聖書

(279) “私たちはみな、多くの点で失敗をするものです。”

子供たちが幼い頃から、我が家の合言葉は「ラーニング・エクスペリエンス(失敗から学ぼう)」でした。日本語にも「失敗は成功の元」ということわざがあるように、失敗を恐れていては何も学ぶことはできません。また失敗を恐れていては、神があなたのために立てておられる『偉大な人生の計画』に到達することもできないのです。 人は誰でも失敗するものです。けれどそれらの失敗の数々をじっくり観察するなら、それらはほとんどが「その時だけの恥」であって、多くの場合、その失敗を通して様々な助言をもらえるようになったり、反省してよく準備するようになったり、後輩に良きアドバイスを与えることができるようになったりするのです。 「失敗」が人を『失敗者』にするわけではありません。むしろ「失敗から何も学ばないこと」また「その失敗の故に2度と挑戦しようとしなくなること」が私たちに『失敗者』としての人生を歩ませるようになるのです。 神は決して私たちの失敗を責めたりはなさいません。むしろ私たちが、やること成すことすべてうまく運んで高慢になり、「私には神なんか要らない」などと言い始めることをお責めになるのです。日々私たちに知恵と力とを注いでくださり、私たち1人1人に与えてくださった「ユニークで偉大な人生」を全うさせようとしてくださっているこの神を見上げつつ、失敗を糧としながら前進して行きましょう。

メッセージ

2017年11月12日 「良い計画のために造られた」

メッセージをダウンロードして聴く 説教あらすじ      「良い計画のために造られた」     (12/11/2017) ◆全体像を捉える(神の視点で) ・神の心にはいつも「全世界」があり、また「個人」がある。 ― 「世界」のために「個人」が必要とされている。 ・神の夢は、地上に『神の国(神の支配)』をもたらすこと。[マルコ1:15] ・神は良い方であり、私たち1人1人に「初めから」良い計画を持っておられる。[詩篇139:15-16,エペソ2:10] しかし人は目先のことに捕らわれるので、しばしば失敗を繰り返す。 *「神の栄光」と「私たちの喜び」のために、この「神の良い計画」をつかめ! ◆「神のみこころ」としてのJCF ・JCFは「神のみこころ」によって始まり、私たちは今「神の不思議な摂理」によってここにいる。 ・JCFの1つの確かな使命は: 「福音を伝え、弟子として整え、日本(世界)へと遣わす」 こと。 ✰神の確かなご計画の中を歩むため、そのみこころを尋ね求めよう! → ビジョン・サンデー [12月31日]   Outline of the sermon        “Created for a good plan.”      (12/11/2017) ◆What God sees. ・God always hold “whole Read more…