聖書

(237) “わたしの目には、あなたは高価で尊い。”

ある古本屋さんのバーゲン品コーナーに紛れて1冊の古い聖書が置いてありました。これまでに何人かの人々が手にしてはペラペラとページをめくりはしたものの、かなり傷んでいたので購入するには至りませんでした。そのうちにある男性がやってきて、やはりその古びた聖書を手に取りしばらく眺めていましたが、やがて驚いたように息を呑み、その聖書を手に慌ててレジへ行って料金を支払い、急ぎ足に去って行きました。 一体何があったのでしょう?実はその聖書は『活版印刷術』を発明したグーテンベルグによって印刷された貴重な聖書の1冊であり、何億円もの価値があったのです!これまでに「その価値を見い出せない多くの人々」によって見捨てられていたものが、「その真価を知る人」の手に渡った時、その価値は見事に輝いたのです! あなたは自分がどれほど価値のある存在であるか知っていますか?「私は身の程をわきまえている。自分はたいした人物ではない。誰も自分に目を留めてくれる人はいない。」と決めてかかってはいませんか?あなたの真価を正しく評価できるのは1人だけです。それはあなたを形造られた創造主なる神です。彼こそはあなたがどれほど高価であるのかを知っておられ、あなたをご自身の許に買い取られるために、そのひとり子「イエス・キリスト」のいのちを支払われたのです。

メッセージ

2016年11月27日 「神の国 vs この世」

メッセージをダウンロードして聴く ちよさんの証しをダウンロードして聴く ひろこさんの証しをダウンロードして聴く ひろみさんの証しをダウンロードして聴く 説教あらすじ        「神の国 vs この世」      (27/11/2016) *私たちがこの世において、本気で神の国を押し拡げようとするなら、必ず戦いに直面する。 今日はその戦いの性質と、勝利の秘訣について学ぶ。 ◆主を恐れること [箴言9:10] ・この『聖なる』という語は、「圧倒的・比べるものがない」の意味もある。 ・『真に恐れるべき方』を恐れることを知ったならば、もはや他の何ものも恐れる必要がない。 ・神は何度も「恐れるな!」と命じている。そして「恐れなくてもいい理由」も。[イザヤ41:10,ローマ8:31] ・『恐れる』 = 「顔色を伺う」 ― 最も喜ばせたい相手に対する態度。 ◆この世の支配者「悪魔」の策略 [ヤコブ4:4-7] *悪魔は主に次の2つの武器をもって私たちを惑わす ①恐れ(= 私たちが本来の力を発揮できなくする) ・悪魔は「この世のあらゆるもの」を用いて私たちを脅す。(神以外のものの顔色を伺わせる) ・悪魔は既に『敗者』。[ヨハネ16:33]  『脅す』ことしかできない![ヤコブ4:7-10] ②高ぶり(= 神の介入のチャンスを妨害する) ・「神よりも自分の方が上手くできる」「神より自分の方がよく知っている」「神なんか要らない」! これらは「単なる無知」or「勝利にのぼせてしまった」 → ちゃんと神を知るために「神に近づきなさい!」 ・神のみを恐れ(喜ばせようとし)て生きることは、「この世を敵とする」生き方。必ず患難がある。 しかし、「主が高くしてくださる」ことを経験できる! ✰悪魔の悪あがきにだまされないで、主の御顔をしっかり見つめつつ、正しい選択をしながら進もう! Read more…