2017年5月7日 「『義と認められる」ということ」

2017/05/09

メッセージをダウンロードして聴く

説教あらすじ     「『義と認められる』 ということ」   (07/05/2017)

◆神のご性質 [詩篇116:5]

・神のご性質をひと言で言うなら、それは「愛と義」。これはイエスの内にも満ちていた。[ヨハネ1:14]

◆姦淫の女とイエス [ヨハネ8:2-11]

・この最後のひと言は、まさに今日もイエスが私たち1人1人に語りかけておられる言葉。

      「わたしもあなたを罪に定めない。これからは決して罪を犯してはなりません。」

・ところで、何故ここで「自分には罪なんかない!」と主張する者が1人もいなかったのか?

→ 目の前に「真に罪のない方」がおられたから

◆イエスこそ 『神の義』

・人は、イエスと出会うまでは、真の意味で『自分の罪』が分からない。

『罪』とは、「誤った行為」ではなく、「神からズレていること」

・イエスは「神の満ち満ちたご性質の現れ」であった。私たちがイエスの前に立つなら、自分がいかに神を無視

し、その主権を認めず、自分勝手な生き方をしているかを思い知らされる。

・しかし、イエスはそんな私たちを「罪に定めない」とおっしゃる。何故なら彼は、それらの罪を「罪のないご自

身」の肩ですべて負われるために来られたから。[Ⅱコリント5:21]

 

◎イエスは、私たちの罪を「指摘するため」に来られたのではなく、私たちがそれに

「自分で気付き、神の前に悔い改め、赦しを受けるため」に来られたのです。

 

Outline of the sermon       Our righteousness.      (07/05/2017)

The Deity. [Psalm116:5]

・If we describe God’s character in one word, it can be “Love & Righteousness”.  All the fullness of this

character lived in Christ as well. [John1:14]

A woman caught in adultery & Jesus. [John 8:2-11]

・The last word of Jesus is also spoken to us even now!

      “Neither do I condemn you.  Go now and leave your life of sin.”

・Why do you think there was no one insisted his/her righteousness?

→ Because they were looking at “A Real Righteous Person” right in front of them.

Jesus is “The righteousness of God” indeed.

・We are never able to understand what “our sin” really is until we meet Jesus.

“Sin” is not just ‘wrong behavior’ but “being off track from God”.

・“All the fullness of the Deity” lived in Christ.  When we stand before him, we realize how far off we are from

God.  How much we ignore God, disobey Him and being selfish.

・Yet Jesus doesn’t condemn us! Instead, he became sin even though he knew no sin so that we might

become the righteousness of God. [ⅡCorinthians 5:21]

 

Jesus did not come to “condemn us” but to let us “know him, then repent and be forgiven”.

{ 0 comments… add one now }

Leave a Comment

Previous post:

Next post: