(ポストのタイトルか画像をクリックすると全文が読めます。)

ジャパンデー2017への参加

写真③

今年も3月5日(日)に『カンタベリー・ジャパンデー』が行われます。JCFのこのイベントに参加しますので、当日の礼拝は従来の場所ではなく、ジャパンデー会場(リカトンレースコース)になります。

皆さん奮ってご来場ください!

ジャパンデー2017

『ジャパンデー』の会場で、JCFの礼拝がもたれました!

クリスマス礼拝2016

早いもので、もう11月。来月にはJCF恒例の「クリスマス礼拝」が行われます。詳細は下記の通りです。 日時:12月11日(日)午後2時~3時半 主な内容:クリスマスキャロル,子供たちによる歌とダンス,寸劇,クリスマスクワイヤなどなど 例年通り「入場無料」で、しかも礼拝の後には「豪華アフタヌーンティー」を楽しめます。どうぞふるってご参加ください!

2016年春季『アルファコース』スタート!

毎回大好評の「夕食付キリスト教入門コース」である『アルファコース』が10月13日にスタートします!参加希望・またお問い合わせは、027-6789-766(しぶけん)まで。

JCF25周年おめでとう!

2015年7月26日、サウスシティC3教会1階メインチャペルにて『JCF25周年記念礼拝』が行われました。当日は120人を越える人々が集まり、JCFの25年間の歩みを共に振り返りました。礼拝後はJCFスタート当初のレシピそのままに美味しいカレーライスが振舞われ、皆満足顔でした。参加してくださった方々、またお祈りくださった方々、本当にありがとうございました。そして何よりも、ここまで導いてくださった神様、本当にありがとう!!!

JCFクリスマス礼拝 2014

今年も『JCFクリスマス礼拝』が下記の通り行われます。 日時:2014年12月14日(日)午後2時~ 場所:コロンボ・ストリートとムアハウス・アベニューの角(PAK’nSAVEの隣り) 内容:クリスマス・キャロル,スライド上映「賢者の贈り物」,ゴスペル・クワイヤーなど 集会の後に、豪華アフタヌーン・ティーがあります。入場は無料です! お問い合わせは『しぶけん』まで(027-6789-766)

「JCF KKキャンプ」のお知らせ

2014年4月28日~30日に「JCFーKKキャンプ」を行います。場所はスペンサーパーク・ロッジ。詳細はしぶけんまで。(費用は1人40ドル) どうぞ奮ってご参加ください。

イースター映画会のお知らせ

4月20日 (日)午後3時45分から、サウスシティの2階のチャペル(いつもJCFが集まっているところ)で、「Courageous(日本版タイトル『Fathers』)」を上映します。日本語字幕付き

ファミリーミュージカル・コンサートのお知らせ

3月1日(金)夜7時から、サウスシティの2階のチャペル(いつもJCFが集まっているところ)で、元『劇団四季』の団員たち4名による「ファミリーミュージカル・コンサート」が行われます。入場料は1人15ドルで、先着100名までです。問い合わせは「しぶけん」まで。

「JCFサマーキャンプ」のお知らせ

2013年1月18~20日に「JCFサマーキャンプ」を行います。場所はウッドエンド・クリスチャンキャンプ場。詳細は渋沢まで。(費用は1人およそ80~90ドル) どうぞ奮ってご参加ください。

「JCFクリスマス礼拝」のお知らせ

来たる12月23日(日)に、午後2時~5時半「JCFクリスマス礼拝」を行います。プログラムは次の通りです。   ・午後2時~3時半:クリスマス礼拝 ・午後3時半~4時:ティータイム ・午後4時~4時45分:劇『そのままのきみが好き』 ・午後4時45分~5時半:夕食   入場無料です。どなたでも参加できます。

ゴスペル・ミニコンサートの写真

8月28日にクライストチャーチJCF主催のゴスペル・ミニコンサートがありました。当日は100人近くの方々が来てくださり、大変良いときをもつことができました。賛美ゲストの横山 大輔さんの賛美も、ゲストスピーカーの長谷川 与志充先生のお話も素晴らしかったです。 写真撮影の前に帰ってしまわれた方もいたので、実際の参加者はもっと大勢でした。当日ご参加の皆さん、どうもありがとうございました!

ゴスペル・ミニコンサートのご案内

JCF ウィンター特別集会 《ゴスペル・ミニコンサート》 冬の寒さや、断続的な余震の続く中、気が滅入ってしまってはいませんか? この度 JCF(日本人クリスチャン・フェローシップ)では、 アメリカで本格的に声楽を学ばれ、日本国内外で活躍中のゴスペル シンガーソングライター『横山大輔さん』をお招きして、従来の聖日礼拝の時間を利用して『ゴスペル・ミニコンサート』を行います。 また、東京JCF&所沢ミレニアムチャーチ牧師であり、日本を代表するクリスチャン作家・三浦綾子さんの本を題材に、その文章に込められた「人間が生きる」という事について深く掘り下げ、一緒に考えていく導き手『長谷川与志充さん』が、ゲスト講師として分かりやすいお話しをしてくださいます。 どなたでも参加できますので、ご興味のある方は是非、ご家族・ご友人など御誘い合せの上、お気軽にお越しください。ともに集い、心に励ましを受ける時を持ちましょう!! 日時:   2011年8月28日(日)  午後2時~4時 会場: Hillview Christian School (150 Wilsons Rd.  St. Martins.) 地図はこちら 横山 大輔 ゴスペルシンガーソングライター   1980 年 4 月 18 日 東京都生まれ 所属教会 神奈川県大和市 カンバーランド長老キリスト教会 Read more…

愛する日本の方々へ

おそらく私は、今までの人生で最大の試練に直面しています。2月22日のこちらクライストチャーチにおける大地震で、大きな被害と苦しみに遭いましたが、日本に住む多くの愛する方々からの祈りと励ましに支えられてきました。実際、試練のただ中にいる方が、その様子を知らされながら何もできないでいるよりも精神的に楽なような気がします。しかし今、私たちは、私たちの愛する祖国日本が、過去にない大地震と津波の被害によってうめいているのを聞いています。私たちのために祈り、支えてくださっていた愛する方々のうめきを聞かされています。今や私たちは、目の前にある外側からの重圧と、届くことのできない、日本におられる方々に対する内側からのうめきに、押しつぶされてしまいそうです。 力と愛と慰めに満ちた、父なる神よ。今、どうぞ、私たちの声にならない叫びを耳に入れ、私たちをあわれんでください。この地にあなたの義を行なってください。あなたは、あなたが造られたこの地とあなたの民とがうめいているのを見て、何とも思われないのでしょうか?私は今心を注ぎだして、あなたを待ち望んでいます。私たちの助けは、他でもない、あなたから来るのですから。あなたを恐れることのなかったこの国を今あわれんで、真の悔い改めへと導いてください。あなたのしもべたちを今立ち上がらせ、愛の使者、和解の使者として用いてください。捕らわれ人を解放し、傷ついた者を癒し、絶望に打ちひしがれている人々にいのちと希望を与えるために。 また、どうぞ、今日私がなすべきことを教えてください。そしてそれを成し遂げることができるように、上よりの愛と力とを注ぎ給え。主イエスの名によって、アーメン。

3月6日からの臨時礼拝場所について

View Larger Map クライストチャーチJCFでは、従来使用していた『サウスシティ・クリスチャンセンター』の教会堂が地震ダメージのため当分使用できそうにないということで、今週末から同クリスチャンセンターで運営している『ヒルビュー・クリスチャンスクール』のスタッフルームをお借りして、午後2時より聖日礼拝を行う予定にしています。 足がない方、場所がよくわからない方は、ご遠慮なく渋沢までご連絡ください。なお、連絡はまだ電話が使えませんので携帯電話へお願いします。(027-6789-766)つながらない場合はメッセージを残していただければあとからご連絡します。 アップデート: 現在は電話もインターネットも回復しておりますので、トップページ下部に記載の連絡先にご連絡ください。(2011年5月5日) http://www.hillview.school.nz/map/

渋沢牧師のクライストチャーチ地震後最新アップデート(3月4日)

皆さんのお祈りや励ましのメールありがとうございます。大地震から1週間が経ち、80%以上の家庭で電気が復旧しましたが、まだ電話や水道は半分近くの家庭で使えません。壊れたビルの下敷きになっている人々はもはや絶望視されており、今後は遺体の回収作業が進むに連れ、ご遺族の方々による遺体の確認、また彼らの精神的支えとしてお仕えする機会が増えていくことと思います。現在病院には2人の日本人女性が入院しており、JCFのメンバーの助けを借りながら、毎日日本食その他の差し入れや、通訳のお手伝いをさせていただいています。来週中には日本への搬送が実現しそうということで、残る数日間精一杯彼らの心に寄り添っていこうと思っています。 JCFの活動としては、従来使用していた『サウスシティ・クリスチャンセンター』の教会堂が当分使用できそうにないということで、今週末から同クリスチャンセンターで運営している『ヒルビュー・クリスチャンスクール』のスタッフルームをお借りして、午後2時より聖日礼拝を行う予定にしています。また、メンバーの方々の中には、家に住めなくなってしまった方や、相変わらず電気も水道も復旧していない方々がいらっしゃるので、比較的に被害が少ないメンバーの方々が、進んで水や食料を提供したり、シャワーや食事のために自宅に招いたり、また知り合いで空き家を持っている方を紹介したりしています。 まだまだ1日に10回程度(うち2~3回はかなり大きな規模)の余震が続いており、人々の心も相当疲れています。どうぞ引き続き、ライフラインの復旧のため、また余震が収まり、人々の心に平安と癒しとが注がれるようにお祈りください。 2011年3月4日 クライストチャーチJCF牧師渋沢憲一 Photo by Martin Luff

クライストチャーチJCFの口座詳細

複数の教会・団体・個人の皆様からリクエストがありましたので、クライストチャーチJCFへ直接送金するために必要な銀行口座の詳細をお知らせいたします。以下のとおりです。 銀行名: Westpac 支店名: Canterbury Centre 所在地: Cnr Cashel/High Sts. Christchurch, New Zealand 口座番号: 03-1592-0430403-00 口座名: Japanese Christian Fellowship 加えて、受取人住所および電話番号が必要な場合は以下のとおりです。 Cnr Colombo St/Moorehouse Ave, 03 379-5497 なお、栃木県の「渋沢宣教師を支える会」でも現在クライストチャーチ地震後の特別献金の期間を設けて献金を募っておられます。こちらを通して送金していただく場合は日本国内での郵便振替になりますので海外電子送金の手数料がかかりません。領収書が発行されます。詳細はこちらになります。

クライストチャーチ地震後の日本からの献金支援について

クライストチャーチJCFのために祈ってくださっている日本在中の皆さまへ 現在、クライストチャーチJCFで牧師をされている渋沢先生ファミリーを送っている「渋沢宣教師を支える会」の峰町キリスト教会員(栃木県宇都宮市)の江連と申します。 私自身、数年前、クライストチャーチに留学していたことがあり、JCFは私のセカンドチャーチです。 現在、クライストチャーチJCF、渋沢宣教師の働き等のために期間を設けて献金を募っております。 みなさま、クライストチャーチ震災後、特に祈りにおぼえておられることと思います。献金をもって支援してくださる方がおられましたら、支える会の方で取りまとめ、クライストチャーチJCFへ送る予定でおりますので、よろしくお願いいたします。 集まった献金で必要な物資を送るか、そのまま献金として送るかは渋沢先生やJCFの方の必要に応じて判断して行きたいと思っています。 また、日本にいらっしゃる方で渋沢先生の働きに関するニュースレターを送って欲しい方がおられましたら支える会(江連)までご連絡ださい。 よろしくお願いいたします。 江連貴子 渋沢宣教師を支える会(代表:原田浩司) 〒321−0942 栃木県宇都宮市峰1丁目16−8 峰町キリスト教会内 HP:http://www.mccjapan.jp/mcc/home.html 郵便振替:00380-0-37229   渋沢宣教師を支える会 ※領収書を送付いたしますので、献金していただく際は通信欄にご住所を記入していただければと思います。よろしくお願いいたします。

最新アップデート(3月1日)

日本の皆さん、クライストチャーチのために引き続きお祈りいただきどうもありがとうございます。JCFメンバーともども心から感謝しております。今現在、励ましの言葉をいただいている方々に個別にお礼を書けずにいますが、失礼をお許しください。 27日の聖日はクライストチャーチを5つの地区に分け、近所の方同士で集まり、まだ電気や水道・下水の使えない家での集まりもありましたが、励ましあい、祈りと賛美の時を持ちました。 昨年90歳のお誕生日を迎えられたJCFの創始者の一人ベティ先生は、昨年日本での宣教生活から引退されティマル(クライスチャーチから南へ約2時間半弱)に落ち着かれたホワイト先生のお宅に避難されています。ご安心ください。

祈りの課題リスト(2月27日聖日)

1. 行方不明者の早期救出のため。 2. 遺族や負傷者の方々に深い慰めがあるように。 3. 人々の心に平安と癒しが与えられるように。 4. 一刻も早いライフラインの回復のため。 5. JCFメンバーの間に互いのための思いやりや深い愛が育つように。 6. このような状況の中にあって神の大いなる栄光があらわされるように。 上は昨日26日土曜日に渋沢先生からいただいたリストです。現在JCFメンバーで読むことのできる方、日本の皆様も、どうぞよろしくお願いします。

渋沢牧師のクライストチャーチ地震後最新アップデート(2月25日午後8時)

残念ながらまだ救出されていない方々がいらっしゃいますが、今は救出されて病院に保護されている方々の心のケアに専念しています。 JCFのメンバーの方々も住まいに何らかの被害をうけた方々がいらっしゃいます。 余震もまだ続いている状況ですが、一日も早いライフラインの復旧と人々の心の癒しのためにお祈りください。 2011年2月25日金曜日NZ時間午後8時 JCF牧師渋沢憲一 (携帯電話にて声のアップデート) 渋沢先生は、毎日地震ダメージが大きい立ち入り禁止区間の中にあるご自宅からクライストチャーチ公立病院に通い、日本人被災者の通訳やカウンセリングのボランティアをしておられます。帰宅されても電気、水道や下水が使えない状態です。以前のバヌアツ共和国の文明から程遠い離島での宣教生活で鍛えられているせいか、不便な生活はへっちゃらで、常に明るく前向きに活動されています。先生の安全とご健康のためにもお祈りください。 JCFのみなさんへ 2月27日の日曜礼拝は、会堂が使えないので数箇所地区を分けて近所の人同士が集まり交わりと祈りのときを持ちます。詳しくはしぶけんまで。(027-6789-766) Photo by greenfluoro

渋沢ファミリーの最新アップデート(2月24日午後2時20分)

みなさん、ご心配をかけてます。うちの家族はみんな守られています。うちの地区はかなり被害がひどく、道路は波打って、水道管の破裂でところどころ洪水状態ですが、家の方は壁、天井にひびが入ったくらいです。幸い教会のメンバーはみな無事のようです。 電気、水道はストップしていますが、庭の井戸水がでるので助かっています。そして前回の地震で買っておいたカセットガスコンロが役にたっています。 町の西側のほうは被害が少なく、東側はひどいです。 今回はお昼時だったこともあり、くずれたビルに埋まっている人たちがいるらしいので、その救出のためにも、また前回の地震からまもない地震で人々が怖がっているので、平安が与えられるようにお祈りください。 うちの方は電話もネットも使えませんが、今日は知り合いのところでこのメールをさせてもらいました。教会の方で北のほうに住んでいて、あまり被害のないおうちでシャワーをし、夕食を食べさせてもらいます。助けてくださる方がいるのがありがたい!! どんな状況でも家族が一緒にいられることが感謝です。こんなときでも感謝していきたいです。 どうぞお祈りに覚えてください。 渋沢 彩子

クライストチャーチ大地震後メッセージ

皆さん、ご心配やお祈りありがとうございます。渋沢ファミリーもJCFの主だったメンバーも皆無事です。ただ、電気や水道などがまだ復旧していないところが多いので、早期復旧のためにお祈りください。また、大きな余震なども続いているので人々の心が守られるようにもお祈りください。これからも応援よろしく~! 2011年2月23日水曜日NZ時間午後5時半 JCF牧師渋沢憲一 (先生の携帯電話にての声のメッセージを市外在住のメンバーが書き留めました。ちなみに、JCFが使っている建物はダメージはあるようですが無事だそうです。安全点検の期間中、日曜礼拝はまたしばらく別の場所になります。詳細はまた後ほど。) JCFメンバーたちも、「命は大丈夫だけど家の中はメチャクチャ」という方が多いそうです。車で移動ができないため、先生は今日、日本語通訳・カウンセリングのボランティア登録のために自転車ではるばるクライストチャーチ公立病院まで行かれました。4時間待った挙句、「今日は何もありません」と言われて帰途に着かれたそうです。 写真: Martin Luff

JCFキャンプ2011

去る1月21~23日に、クライストチャーチから北へ車で30分ほど行ったところにある『ウッドエンド・キャンプ場』にて「JCFサマーキャンプが」行われました。あいにく初日の夜から土曜日の午前にかけて雨模様でしたが、土曜の午後には雨が上がり、晴れ間も見えるようになって、グループ対抗のドッジボールやリレー、水風船バレーボールなど、年長者たちも年を忘れて大いにはしゃぎました。これらのレクレーションばかりでなく、日本からお招きしたゲスト講師の『大角健一牧師』から「日常生活の中で、神様と共に歩む」ということに関して多くを教えられ、また『恋愛と信仰』『社会生活と信仰』『創造論と進化論』などの分科会に別れて学ぶ機会もありました。グループごとに準備した『お笑い写真』や『聖書劇』も大ウケで、2泊3日の短い期間でしたが、大変有意義で中身の濃い時間を過ごすことができました。こんなに素晴らしい機会を与えてくださった神様に、心から拍手!パチパチ! 下にキャンプの写真をいくつか載せておきますのでご覧ください。 楽しそうでしょう?楽しかったですよ~!では次回のキャンプをお楽しみに~:)

2011年度JCFサマーキャンプのご案内

待ちに待ったJCFサマーキャンプを今月開催します。今回も老若男女楽しめるプログラムとなっていますので、奮ってご参加ください! テーマ: 神様と共に歩もう! 日程: 2011年1月21日(金)~23日(日)2泊3日 場所: ウッドエンド・クリスチャンキャンプ場 ゲスト講師: 大角健一(峰町キリスト教会牧師) 参加費用: 別紙にて 参加資格: JCFの諸集会に一度でも出席した事がある方、又はその家族 プログラム・申込書のダウンロードはここをクリック

ベティ先生の90歳のお誕生日

JCFクライストチャーチの創始者ベティ・ラウンドヒル先生、満90歳のお誕生日をお祝いしました。引き続き健康が守られるようにお祈りください。

JCFファミリーキャンプのお知らせ

来年(2011年)1月21日から23日(2泊3日)にJCFファミリーキャンプを開催します。今回はウッドエンド・クリスチャンキャンプ場にて行います。参加費など詳しいことは未定ですが、是非今から予定を空けておいてください。前回のキャンプ(2009年1月)は大好評でした。 どなたでも大歓迎ですので、お誘い合わせの上ご参加ください!

海外でイエスを信じた若者たちの興味深いYouTubeビデオ

Here is youtube showing amazing story.  Just have a look ! (海外でイエスを信じた若者たちの興味深いYoutubeを見つけたので、ぜひご覧下さい。) Ken しぶけんより 4. ビデオの紹介 JXJ http://www.youtube.com/watch?v=CZxsj73jFus&feature=sub とにかく見てください! これは、JXJというシアトルにある学生・社会人中心の伝道集会で救われた学生たちが作成したものです。彼らは、HTCという学校で1年間の交換留学で来ている学生たちで今年はその学校の二つのキャンパスから10名以上が救われました。彼らは、今月、日本に帰国してきていますが、アメリカを出発する前にJXJのみんなや彼らに福音を伝えてくれた人たちにこのスライドを作成したそうです。 当日は、彼ら自身がこのスライドに出てくる言葉を読んでくれたらしいです。 彼らの帰国のためにお祈りください。本当に神様に守られて歩むことができるようにお祈りください。 また、彼らのほかにもこの冬、すでに帰国した人、これから帰国してくる人たちがいます。祈りましょう、彼らのために。また、そのために、各地で行われている集会、(特に2月11日には関東と関西で集会があります。)スモールグループが祝され用いられるように、また、ANRCが用いられるように祈りましょう。

ケン・ラウンドヒル先生の召天

ケン先生が6月15日に天に凱旋なさいました。 葬儀は、6月20日土曜日に、Parklands Baptist 教会で執り行われました。 300名くらいの方が、参列されました。 7月17日の金曜日には、JCFで「ケン先生を偲ぶ会」をしました。 7月17日はケン先生のお誕生日で、お元気でしたら93歳におなりでした。 ベティ先生は、お1人暮らしが始まりました。 どうぞ、ベティ先生のためにお祈りください。 毎月、第二日曜日は、礼拝中に聖餐式を行います。 第五日曜日は、賛美礼拝と洗礼式を行います。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *