メッセージ

2014年6月22日 「キリストが受け入れてくださったように」

メッセージをダウンロードして聴く [ローマ15:7]  ①キリストが(受け入れてくださった)    ・キリストは私たちがまだ罪人であった時、「ありのまま(罪あるまま)の状態」で全く無条件に受け入れてくださっ     た。「悔い改めてから」でもない。    ・私たちがキリストと出会って変えられるのは、「受け入れられるため」ではなく、「受け入れられたから」。  ②神の栄光のために(受け入れてくださった)    ・神はご自身の栄光のために人間を造られた。人は本来『神の愛』『神の知恵』『神の聖さ』を互いに表現し、共     に神を喜び讃え合うために造られた。ところが、人が神から離れたことにより、これらすべてが失われた。    ・人がそのありのままの状態でキリストに受け入れられていることを体験する時、言い表せない喜びと平安を     味わう。彼は何も要求しないし、責めることもしない。無視しても文句1つ言わない。この真実の愛に触れる     時私たちは、彼の愛する者を愛し、彼の好まないものを捨てないではいられなくなる。  ③(キリストが受け入れてくださったように)互いに受け入れる    ・私たちがキリストに深く受け入れられていることを体験し、キリストとの関係の中で生かされるようになる時、     (私たちは1人1人ユニークに造られているので)それぞれがある種の人々に強く惹きつけられるようになる。神は     それらの人々を受け入れるようにとあなたを招いておられるのである。    ・この時、決して「急ぎすぎない」ように注意!「内なる聖霊の働きかけ」を抑えきれなくなるまで待とう。 ✯まずキリストを求め、彼との日々の交わりの中に生かされよ!そしてそこから生まれるものに従って進もう!   Outline of the sermon       “Just as Christ accepted you.”    (22/06/2014) [Romans15:7]  ① Christ(accepted you).    ・Christ accepted Read more…

By Ken, ago
聖書

(129) “その聞いたみことば(聖書のことば)も、彼らには益になりませんでした。みことばがそれを聞いた人たちに、信仰によって、結びつけられなかったからです。”

どんなに良い材料が揃っていても、その『媒体者』がいなければ、正しい結果は期待できません。例えば、どんなに立派な小麦粉を用いても「イースト菌」がなければ美味しいパンは作れないし、どんな立派な火種があっても「空気」が周りになければ火は燃えません。同じように、どんなに素晴らしい聖書の言葉を聞いたとしても、それらのことばが『信仰』によって私たちの心に結び付けられないなら、それは人生に益をもたらすことはできないのです。  どんなに美味しい食べ物でも、それを机の上に放っておくなら、ただ腐っていくだけです。良質の食べ物は健康な肉体の中に取り入れられてこそ、大きなエネルギーとなって実を結ぶのです。聖書の言葉も同じです。「ただ聞くだけ」ではなく、「そこに働く神の知恵と力とに信頼して、その教え通りに従って」ぜひ実生活の中に生かして行ってください。『信仰』とは、単に聖書のことばに知的に同意したり、口先だけで「神様、信じます」と言うことではありません。「私にご自身のひとり子さえも与えてくださった方は、今日も私に真実を尽くしてくださっている。だから、私も彼の言葉に誠実に従って生きよう!」 という具合に、あなたの日々の生き様に影響をもたらすものなのです。そのようなあなたの真摯な態度に応えて、神様はきっとご自身の大いなるみわざを現してくださることでしょう。イエス・キリストはおっしゃいました。「もしあなたが信じるなら、あなたは神の栄光を見る」と。

By Ken, ago
聖書

(128) “怒っても罪を犯してはなりません。日が暮れるまで憤ったままでいてはいけません。悪魔に機会を与えないようにしなさい。”

喜び・憂い・怒りなど、私たちの持っている感情はすべて神から与えられたものであり、基本的には良いものです。私たちは正しいものが損をしたり、弱いものが虐げられたりしているのを見るとき、怒りがこみ上げてくるのを感じます。これは、この地上に正義がもたらされるためにどうしても必要なものです。  ところがこの『怒り』を自分で制御できなくなってしまうようになったら、それは危険信号です。自制されない怒りは人間関係を破壊し、事の真実を見失わせ、神を悲しませる結果を生みます。『家庭崩壊』『幼児虐待』『殺人』『戦争』などなど。では、どのようにして私たちはこれらの「行き過ぎた怒り」から自分を守ることができるでしょうか?  第1に「怒りを表現する前に、少し間をおく」ことです。ほとんどの場合『怒り』の原因は「出来事そのもの」というよりもむしろ「それに対する認識や感情」です。私たちはよく「あの人があんなことを言ったから」とか「こんなことをされたから」などと言いますが、実際はあなたが「自分でその言動をどう理解したか」に原因があるのです。もしあなたの感情が他の人から言われたりされたりしたことにいちいち影響されていたら、まるであなたは周囲の人の奴隷のようです。そうではなくて、むしろ「ちょっと待って。今のはどういう意味?」とか、「私が誤解しているかもしれないから、もう1度良く説明してくれる?」と尋ね返す余裕を持ってください。  2番目は「怒りを溜め込まない」ことです。私たち夫婦は結婚してまもなく1つの約束事をしました。それは「もし喧嘩をしたとしても、寝る前までに必ず和解する」という約束です。『怒り』や『相手に対するわだかまり』をそのままにしておくと、ぐっする眠ることもできないし、2人の間の溝はドンドン深まっていきます。「どちらが悪かったかをはっきりさせること」よりも、「ともかく和解すること」のほうがずっと重要なのです。  怒りからは決して『平安』は生まれません。かえって『怒りの香り』は悪魔を引き寄せるのです。私たちの生活から『過ぎた怒り』を締め出して、悪魔を失業させてしまいましょう!

By Ken, ago
メッセージ

2014年6月15日 「神の国のエージェント」

メッセージをダウンロードして聴く 説教あらすじ         「神の国のエージェント」     (15/06/2014) *私たちの『セルフイメージ』は、「私たちがどんな『世界観』を持って生きているか」に大きく関係している。 ◆2つの世界観   ①下等なものがより高等なものへと進化する過程の中で人間が生まれた。それ故人間は更なる向上のために     努力を続けていく。      特徴:もっと良くなるかもしれないし、ならないかもしれない。とにかくいろいろと試す。[科学者的世界観]   ②神がすべての点で良いものを造られ、それを人間の手に委ねた。ところが人間と神との関係が壊れたために     すべてが堕落へと向かった。神は自分の手でそれを回復しようとはせず、まず私たちとの関係を修復するこ     とによって、私たちを通してそれらを回復しようとしている。      特徴:「もっと良くする」のではなく、「元通りの状態に回復させる」。[医者的世界観] ◆①と②との大きな違い    ①の場合は、「自分に何ができるか」が重要であり、合格・不合格がある。また『問題』を避ける傾向がある。    ②の場合は、「誰のために生きるか」が重要であり、『成績』より『忠実さ』を重視。『問題』に向かっていく傾向。 ◆イエスの世界観は?[マタイ9:10-12] ― イエスは私たちを「3つの働き」のために遣わされる。[マタイ10:5-8]    ①神の国のメッセージ [Ⅰペテロ2:9, 箴言1:7]      ・「神を恐れる」とは、「神以外の何者をも恐れない」ということ。[ローマ8:31]    ②『病人の回復』 [マタイ5:13-16] ・世界は病んでいる。私たちはそれらを回復させるために遣わされている。    ③病原菌(悪霊)を撃退 [エペソ6:12,ヤコブ4:6-7,Ⅰヨハネ4:4] ・病気の元(本当の敵)を見誤らないように。 ◆イエスが目指していたこと [ヨハネ4:34] ✯あなたは、この世のどんな病と闘うために遣わされていますか?   Outline of the sermon       “The agent Read more…

By Ken, ago
聖書

(127) “キリストは神の御姿である方なのに、神のあり方を捨てられないとは考えず、ご自分を無にして、仕える者の姿をとり、人間と同じようになられました。”

ある牧師がこんなことを言いました。「地上のあらゆる場所に『万有引力の法則』が働いていて、他の力が働きかけない限り物質は必ず上から下に向かって落ちていくように、すべての人間の心の中には『自己中心性の法則』が働いていて、意識して他の人のために生きようとしない限り、私たちは自分が楽をしたり得をしたりするように行動するものである。」 確かにその通りですよね。私たちは知らず知らずのうちに「何かいいことないかなぁ。誰かうまい話持って来てくれないかなぁ。」と周りが自分のために動いてくれることを期待してしまう傾向があります。  イエス・キリストの生涯は、これとはまるで違いました。彼は病人や貧しい者をあわれみ、世間からつまはじきされていた人々と多くの時を共に過ごし、そして罪と死に縛られていた私たちを解放するために、身代わりに十字架で死なれました。彼の生涯はまさに「自分自身のため」ではなく、「他の人々に仕えるため」だったのです。そしておっしゃいました。「私があなたがたに仕えたように、互いに仕え合いなさい」。  多くの人々(クリスチャンの方々でさえ)は、「イエス・キリストは『特別な人(神の子)』だったのだから、そんなことができて当たり前だ!」とおっしゃいます。でもちょっと想像してみてください。イエスが十字架にかかる前の晩、有名な『最後の晩餐』の席で、イエスは弟子たちの足をお洗いになりました。天と地の創造者、私たちの神である方が、私たちの汚くて臭い足(弟子たちの中には漁師たちもいました!)を素手で洗ったのです。何という『謙遜』、何という『無私』なのでしょう!恐らく私たちは、私たちのクラスの先生、また上司などがそんなことをしてくれたとしても驚きあきれ、恐れ入ってしまうのではないでしょうか?(まあ、そんなことをしてくれる『先生』や『上司』など聞いたこともありませんが…)しかし仮にも『神の子』と呼ばれた方が私たちにそのような模範を示されたのだとしたら、私たちは今日から人生に対する態度を改めなければならないのではないでしょうか?

By Ken, ago
メッセージ

2014年6月8日 「イエスが来られた3つの理由」

メッセージをダウンロードして聴く 説教あらすじ         「イエスが来られた3つの理由」     (08/06/2014) *世界の歴史上最大の出来事 ― 神が地上に来られた! では、何故彼(イエス)は地上に来られたのか? 1 『神』を証するため   ・神は「概念」ではなく、『人』となられた。そして「神とはどういう方か?」を教えるために『自分』を指し示した。   (わたしが、道・真理・いのち、世の光、いのちのパン、わたしについて来なさい、わたしにとどまりなさい etc)[ヨハネ14:9]   ・「神が愛ならば、何故こんな苦しみがあるのか?」と言う人は、イエスが苦しむ人々をどう扱われたかを見ればよい。   ・イエスは「失われた者を捜して救うために来られた神」、そして「私たちの自由意志をあくまで尊重するために、    自分のいのちさえも犠牲にされた神」。 もし「神とはどういう方なのか」を知りたければ、イエスに注目すれば良い。 2 「人のあるべき姿」を証するため [ヨハネ13:15]   ・イエスはしばしば「わたしがしたようにOOしなさい」とおっしゃった。人々がイエスを通して神を見たように、イエ    スは私たちを通しても神が証されること(神の栄光・聖さ・愛が現されること)を期待しておられる。   ・『律法主義』の間違いは「厳しすぎること」ではなく、「厳しさが徹底していないために、『守れるかも?』と錯覚さ     せること」。マタイ5~7章には、イエスの驚くべき道徳基準が述べられている。[マタイ5:20,48]   ・私たちは、「神の道徳基準」をいつも求めて生きるべきであり、その上で「自分にはできない!」と認めるべき。 3 神と人とをつなぐため   ・イエスにとっての最大の試練は「十字架への道」。与えられた自由意志の故、避けることもできた。でもしなかっ    た[マルコ14:36]。ただ父なる神に対する愛と従順、そして私たちへの愛と救いの完成のため、敢えてその自由    意志で「身代わりの死」を選んだ。ここに私たちに対する『究極の模範』、「神と人との関係の結晶」がある。 ✯人が神への全き信仰と従順に基づいた自由意志によって神と結ばれる時、死からいのちが生まれるのです!   Outline of the sermon Read more…

By Ken, ago
聖書

(126) “神の国とその義とをまず第1に求めなさい。そうすれば、それに加えて、これらのものはすべて与えられます。”

  すべての人間にとって『関係』というものは大きな祝福であり、また課題です。「豊かな関係」を通して私たちは励ましを受け、勇気付けられ、生きる意欲が湧いてきます。一方で「壊れた関係」によって私たちは傷つき、落ち込み、時には自殺に追い込まれることさえあります。もし「関係の達人」がいるとしたら、その人こそまさしく「人生の達人」と呼ばれるにふさわしい人でしょう。  人は誰でも「3つの関係」の中に生きています。 ①『神との関係』 ②『自分との関係』 そして③『周囲の人々との関係』です。ほとんどの人々はこの③の関係を築くことに多大な労力を費やしますが、実際は①の関係が正しく築かれて初めて健全な②の関係が築かれ、①②の関係を豊かに築いている人だけが、真に円滑な③の関係を築いて行くことができるのです。  人はこの天地万物の神、すなわち自分自身の創造主を知ることなしに、自分自身の真価を理解することはできません。「自分の親」と呼べる存在を知らずに育った孤児が「自分自身の健康な家庭」を築くことに戸惑うように、「自分のありのままを喜び、愛し、完全に受け入れてくださっている方」との豊かな関係の中に生きることなしに、健康なセルフイメージは育てようがないのです。  しかし、この真実な愛を基礎にして自分自身を建て上げている人は、その愛を動機として周囲との関係を築こうとします。このような人は拒絶を恐れません。それが自分の価値を落とすことがないことを知っているからです。むしろそのように拒絶する人々さえも愛し受け入れることができます。何故なら『本物の愛』は、それを必要としている人々のところへと流れていこうとする性質を持っているからです。  私たちを造られた神は、真の意味で私たちに必要なものが何であるかをご存じです。私たちがそれを受け取ることができるのは神からだけであり、そのため神は私たちがそれを求めてご自身の許にやってくるのを心待ちにしておられるのです。

By Ken, ago
メッセージ

2014年6月1日 「神との関係」

メッセージをダウンロードして聴く 説教あらすじ            「神との関係」        (01/06/2014) 1 愛に基づく「契約関係」(旧・新『約』聖書)   ・普通の契約は「双方の合意によって」成り立つが、これと違って、神が私たちと結ばれる契約は『一方的』。そ    の目的は「私たちが神への愛と信頼において成長し、豊かないのちに生きるようになる」こと。そのために神は    私たちの態度に関らず、ご自身の完全な愛・力・善意によって、私たちに誠実を尽くし続ける。      *『信仰』とは、この神の一方的な契約に信頼し、それに誠実に応えようとする私たちの態度。      *『罪』とは、この神の愛に対して、愛によって応えようとしないこと。 2 「親子関係」や「夫婦関係」にたとえられている   ・どちらもその初期においては『盲目的』。しかし、ある時期が過ぎ互いに対する理解が深まると、ガッカリしたり    気持ちが冷めたりする。   ・神との関係(信仰生活)も初めは「無知・盲目的」で良い。ただ素晴らしいことに、親子や夫婦の関係とは違って    神との関係は、相手のことを知れば知るほど、強められ、深められる。      *『親子関係』で重要なのは、「子供が親の善意をどこまで信頼できるか」ということ。      *『夫婦関係』で重要なのは、「相手の弱さや失敗を、どこまで赦し覆っていくか」ということ。 ◆恵みとまことに満ちた神 [詩篇86:15]   ・神が、ご自身との関係において私たちに体験させてくださるのは、この『恵みとまこと』。別の言葉に言い換えるなら、「不動の正義・誠実さ」と「徹底的な赦しとあわれみ」。   ・悪魔が私たちを攻撃するための常套手段は、①相手の誠意を疑わせること  ②不完全な自分を責める心 ✯私たちの神は、「あきれず、あきらめない神」です! [ヘブル13:5]   Outline of the sermon         “Our relationship with God.”      (01/06/2014) Read more…

By Ken, ago