メッセージをダウンロードして聴く

説教あらすじ         「御父の家に住む」        (21/07/2019)

[ルカ2:41-51] ― 聖書に登場する主イエスの最初の発言(49節)

『父の家』はどこに?

・それは「建物」ではなく、『御父のおられる所』。(ギリシャ語原文には『家』に相当する語はない)

・イエスは「父なる神の臨在の許」を意味した。時期が「過越の祭り」だったことを考え合わせると、もしかすると

父なる神はこの時から御子イエスに「十字架による贖いの計画」について示し始めていたかもしれない。

・私たちが『御父のおられる所』に行くために、一体どこへ行ったらよいのか?

⇒ 以前にも学んだように、「信仰は方向性」。私たちの興味・関心が神様以外のものに向いていたり、

「他の何かに対する執着」に支配されていたりすると、私たちは『神の家』から離れてしまっている。

『父の家』にとどまる

・この世には様々な「霊的な邪魔物」が蔓延している。イエスでさえしばしば「寂しい所」へ出て行き、祈られた。

・いつも神との交わりを深く保っているなら、『御父のおられる所』を見出すのは難しくなくなってくる。まず「神との

愛の関係」が重要。「その場所に1番いたい!」という私たちの切なる願いに、御父が応えてくださる。

「神はこのような場面でこそ働かれるはず」というような『私たちの常識』は頼りにならない。この時の御子イエス

の行動も、当時の常識に照らし合わせるなら「非常識」だったはず。

・イエスは、エルサレムという『場所』にこだわったわけではない。その時その時に「とどまるべき時」また「とどま

るべき場所」がある。大切なのは「いつも父の家にいること」を求めて生きる姿勢

✰今日の大切なひと言: 『父の家』を見つけ、そこにとどまる。」

 

Outline of the sermon      “Live in ‘the Fathers house’.”     (21/07/2019)

[Luke 2:41-51] ― The first words of Jesus recorded in the Bible. (Verse 49)

◆Where is “the Fathers house”

・It is not “a building” but “where the Father is”. (There is no word which indicates “house” in Greek original.)

・Jesus meant “under the presence of the Father”.  Maybe God started revealing to Jesus about “His plan of

the Atonement” from this time as this was the time of Passover.

・Where shall we go to be in “where the Father is”?

⇒ As we have learned, “our faith is matter of Direction”.  We go far away from “God’s presence” if our

interests thoughts are attached to something belongs to this world but not God.

◆Live in “the Fathers house”.

・There are so many “spiritual hindrances” in this world, so even Jesus often withdrew for prayer.

・It wouldn’t be too hard to find “the Father’s house” if you constantly keep intimate relationship with God.

“Relationship with Him” precedes everything! God answers our earnest desire to be with Him.

・We can never depend on “our own thoughts or feelings” like “This must be where God reveals His power”.   

    What Jesus did in this story did not make sense at all to his parents.

・Eventually Jesus left Jerusalem and returned to Nazareth.  He didn’t stick to “particular place”.  There are

“time to stay” or “place to stay” for every occasion.  Important thing is our spiritual attitude to seek “living

    always in the Fathers house.

The word for this weekFind “the Fathers house” and live in it.

Categories: メッセージ

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *