お知らせ

クリスマス礼拝2016

早いもので、もう11月。来月にはJCF恒例の「クリスマス礼拝」が行われます。詳細は下記の通りです。 日時:12月11日(日)午後2時~3時半 主な内容:クリスマスキャロル,子供たちによる歌とダンス,寸劇,クリスマスクワイヤなどなど 例年通り「入場無料」で、しかも礼拝の後には「豪華アフタヌーンティー」を楽しめます。どうぞふるってご参加ください!

聖書

(234) “人は自分の行いがことごとく純粋だと思う。しかし、主は人のたましいの値打ちをはかられる。”

最近「高台家の人々」という、漫画を実写版映画化した作品が流行りましたよね?(実は私自身はまだ見ていないんです!)『高台ファミリー』は「人の考えていることが分かってしまう」という特別な能力を持つ家系。その長男と恋に落ちてしまう『夢見る乙女』というのが登場人物の設定なわけですが、恐らく「相手の心の中が読めたらなぁ」というようなことは、誰でも1度は夢見たことがあるのではないでしょうか?まあ「相手の心の中が読める」というのは、必ずしも良いことばかりではないかもしれないし、逆に「相手に自分の考えていることが知られてしまう」なんて、考えただけでもゾッとしてしまいますが・・・ というわけで、私たちが人の考えを理解するためには、その人の『行動(または言動)』から推し測ることが限界なわけです。ですから私たちはある程度「ふりをする」ことによって相手を欺くことができますし、もしかしたらすっかりそのような振る舞いに慣れてしまっているのかもしれません。 聖書は、私たちが「ふりをする」ことによってはだますことのできない存在があることを示唆しています。それは私たちの肉体と共に「心や思い」をも造られた創造主なる神です。たとえ友人や親兄弟をだませたとしても、この方だけは決して欺くことはできません。神は私たちの心(内面)を探られます。それは私たちを糾弾するためではなく、私たちに『誠実さ』を求めるからです。神は私たちに「神の前にも、人の前にも」誠実に生きて欲しいと願っておられるのです。 「自分を偽ること」「相手を欺くこと」に慣れすぎてしまう前に、「真の神を恐れること」そして「神と人との前に誠実に生きること」へと方向転換しませんか?

メッセージ

2016年11月6日 「最初の2つの命令」

メッセージをダウンロードして聴く 説教あらすじ         「最初の2つの命令」      (06/11/2016) ◆人類にとっての最初(第1)の使命 [創世記1:27-28] ・「生めよ。ふえよ。地を満たせ。地を従えよ。」 ― 永遠不変の命令 ・「初めの人・アダム」は『エデンの園』から全地に拡がって行くはずだったが、悪魔にだまされ阻止された。 ・人類は増え拡がりはしたが、それは『神の国(神の支配)』の外でのこと。言わば「人類に対する神のみこころの 成就」は延期された。(しかし、キャンセルされたわけではない。神に『心変わり』はない!) ◆更新された『最初の命令』 [マタイ4:17] ・「悔い改めなさい。天の御国が近づいたから。」 『悔い改める』 = 方向転換。 すなわち「この世の価値観(悪魔の支配)」から『神の国(神の支配)』へと向きを変える。 ◆御子イエスと共にやってきた『神の国』 ・父なる神は、御子イエスを遣わされたことを、この上なく喜んだ。[マタイ3:16-17] イエスは、アダムがだまされた「悪魔の誘惑」に勝利された! → [マタイ4:17]の宣言へ ・イエス(神の国)は今度こそ真の意味で(神との深い関係の中で)増え拡がり始めた![ヨハネ15:16]   ✰神のご計画は、ご自分の子とされた人々(私たち)を通して、ご自身の御国(支配)が この地に押し拡げられて行くこと。(地に満ち、従えて行く)   Outline of the sermon        “Very first 2 commissions.”    (06/11/2016) ◆Very first Read more…