メッセージ

2016年5月15日 「『信仰』に関する神の真理

メッセージをダウンロードして聴く 説教あらすじ      「『信仰』に関する 神の真理」    (15/05/2016) ◆真の『信仰』とは? ・「自分勝手な対象」に対してではなく、「愛とあわれみに満ちた、唯一まことの創造主なる神」に対して。 ・「自分の力で生み出すもの」ではなく、「神を知ること」に啓発されて内側から生じるもの。[ローマ10:17] 『信仰』とは、「神のあわれみを知り、それにふさわしく応答すること」 ・「信じない」人々は、『不信仰』というよりは、「分かっていない」。 しかし、分かったのに応答をためらっているのは『不信仰』。 ◆信仰と行動 ・私たちの「救い」は、この『信仰』だけによる。[エペソ2:8-9] 『宣教』はこの「救い」のため。[ローマ10:11-14] ・「救われた後の歩み」も、『信仰』による。 目的は「神を知ること」だけではなく、「それにふさわしい応答」。 *「見切り発信」や「人からのプレッシャー」にご注意を! ◆信仰は「個人的な神との関係」 ・「神への応答の仕方」は、私たち1人1人の「神のあわれみの理解度」によって異なる。それ故、他人に強いら れるべきではない。しかし誰もが「神の豊かさをもっと知ろう」とするべき。また、知っている人々は、「知ろうと している人」の求めに応じられるよう、備えていなければならない。 ◆なぜ『仲間』が必要か? ・私たちの成長を喜ばない悪魔は、「恐れ」を持って来て「信仰の歩み」を妨げる。 それ故、私たちは「他からの励まし」「見える模範」「祈りのサポート」を必要としている。[エペソ1:17-19] ✰互いに励まし合い、祈り合いながら、この『信仰』において成長して行きましょう!!   Outline of the sermon       “God’s truth about ‘Faith’.”      (15/05/2016) ◆What does Read more…