2015年12月6日 「内なるキリストを目覚めさせて!」

2015/12/06

メッセージをダウンロードして聴く

説教あらすじ      内なるキリストを目覚めさせて!   (06/12/2015)

◆パウロの祈り [エペソ1:17-19]

・「・・・知ることができるように」  何を?      『神から与えられているもの』と、『その価値』

*神から与えられている最大の『宝』イエス・キリスト [コロサイ2:3, 9-10]

イエスの模範(「イエスがなさったように」がカギ)

御父(神)の栄光を現すため人々が「神の愛と力」を体験するため

◆『私たちのガンバリ』ではなく・・・ [Ⅱコリント4:7]

・熱心なクリスチャンほど「一生懸命」に奉仕するが、『神の力』が現されるために必要なのは次の2つ。

①信仰(御父への深い信頼)

・「あなたが私を通してなさりたいことなら、私の好みに関らず何でもなさってください!」という態度。

②聖霊 [Ⅰコリント2:12] ― イエスと聖霊はワンセット。聖霊が私たちをイエスに結び付ける。

・聖霊はあなたから主導権を委ねられるのを待っておられる。

◆内なる方を目覚めさせる

・「クリスチャンって堅苦しそう・・・ 個性がなくなるのでは?」

イエスを信じ、イエスと共に生きるなら、「皆同じようになる」のではなく、キリストのからだの各部分として

神の栄光を現す」という『同じ目的』のために、1人1人が違った役割を担うようになる

・聖霊の活性化スイッチを入れる(目覚めさせる) [Ⅱテモテ1:6]

もしあなたの『内なる方』が、悪魔によってこの世への興味に埋もらされ眠っているなら、目覚めさせよう!

 

Outline of the sermon          Awake Christ in me!”     (06/12/2015)

◆Paul’s prayer. [Ephesians1:17-19]

・“so that you may know…”  know what?      The importance of what God has given to us.

*The supreme treasure from God. = Jesus Christ. [Colossians 2:3, 9-10]

◎ How did Jesus use what he had?

To glorify the Father. ― To let people around him experience “Gods power and love” so that they may know God.

◆Not by “our effort”・・・ [ⅡCorinthians 4:7]

・Serious Christians tend to serve with their own strength.  Yet we need something else to “glorify God”.

Faith.(Trust God wholeheartedly.)

・“Lord, not my will, but yours be done.  Do whatever you want to do through me!”

The Spirit of God. [ⅠCorinthians 2:12] ― Jesus performed none of his miracles without help of the Spirit.

・The Holy Spirit is waiting for us to entrust the leadership our lives to Him.

◆Awake Christ in you!

・Does “living in Christ” mean losing our uniqueness?

When we live in Christ, each of us takes ‘different part of his ministry’ rather than ‘everyone doing the

same thing’, in order to fulfill only one purpose which is “to glorify God”.

・Let the Spirit awake in you! [ⅡTimothy1:6]

The Spirit in us may be buried in earthly things and asleep.  Awake Him and let Him shine through you!

{ 0 comments… add one now }

Leave a Comment

Previous post:

Next post: