、その時こそイエス・キリストの教えを実践する絶好の機会です。どういうことかと言うと・・・ 世の中には、特に正当な理由がないのに他の人に辛く当たったり、わざわざ人を困らせることをして楽しんだりする種類の人々がいます。そのような人々は大抵、過去に不当な取り扱いを受けて深く傷ついた経験があったり、他の人が自分よりいい目を見ているのが妬ましくて、ついそれらの人を自分のレベルまで引き下げようと躍起になっているのです。このような時には、反射的に復讐したくなったり、「こういう奴らをつけあがらせておくと世のためにならない」などと理屈を付けて、相手を徹底的にやりこめようとしてしまいがちですよね?しかしこれらの反応はイエスが私たちに示された方法ではないし、実際「復讐が復讐を呼ぶ」だけで、根本的な解決にはなりません。 イエスが「右の頬を打つ者には、左の頬を向けよ」とおっしゃった時、一体何を意味されたのでしょうか?それは「敵の外側からの攻撃で、内側までダメージを受けてはならない」ということです。私たちが傷つけられ人生の道を踏み外すきっかけとなるのは、「外側の痛み」ではなく、その原因を自分で勝手に解釈することによって生み出す「内側の苦々しさ」です。受けた攻撃が不当であればあるほど、それを自分の内側で何度も反芻することは無意味です。そのような攻撃はむしろ軽く受け流し、あなたの心はもっと他のことがら(あなたを正当に評価してくれる人の言葉や、あなたの成長のために適切な批評をしてくれる人のアドバイス)に向けるべきです。これらのものにあなたの心がしっかりと向けられているなら、誤ったくだらない評価にいちいち捕らわれていることが時間の無駄に思えてきます。 聖書は、あなたを「愛をもって正しく評価してくださる」神からの励ましの言葉に満ちています。今日もこの聖書のことばに深く耳を傾け、不当な攻撃を受け流す知恵と力を身に着けていきましょう!

メッセージ

2015年9月6日 「良き羊飼いである神」

メッセージをダウンロードして聴く 説教あらすじ          「良き羊飼いである神」       (06/09/2015) *[詩篇23篇]から「良き羊飼い」としての神のご性質を浮き彫りにしていこう。  ①私たちの必要を満たし、導く [1~3節] ・神は私たちのすべての必要を満たすために、私たちの先頭に立って、正しい道へと導く。  ②私たちを守り、癒す [4節] ・羊は攻撃や防御の術を持たない。羊飼いに対する絶対的信頼だけが命綱。不従順は自分を危険にさらす。  ③私たちを歓迎し、豊かな関係を保つ [5~6節] ・パレスチナの習慣では、自分の許に逃げ込んだ客や旅人を、己れの名誉をかけて保護しもてなす。 ・私たちが神を礼拝し、互いに愛し合うのは、私たちに常に真実を尽くしてくださる神への心をこめた応答。 ✰私たちの『高慢の罪』の1つの現れは「自分の弱さを素直に認めようとしないこと」。 自分の弱さを認め、『良き羊飼いである神』に頼ることを学び、強くされましょう! スモールグループでの分かち合いのために 神はどんな点が羊飼いに似ていますか?  ②神は私たちのどんな態度を喜ばれますか? ③「神に全面的に頼ること」からあなたを妨げるものは何ですか?   Outline of the sermon       “God the good shepherd.”  (06/09/2015) *Let’s look at [Psalm 23] to Read more…

メッセージ

2015年8月30日 「王である神」

メッセージをダウンロードして聴く 説教あらすじ       「王である神」     (30/08/2015) ◆世界の霊的構造 ・神は人のために世界を造り、人にそれを治めさせようとした。ところが人が悪魔に惑わされ、神に離反したため に、世界は人と共に悪魔の支配下に陥った。[ルカ4:5-7] 神はイエスを世に遣わし、人の本来あるべき姿を示 し[ルカ11:20]、神と人との関係修復のために十字架上で死なれ、3日目によみがえられた。[マタイ28:18] ・王である神は、イエスを神の子として受け入れた私たちをご自分の子(王子・王女)とし、私たちを通してもう1度 この世界を「神の国の支配」で満たそうとしておられる。 ◆神がイエス・キリストを通して成し遂げられたこと ・「人間の不従順」によって悪魔に奪い取られたこの世の支配権は、「人間の完全な従順」によって神の許に取り 戻されなければならなかった。イエスはそれを成し遂げた。[ピリピ2:6-9] またイエスは驚くべきことに、この 地上の全権を、ご自身を『神の子』と告白する人々(教会)に委託された。[マタイ16:15-19] 『天の御国のカギ』 = 「つなぐ(閉じる・禁じる)」 「解く(開く・許可する)」 ◆私たちの使命(王命) ― イエスの名によってこの地に『神の国の支配』を行使すること [ヨハネ20:21] ①自分が戦場にいることを知る [Ⅰテモテ6:12,Ⅰペテロ2:11] ②「自分の立場」と「与えられている武器」を知る [Ⅰヨハネ5:4-5,Ⅱコリント10:3-5] ③『従順』がカギであることを忘れず、悪魔の攻撃に大胆に立ち向かって勝利を重ねて行く [ヤコブ4:6-7,Ⅰペテロ5:6-9] ✯この戦いは私たちの戦いではなく、王である神が戦ってくださる![ローマ8:31-34]   Outline of the sermon        “God Read more…

聖書

(181) “からだのあかりは目です。”

神は人体を実に精密に造られました。今日は『目』の機能のいくつかを例にとって見てみましょう。 目が適度に湿り気を保ち、またいつも清潔さを保っているために、定期的な分泌物が供給される必要があります。これが『涙』です。涙はどんな目薬よりも複雑な構造であり、完璧に目を守ることができます。涙は「ムチン層・涙液層・油層」という3重構造からなり、目のための豊かな栄養がしっかりと目の表面に定着し、また簡単に蒸発してしまわないようになっています。実際涙は目を乾きから守るだけでなく、目の表面を常に平らに保ち、物がキチンと見えるようにも助けています。また眼球の透明な部分『角膜』には血管が通っていないので、代わりにこの涙が目に必要な酸素などの栄養素をも届けているのです。 また、この涙の分泌を促しているのが『まばたき』です。目の表面には「目の状態を感知するセンサー」があって、このセンサーが常に働いて自然にまばたきをするようになっています。通常は3秒に1度くらいまばたきをするものですが、これがパソコンの使いすぎや暗い部屋での作業などで目を酷使したときには、更に頻繁に起こるようになり、目の健康を保ってくれるのです。 ところで皆さんは「突然暗い部屋に入ったときに、目がだんだん慣れてくる」という現象を体験したことがあるでしょう。実はそのような状況で、皆さんの目は普段の10万倍もの能力を発揮しているのです。どんな高性能のカメラでも、その足元にも及びません。また私たちの2つの目は驚くべき共同作業で、私たちが見ようとするものに対して完璧にピントを合わせてくれているのです。 更に驚いたことに、私たちの目を守る『涙』には2種類あって、前述のような「日常生活の中で目を健康に保つもの」のほかに、「目にゴミが入ったり、玉ねぎが目にしみたりした時に出る涙」があります。こちらは上記の涙と違って「洗い流す」という使命があるため、「定着させる成分」が含まれていないのです。まるで何か意志を持った力が背後で指令を出しているかのようです。まさに『神秘』です! 全く神様のなさるわざには驚かされますよね。これらの人体の特徴が「単なる偶然の進化によって起こった」と信じている「進化論」提唱者たちの『妄信』にあきれませんか?