メッセージをダウンロードして聴く

説教あらすじ       「クリスマスの心」      (23/12/2018)

◆選ばれた『マリヤ』 [ルカ1:26-38]

・イエス・キリストは、悪魔の支配下にあるこの世に、たった1人で、しかも『無防備な赤ん坊』としてやって来た。

・このような形でご自身のひとり子を送ろうとされた父なる神の心中は察してあまりあるが、少なくとも御父は

地上に、この非常に特殊で重要な任務を任せるべき1人の娘『マリヤ』を見い出した。

マリヤが負わなければならなかったリスク

・人類史上誰も体験したことのない、恐るべき体験   ・『姦淫の女』の汚名を着せられる強い可能性

・愛する婚約者ヨセフから受ける「疑惑」   ・「超ユニークな使命を帯びた者」としての孤独な生涯

◆選ばれた『私たち』

・今日私たちを通して「この世に主イエス・キリストが現れ出るため」に、同じ覚悟(献身)が求められる。

・この世に気に入られることを求めつつ、しかも『神の心』に従うことはできない。

⇒ 私たちは「この世」から『神の国』へと選び出された![パウロの証し・使徒26:16-18]

『クリスマスの心』は、「この世にキリストが現れ出るため」自分自身を差し出すこと

 

Outline of the sermon      Christmas Spirit.      (23/12/2018)

◆God chose “Mary”. [Luke1:26-38]

・Jesus came alone to “Satans kingdomas “a baby”.  It is amazing!  What a risk God took!  But He found

a young lady whom He can entrust this ultimate task to.  Her name was “Mary”.

What kind of difficulties did Mary have to overcome?

・Very scary job no one has ever experienced.   ・She could be accused and stoned as “an adulteress”.

・Her fiancé, “Josef”, could doubt her and left her.   ・Live very lonely life as “a super special person”.

◆God chose “us” in the same way.

・God requires us the same commitment “to let Jesus revealed to the earth” through us.

・Because of our faith, our family or friends may leave us.  This world would never understand us.

⇒ We can never follow “God’s heart” with seeking favor from this world.![Paul’s testimony・Acts 26:16-18]

“Christmas Spirit” is to offer ourselves to God so that “Christ may be revealed to the earth” through us.

Categories: メッセージ

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *