聖書

(95) “落ち着いた生活をすることを志し、自分の仕事に身を入れなさい。”

『三角関係』というと、つい「恋愛関係のいざこざ」を思い描きがちですが、そればかりとは限りません。2人の人がもめているところに、その解決を助けようともう1人が加わるとき、要らぬ『三角関係』を巻き起こすこともよくあります。「自分は善意で関わろうとしたのに、どうしてこんな目に会わなきゃならないの?!」そう言いたくなるのも分かりますが、たとえそれが善意であっても、正しい理解と知恵に基づいていなければ、必ずしも結果が良くなるとは限りません。今日は「もめている2人を助けるための、2つのルール」を下記に述べたいと思います。  ①「神の導きを確信しているのでない限り、口を出さない」 ・英語のことわざに「自分の名前がついているのでない限り、わざわざ拾い上げるな!」というものがあります。日本語にも「小さな親切・大きなお世話」というのがありますよね。たとえそれが善意から出ていたとしても、あなたが必要とされていない問題に首をつっこむことは正しくありません。そういう時はむしろ、「自分に与えられている分をしっかりとこなす」ことに専念しているべきです。もめている当人たちが第3者に求めることは『解決』ではなく、「自分の味方になってくれること」なのですから。  ②「もめている双方それぞれと、良い関係を保つ」 ・あなたに求められているのは『問題の解決』ではなく、それぞれの人を「祈り、支えてあげる存在」となることです。もめごとを解決する責任は、当人たちにあります。しかし、そのことで疲れ果てたり傷ついたりした時、彼らには「支え、慰めてくれる人」が必要です。大切なことは、やがてもめごとに決着がついた時、あなたが2人の友のどちらかを失うのではなく、双方どちらとの関係も更に深まるようになっていることです。

By Ken, ago
メッセージ

2013年9月15日 「『恵みとまこと』に満ちたイエス」

メッセージをダウンロードして聴く 説教あらすじ        「『恵みとまこと』に満ちたイエス」    (15/09/2013) ◆何故『赦す』のか?   ・「赦さない理由」なら、いくらでも思い付く。しかし『赦し』だけが「恵みでないもの」の悪循環に終止符を打つ。   ・「赦すこと」は簡単ではない。しかし「赦し」以上に難しいことがあるとすれば、それは「赦そうとしない」こと。 ◆『正義』と『恵み』   ・『正義』は「善」であり「公正」で「道理の力」があるが、しばしば社会から『恵み』を押し出そうとする。   ・一方『恵み』はこの世のものではなく、重大な変化をもたらす「超自然的な力」を持っている。 ◆「恵みとまこと」に満ちたイエス   ・一見相反する「恵みと正義(まこと)」の両方を、神はイエスキリストにおいて成就した。[ヨハネ1:14, 16-17]   ・イエスは『神』でありながら「人として来られた」故に、御父には成し得ないことをなさった。[マタイ4章,ヤコブ1:13]   ・神はイエス・キリストにおいて、敢えて自らを人間の側に置き、「試み」「罪の誘惑」を学ばれた。[ヘブル4:15]    だからこそイエスは私たちの立場や私たちの気持ちになって、とりなすことができる。[ヘブル7:25] ◆『十字架』への道  ・イエスにとっても、自分の身をもって「身に覚えのない罪の贖い」をすることは、決して簡単ではなかった。          ➝ 「ゲッセマネの祈り」 [マルコ14:36,ルカ22:41-44]  ⊚イエスの究極のとりなし [ルカ23:34]    ・「赦す理由」は、「彼らは何をしているのか分からない」から。 人となることによってのみ、こう言うことができた。 イエスは確かに私たちを理解してくださった!     Outline of the sermon    “Jesus, who is full of Read more…

By Ken, ago