メッセージ

2013年6月2日 「『真理に属する者』の使命」

メッセージをダウンロードして聴く 説教あらすじ      「『真理に属する者』の使命」  (02/06/2013) [ヨハネ18:33-40]  ◆イエスに対するピラトの尋問   ・ピラトは「イエスが有罪かどうか」を取り調べるというよりも、「自分が裁くべき相手かどうか」を探っていた。   ・33~34節の会話に注目。ここに「自分の生き方に確信のある者」と、そうでない者の差が見られる。 ピ ラ ト イ エ ス 立場 ローマ総督。国家権力を負っている。 真理を証するために生まれた。[37節] 判断基準 相手の出方を見ながら判断する。 状況に関わらず、真理を貫く。    ・ピラトはイエスに何の罪も認めなかった。[38節] しかし『真理』を知らなかったため状況に流されて誤った判     決を下し、「反逆罪で捕らえられていた危険人物バラバを釈放する」という最悪の結果を生み出した。    ・『真理』こそが、物事を正しく判断させ、かつ実行させる力を持つ。[ヨハネ8:32, Ⅱコリント13:8] ◆では、真理に従っていれば、すべて物事が順調に運ぶ?    No!   ・私たちは「願いがすぐに叶うこと」を『神の祝福』と捉えがちだが、それは誤り。真の『神の祝福』は、多くの困難    があるにも関わらず「真理を貫き通すために最後まで戦い抜く力」が注がれること。〈ウィリアム・ウィルバーフォース〉 ◆あなたにとって『真理』とは何ですか?   ・私にとって『真理』とは、「すべての人は、イエス・キリストを通して神との個人的な関係の中に生かされる時、『自己最高の    人生』を生きることができる」 ということ。 そして私の使命は、この真理を「ことばと行い」とによって人々に示すこと。  ☆あなたは「真理に属する者(37節)」ですか? もしそうなら、「真理に属する者」としての使命を持ち、それに生き Read more…

By Ken, ago