メッセージをダウンロードして聴く

説教あらすじ   「ヨセフの生涯に学ぶ(1)  (13/01/2019)

◆『夢見る者』 ヨセフ [創世記37:5-11]

・神が私たちを通して成し遂げようとしておられることは、大抵人間の思いを超えているので、夢や幻のような形

でやってくる。ヨセフの時代はまだ聖霊が注がれていなかったので、神は夢を用いた。しかし周囲はそれらの

夢や幻が「神からのもの」とは理解できないので、迫害する。同様のことが現代でも起こるので要注意。

・現代は『夢』を見られない時代。「見える世界(目の前の現実)」に洗脳されてしまっている。それはクリスチャンで

あっても例外ではない。「神から与えられる幻」を受け取れずにいる。これは神の国の大きな損失!

◆聖霊による幻 [使徒2:16-17] ― ペンテコステの日のペテロの証言

・神の霊が人に注がれた時に起こる1つのことは、「夢や幻が与えられる」ということ。「思いもよらぬこと」「実現

のために大胆な信仰が要求されること(ルカ1:45)」が与えられる。これらはいわゆる『良い考え』とは違う

・神は「夢を与え」「人を育て」『実現へと導く』 ⇒ すべての『先入観』を捨てて、神の計画を求めよう

✰今日の大切なひと言: 神の計画は「良い考え」ではなく『信じられないような夢』の形でやってくる。

 

Outline of the sermon    Learn from Josephs life (1).    (13/01/2019)

◆Joseph, “the dreamer”. [Genesis 37:5-11]

・God’s plan is often revealed in forms of dream or vision to us as they are bigger than our thoughts.  God used dreams for

Joseph because the Holy Spirit hadn’t been poured on people.  Those around Joseph persecuted him because they didn’t

understand that the dreams were from God.  Don’t be surprised if people do the same to you!

・This generation is too convenient and foreseeing to dream “dreams”.  It is a big danger for us, Christians.

We need to receive “Dreams & Visions” from God but we are almost “brainwashed” by this world!

◆Spirit-given Visions. [Acts 2:16-17] ― From Peter’s witness on the day of Pentecost.

・One of the significant work of God’s Spirit is to pour “visions & dreams”.  They are not just “good ideas” but

unpredictable’ and requires ‘radical faith’[Luke1:45].

・God “gives a dream”, “raises people” and “fulfills His plans”.  So submit yourself to His ultimate plan

The word for this weekGods plan comes to us not in a form of “a good idea” but of “an incredible dream”.

Categories: メッセージ

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *