メッセージをダウンロードして聴く

説教あらすじ     「神のために?それとも、神と共に?」   (28/08/2016)

◆「~のために」 or 「~と共に」

・誰かの『ために』何かをすることは、それほど難しくはない(自分の都合でできるから)。しかし誰かと『共に』何か

をするのは、相手と歩調を合わせなければならない分困難である。

・神は私たちに「自分のために生きて欲しい」と思っているのではなく、「自分とともに歩んで欲しい」と願って

おられる。 〈エノクの例〉 [創世記5:24,ヘブル11:5]

「共に歩む」ための最低条件2つ

①向きが同じ(共通のゴール) ― あなたを通して「神の栄光」が現されること

・『罪』とは、「神をガッカリさせること」ではなく、「神と向きがズレること」。

②ペースが同じ(共通の興味) ― 人々への愛

・神が立ち止まるのは、あなたを通して何かをしたい時。(イラつかないで!)

*だから「神様とのコミュニケーション」がとても重要 = 『みことば』と『聖霊』。

キリストのからだ

「神を愛するために『自由意志』をささげたら、私たち1人1人の個性が失われてしまうのだろうか?」

そんなことは、ない! 何故? → 私たちは『キリストのからだ』の各器官だから。[ローマ12:5]

教会(私たち)はキリストのからだであって、キリストがその『かしら(司令塔)。[エペソ1:22-23]

・神は私たち1人1人を通してご自身のみわざを現されると同時に、共同体としての教会(私たち)を通して

『更に大きなわざ』をなさる。[ヨハネ14:12]  だからこそ「一緒に集まること」に大いに意義がある

✰神は「ご自身とともに歩む者たちが互いに愛し合う共同体」を通して、大いなるわざをなさいます!

 

Outline of the sermon       ‘For God’? or ‘With God’?       (28/08/2016)

◆“Do for someone” vs “Do with someone”.

・“Doing something for someone” is not very hard because we can do it with our own idea.  Whereas “doing

something with someone” is harder because we have get along with the person.

・God desires us not “to live for Him” but “to walk with Him”. 〈Enoch’s example〉 [Genesis 5:24,Hebrews 11:5]

◎What are necessary “to walk together”

Go to the same direction.(Sharing common goal) ― “Glory of God” revealed through you.

・It is not “Sin” to ‘disappoint God’ but to ‘shift from God’.

Keep the same pace.(Sharing common interests) ― Love for people.

・God want to stop with you to love somebody.(Don’t get irritated!)

*The most important thing for this is “communication with God”. = Listening to “His Words” & “His Spirit”.

The body of Christ.

“Dont we lose our uniqueness if we commit our ‘free-will’ to God

No, not at all!  Why? → Because each one of us is a part of “the body of Christ”. [Romans12:5]

The church (us) is the body of Christ, and Christ is its “Head(Commander). [Ephesians1:22-23]

・God does His work through each one of us and does “even greater things” through His church. [John14:12]

So dont stop gathering together

God will do great things through His church when we “love one another and walk together with Him”

Categories: メッセージ

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *