メッセージ(含証し)をダウンロードして聴く

説教あらすじ        「神が祈りを聞かれる理由」     (12/02/2017)

◆ご自身のご性質の故に [ルカ18:1-8]

・神は私たちに「辛抱強く」祈ることを望まれる。それは「駄々をこねる幼子」のように、自分の欲しい物をしつこく

求めれば、神は『根負け』をして仕方なく答えてくださる、というのとは全然違う。

・[3,5節]の表現の直訳は「正当に扱う」。すなわち「神の義」を行っているご自分の民が不当に扱われているの

をご覧になって、神は「正しいさばき」(8節)をしてくださる。[マタイ5:6]

・私たちは、『神の義』が軽んじられているこの世(例:「幼児虐待」「盗み」「オカルト」「不倫」 etc)にあって、忍耐強く

あきらめることなく、『義なる神』に訴え続けることが求められている。

◆私たちは『神の子ども』だから [ルカ11:5-8]

・このたとえ話の直前には、「父よ…」で始まる『主の祈り』が述べられており、直後は、「求めなさい。そうすれば

与えられます… たとい悪い者ではあっても、自分の子どもには良い物を与える…」と続いている。すなわち、

神は「私たちがご自身の子どもであるから」こそ、私たちの祈りを無視できない。

・[8節]の直訳は、「あつかましさの故に」。「子どもであること」の特権は、私たちが立派であるかないかに拘らず

ただ親の愛を疑うことなく、無遠慮にその胸に飛び込めること。

・しかもここでは、「自分のため」ではなく、「旅の途中にある友人のため」に求めている。神は私たちが「隣人へ

   の愛の動機」によって求める祈りに、心を動かされる。

 

しつこく「義なる神」に訴えよう! また『神の子ども』として、あつかましく求めよう

 

Outline of the sermon     Why does God answer our prayer   (12/02/2017)

Because who He is. [Luke18:1-8]

・God likes our “persistent” prayer.  It does not mean that God reluctantly answers our prayer when we

persistently ask His favor just as small children.

・God never works against justice.  When He sees us following His righteousness but being treated unjustly,

He will hear our cry and make us get justice. [Matthew 5:6]

Righteousness of God is neglected in this world. (ex:“child abuse”, “terrorism”, “occult”, “adultery etc).

God is seeking those who persistently cry out to Him.

Because who we are. [Luke11:5-8]

・This parable is told in between “Lords prayer”(which start the word ‘Father’) and another parable “though you

are evil, know how to give good gifts to your children…”.  God cannot neglect our prayer because “we are His

   children”!

・Literal meaning of the word “boldness”(verse 8) is shamelessness.  The privilege of “being a child” is to

jump into his/her parents arms shamelessly without doubting that the parents accept him/her no matter how

he/she behaves.

・And here he is asking “not for himself” but “for his friend on a journey”.  God is moved when we ask Him with

love for our neighbors.

 

✰ Cry to “righteous God” persistently, and ask shamelessly as “a child of God”

Categories: メッセージ

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *