「メッセージをダウンロードして聴く」をクリックするとダウンロードのページが新しいタブかウィンドウで開きます。緑色の「Download」というボタンをクリックするとダウンロードがスタートします。(ファイルはオーディオのみです。ビデオではありません。)過去のメッセージはメッセージ・アーカイブのページからダウンロードすることができます。

2018年8月12日 「神に近づきなさい!」

メッセージをダウンロードして聴く 説教あらすじ         「神に近づきなさい!」        (12/08/2018) ◆神の義の基準 ・マタイの福音書5章後半でイエスが提示された「神の国の義の基準」は恐ろしく高い。[マタイ5:20, 48] では、何故イエスは「律法学者たちの基準」さえクリアできていない人々に、こんな基準を示したのか?    ①律法学者たちの基準が見当違い(的外れ)だったから。    ②「律法を守ること」が神に近づく方法ではなく、「神に近づくこと」が律法を成就する方法だと知らせるため。 ◆神に近づく ・私たちは「行為」とか「成果」に捕らわれる。しかし大切なのは「達成レベル」ではなく『方向性』。 ・神との関係が深まれば深まるほど、神にもっと従いたくなる。先立つものは『関係』。だから十字架がある! ・神は私たちに「良い子になってほしい」のではなく、「一緒にいたい」。『十字架』は神のこの激しい思いの現れ。 「もっと立派になってから、神様に会いに行きます」などと言う人は、「神様の心」を全然わかってない! ◆今週の『暗唱聖句』: [ヤコブの手紙 4章8節]   Outline of the sermon        “Come near to God!”       (12/08/2018) ◆Standard of God’s righteousness. ・Jesus pointed “standard Read more…

2018年8月5日 「輝き出よ!世界の光」

メッセージをダウンロードして聴く 説教あらすじ        「輝き出よ!世界の光」       (05/08/2018) ◆『世界の光』とは、誰なのか? [マタイ5:14-16] ・私たちが頑張って『良い行いの光』を輝かせるのではない!イエス・キリストこそが『いのちの光』であって、 この光を輝かせるには、むしろ「私たちのいのち(肉の努力)」が虚しくされなければならない。[ヨハネ1:4-5] ◆私たちの為すべきことは、何なのか? [ヨハネ8:12] ・大切なことは「頑張って輝くこと」ではなく、「キリストに従うこと」に専念すること。余計なことを考えず、イエスの (御霊の)御声に耳を傾け、分かったことに疑わずに従う訓練。(「この世中毒」から回復するための『霊的リハビリ』) ・私たちが「良い行いの光を輝かせる」のだとしたら、誰も「天の父をあがめる」ようにはならない。むしろ私たち がひたすらキリストに従って生きている当然の結果として『キリストのいのちの光』(神の国の真理の光)が私たち を「この世の原理から解放された自由な歩み」へと招き入れ、人々が同様の歩みを求めて神の許に来る。 ・但し、これには時間がかかる。[ヘブル10:36]  ひたすら『神主導』で行われるのを待ち望む。[Ⅱコリント4:6-7] ◆今週の『暗唱聖句』: [ヨハネの福音書 8章12節]     Outline of the sermon       “Let the light of the world shine!”      (05/08/2018) ◆Who Read more…

2018年7月31日 賛美礼拝・証し祭り

よしのりくんの証しをダウンロードして聴く ゆりのさんの証しをダウンロードして聴く りえさんの証しをダウンロードして聴く 今週は「説教あらすじ」はありません。

2018年7月22日 「迫害に対する心構え」

メッセージをダウンロードして聴く 説教あらすじ        「迫害に対する心構え」       (22/07/2018) ◆私たちはこの世のものではない [マタイ5:10-13] ― 「世の価値観」ではなく「神の国の価値観」に生きる者。 ・私たちは『神の国の国民(神の子ども)』とされて以来、『この世の王』にとって「無視できない存在」となった。 ◆この世は異質なものを憎む [Ⅱテモテ3:12] ・キリストを受け入れることによって、多くの「神からの約束」が与えられたが、その中には『迫害』も含まれる。 注意事項:「自分が蒔いた種を刈り取ること」と「キリストを愛する故に受ける迫害」とをしっかりと区別せよ! ◆迫害を喜べる理由 ①自分が「キリストのものである」という証拠だから。[ヨハネ15:18-19] ②天に特別な報いがあるから。[マタイ5:12] ③反対者に救いの道を開くきっかけとなるから。[マタイ5:13]     ・あなたに反対する人の救いは、『妥協』から来るのではない! ◆今週の『暗唱聖句』: [マタイの福音書 5章11節]   Outline of the sermon        “Rejoice in persecution!”       (22/07/2018) ◆We don’t belong to this world. Read more…

2018年7月15日 「わたしについて来なさい」

メッセージをダウンロードして聴く 説教あらすじ        「わたしについて来なさい」       (15/07/2018) ◆わたしについて来なさい。[マタイ4:18-22] ― イエスの命令はいつでも「共に歩もう」との招き。 ・弟子たちは「~を捨てて従った」。では「イエスについて行く」とは、物や家族を捨てること? ⇒ そうではない![ルカ9:23-25] 「この世がもたらす魅力」「この世の神(悪魔)の支配下」から離れること。 ・現在この世において、『神の国』と「悪魔の国」との間で、激しい「人類争奪戦」が繰り広げられている。 ◆感覚に頼るな! ・(エデンの園以来)悪魔は人間の理性(感覚)に働きかけ、私たちがキリストについて行くことを阻止しようとする。 ・キリストに出会うまでの私たちは、言わば『この世中毒』。それ故「キリストに従う歩み」には違和感が伴う。かと いって「自分の感覚」に頼って逆戻りしてしまったら『中毒』は悪化する一方で、「この世の神」の思うツボ。 ・一旦キリストにあって踏み出したなら「真理による自由」を体験するまで振り返らずに信仰によって前進しよう! ✰たった1度の人生を、あなたは「無難に」生きたいですか?それとも『最大限に』生かしたいですか? ◆今週の『暗唱聖句』: [マタイの福音書 4章19節前半]   Outline of the sermon         “Come, follow me.”        (15/07/2018) ◆“Come, follow me”. [Matthew 4:18-22] ― Whenever Jesus Read more…

2018年7月8日 「天の父の願い」

メッセージをダウンロードして聴く 説教あらすじ          「天の父の願い」         (08/07/2018) ◆『救い』は「始まり」に過ぎない![Ⅰテモテ2:4] 「真理を知る ⇒ 救われる」の順ではない! ・まず「救われる」(神との正しい関係が回復される) ⇒ そして「真理を知る」(本来の『人生の目的』に気付かされる) ・『真理』(ギリシャ語「アレーセイア」) = 「おおいが取り除けられて、顕わにされた状態」 ・イエスは、この『おおい』を取り除くために来られた。[ヨハネ8:31-32] 『真理(イエス)』が私たちを自由にする! ◆私たちの召命 ― 私たちが選ばれたのは、このため! 愛すること = 相手に与えられている「最高のもの」が引き出されるために、自分に与えられている「最高のもの」をフルに用いること。(ただ単に「相手が喜ぶことをすること」ではない!) ①まず自分が、神との関わりの中で「神の子として目覚め」「神の目的を見出し」「神と共に前進する」。 ②神の家族の中で、互いに「神の子として目覚め」「神の目的を見出し」「神と共に前進する」のを助け合う。 ③神の家族と共に、まだ主イエスを知らない人々が「神の子として目覚め」「神の目的を見出し」「神と共に前進する」ように導く。 ◆今週の『暗唱聖句』: [テモテへの手紙 第1.2章4節]   Outline of the sermon         “Our Father’s desire.”        (08/07/2018) ◆“Salvation” is just Read more…

2018年7月1日 「イエスの最初の命令」

メッセージをダウンロードして聴く 説教あらすじ         「イエスの最初の命令」        (01/07/2018) ◆神の国の到来 [マタイ4:17] ― イエスがこの地上に降り立った時、神の国(神の支配)が「到達」した! ・サタンの試みに勝利(4章前半)し、アダムには成し得なかった「人を通しての神の支配」が今まさに始まった! ◆悔い改めなさい!(これがイエスの『最初の命令』) ― 2つの「悔い改め(方向転換)」がある。 ①神を無視していた人生 ⇒ 神を認める人生    ②自分の人生のための神 ⇒ 神のための自分の人生 ◆御国を受け継ぐ者 [使徒26:17-18](パウロによる証し) ・真理に対して無知であった私たちの「目が開かれ」、暗やみの王であるサタンの支配から神の支配へと「立ち 返り」、イエスの十字架を信じることによって「罪赦され」て神の子とされ、『御国を受け継ぐ者』とされる。 ・「御国を受け継ぐ者」 ― 『神の子』としてのフルサイズの人生を生きる者。(「神のかたち」が回復された人生) ・『イエスの支配』を受け入れる者だけが『神の国』を受け継ぐ。 「キリストの命令」は、私たちの益のためでもあるが、何よりも『神の栄光』がこの地に現されるため! ◆今週の『暗唱聖句』: [マタイの福音書 4章17節後半]   Outline of the sermon    “The first command of Jesus.”   (01/07/2018) ◆The kingdom has come near. Read more…

2018年6月24日 「『正しいこと』のために造られた」

メッセージをダウンロードして聴く あおいちゃんの証しをダウンロードして聴く あやちゃんの証しをダウンロードして聴く 説教あらすじ    「『正しいこと』のために造られた」   (24/06/2018) ◆イエスの受洗 [マタイ3:13-17] ・イエスは洗礼を受ける必要があったのか? ⇒ 「私たちへの模範」として。 ・「すべての正しいことを実行するのは、私たちにふさわしい」 = 私たちは『正しいこと』をするために造られた。 聖書はいわば「人生のための取り扱い説明書」。これに従って生きれば『最大限』に生きることができる。 ◆『従順』と『関係』のメカニズム [ヨハネ14:21] ・「完全に正しいお方」と歩調を合わせて歩もうとする態度は、そのまま主イエスに対する私たちの『愛情表現』。 ・イエスが私たちに何かを命じる時はいつでも、「もっと近くにおいで」という、愛による招き。 *イエスはいつでも、私たちとの『愛の関係』を切に求めておられる。 ◆今週の『暗唱聖句』: [マタイの福音書 3章15節後半]   Outline of the sermon      “Created for righteousness.”     (24/06/2018) ◆Baptism of Jesus. [Matthew Read more…

2018年6月17日 「Make disciples!④」

メッセージをダウンロードして聴く 説教あらすじ      「Make disciples!④」     (17/06/2018) ◆『キリストの弟子』とは? ①キリストに似ていく者[ルカ6:40] ・ユダヤ社会における『師と弟子の関係』とは、「個人的な関係を持ち、日々の歩みにおいて影響を受ける者」。 ⇒ 一緒に「中身の濃い時間」を過ごすことが必須。 ②「キリストのことば」にとどまる者[ヨハネ8:31-32] ・イエスのことばの中に「イエスのいのちそのもの」がある。「真理が自由にする」とは、イエスのことばを通して『真理である キリスト』との人格的出会いを体験する中で、「この世の歪んだ価値観」や「誤ったアイデンティティ」から解放されること。 ③互いに愛し合う者[ヨハネ13:34-35] (これは命令であると共に、「わたしの愛にとどまりなさい」という『招き』でもある) ・この愛を日々味わっている者同士で『主にある感動』を分かち合う姿は、周囲に「キリストの臨在」を感じ取らせる。 *カギは「みことばを通しての主イエスとの人格的な交わり」と「イエスの御名によるクリスチャン同士の交わり」。 ◎2つの提案 : ①個人デボーション(毎朝)  ②M2Mまたは小グループでの霊的分かち合い(毎週) ◆今週の『暗唱聖句』: [ヨハネの福音書 8章31節後半]   Outline of the sermon        “Make disciples!④”       (17/06/2018) ◆Who are “Disciples of Christ” like? Read more…

2018年6月10日 「Make disciples!③」

メッセージをダウンロードして聴く 説教あらすじ      「Make disciples!③」     (10/06/2018) ◆『イエスの命令』を守るように教える [マタイ28:19-20a] ・イエスは「私の教えを宣べ伝えなさい」とおっしゃったのではなく、「『わたしが命じておいたすべてのことを守る』    ように教えなさい」と言われた。だから「イエスが命じたことは何なのか?」を知ることは大変重要。 ・イエスがしばしば律法学者たちを批判したのは、彼らが「律法を守ろうとしていたから」ではなく、「律法を利用し て『自分たちの考え』を人々に押し付けていたから」。イエスご自身は律法を尊重している。[マタイ5:17-20] *相手を自分の思う通りに動かしたいために『聖書のことば』を用いてはいけません! ◆『イエスの命令』を守るための大前提 ①イエスは私たちに達成不可能なことは決して命じない。[マタイ11:30] ②イエスは私たちに「自力で達成できること」は決して命じない。[ヨハネ15:5] ③『イエスの命令』の目的は、私たち1人1人が「いつもイエスと共に生きる」ようになるため。[マタイ28:20] ◆今週の『暗唱聖句』: [マタイの福音書 28章19~20節]   Outline of the sermon        “Make disciples!③”       (10/06/2018) ◆Teach them to obey “Jesus’ commands”. [Matthew 28:19-20a] Read more…

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *