(383) “あなたこそ、私の内臓を造り、母の胎の内で私を組み立てられた方です。”

 「自分で自分のことをどう思っているか」を英語では『セルフイメージ』と呼びます。ある方は「自分で自分のことをどう思おうと、私の勝手でしょ?」とおっしゃるかもしれませんが、実はこの『セルフイメージ』は私たちの生き方に想像以上に大きな影響をもたらすのです。  ある心理学者は次のように言っています。「あなたの人生に起こる出来事は、あなたが自分に関して信じていることの結果として起こるのです。人間は『自分にはそれを受ける価値がある』と信じていること以上のものを自分の人生に招き寄せることができないものなのです。」 この心理学者が言っていることを言い換えるならば、私たちが人々とどのような関係を築いていくかは、「自分のことをどう思っているか」に大きく関係している、というわけです。自分のことを低く見積もっている人たち(多くの人々にはこの傾向があるようです)は、自分よりも他の人々の方が立派であると考えるため、自分のために時間を使うことをためらいます。これが高じると、自分自身というものを見出すために、いつでも「他の人が自分のことをどう思っているか」に頼るようになってしまい『真の自分』を見失うことになってしまうのです。  天地創造の神は、あなたを「神の栄光あるご性質の1面を反映するための特別な存在」として創造なさいました。そんなあなたが「あ~ぁ、自分はあの人のようであったら良かったのに…」などと言う時、それは神の心をひどく痛めることになるのです。私たち1人1人は「他の誰かの真似をするため」に生まれてきたのではなく、むしろ「他の誰と同じでもない『神による傑作品』」として、神の豊かなご性質を地上で表現するために生まれてきたのです。この神のご計画のゆえに、私たちは決して『自分らしく生きること』を恐れたり、恥ずかしく思ったりする必要はありません。何故なら神はあなたを、実に精密で複雑な、驚くほどユニークな特徴をもった存在としてこの世に送り出したのですから。  「神の綿密な計画によって生み出された、ユニークで特別な存在」、この『セルフイメージ』をしっかりと胸に抱いて日々を生きて行きましょう!

2020年3月29日 「自宅待機中の心得」

メッセージをYouTubeで観る 説教あらすじ   「自宅待機中の心得」   (29/03/2020) ◆真に大切なもの   ・NZ政府の思慮深い判断と行動力に感謝。そこまで感染者が増えないうちに、思い切った措置をしてくれた。   ・NZには良い点がたくさんある。先日空港に送って行った人々が口を揃えて「NZは人に優しい」と言っていた。  ◎[ペテロの手紙 第1. 4:7~8]   ・この箇所で使徒ペテロは2つのことを勧めている。①『祈り』に備える ②熱心に愛し合う。    日頃の私たちは、多くの活動や様々な人間関係のために、心も体も忙しい。しかしこのような制限が加えられた今、ゆっくりペースで生活していると「本当に大切なもの」「真に時間を費やすべきこと」が見えてくる。 ◆「祈ること」「愛すること」   ①神の前に静まり、祈る    ・今年の初めに礼拝の中でも行ったように、まず十分な時間を取って「神の前に静まり」、自分の思いが落ち着くのを待ってから、神からのささやきに心の耳を傾ける。このような時間を持つことが、日々の歩みを飛躍的に豊かにする。   ②互いに熱心に愛し合う    ・今の状況は、夫婦や家族にとって「豊かな時間を一緒に過ごす」ための絶好のチャンス。存分にコミュニケーションを取ろう!    ・家族から離れている人や独り暮らしの人は、SNSをフル活用して「離れている家族や友人たち」と連絡を取り合おう。時差はあるかもしれないが、今なら夜更かしや朝寝坊もきっと許されるのでは?  *私が楽しみにしているのは、次回皆で集まれる時に、それぞれが多くの証を携えて再会できること。また、しばらく離れていたはずなのに、互いの親しさが増していて、それでもやはり顔と顔とを合わせられた互いを喜び合    えること。その日を楽しみにしながら、①祈ること、②愛すること に励みましょう! Outline of the sermon      “Some thoughts on ‘self‐isolation’.”    (29/03/2020) ◆It reminds us what is important.   ・I am grateful for NZ government as they made good quick decision before the situation becomes Read more…

(382) “私たちも、一切の重荷とまとわりつく罪とを捨てて、自分の前に置かれている競走を、忍耐をもって走り続けようではありませんか。”

 初めて大西洋横断に成功した『熱気球』、「ダブル・イーグル2号」に関して次のような逸話が残っています。  この大飛行に挑戦したパイロットたちは、初めは順調に航空軌道に乗ったのですが、アイルランド沖で深い雲の中に突っ込んでしまい、気球の周辺が徐々に凍り付き始めてしまったそうです。不必要な重荷を抱えてしまった熱気球はドンドン高度を下げ、当初の2万フィート(約6千メートル)から、みるみるうちに1万フィート(約3千メートル)に落ちました。  飛行士たちはできる限りの努力をして高度を保とうとしました。歴史に残る画像を撮影するためのビデオカメラを捨て、食料も捨て、ついにはヨーロッパに到着した時に着陸のために使うはずであったグラーダーも手放しました。そして高度が4千フィート(約1200メートル)まで落ち込んだ時、彼らは自分たちの「最後の位置確認」の通信をした後、とうとう『命綱』の通信機材まで投げ捨てました。それでも少しずつ高度を失っていく熱気球は、3千フィート(約900メートル)に達した時、ついに深い雲から抜け出すことができ、久しぶりの太陽光線を浴びて、気球周辺の氷が溶け始め、無事フランスに到着することができたそうです。  冒頭の聖書の言葉が語るように、私たちは皆『人生のレース』を走っています。そしてそのレースを最後まで走り切るには、私たちを途中棄権に陥れようとする「不必要な重荷や罪」を捨てる必要があるのです。ある意味『罪』は、捨てるのに多少苦労はするにしても、見分けることはそれほど難しくはありません。しかし『重荷』の方は「いかにも保持しておくのがもっとものような様々な形態」をもっているので、知らず知らずのうちに私たちの進み具合を鈍くしていくのです。それらは例えば『多くの責任』だったり、『周囲からの圧力』、また『義務感』、当たり前になってしまっている『日常の細々したこと』や『人間関係のしがらみ』だったりします。  いかがでしょう、ぜひ1度ゆっくりと立ち止まって、自分が日々抱えながら生きているものを再検討してみては?それら1つ1つを正直な心でじっと見つめ、「神が自分の人生に与えてくださっているもの」「誰かが自分に負わせたもの」、そして「自分勝手な意地や欲のために拾い上げたもの」に振り分けてみませんか?そして自分のレースを正しく走り切るために『本当に必要なもの』以外の『重荷』を払い落として、一緒に完走を目指しましょう!

2020年3月22日 「救われた者の歩み」

説教をダウンロードして聴く 説教をダウンロードせずに聴く 説教あらすじ        「救われた者の歩み」   (22/03/2020) [マタイの福音書 25章31~40節] ― この箇所を読んで「救いは行いによる」と感じるなら、読み誤っている。 ◆救いは『キリストとの個人的なつながり』による [31~34節]   ・「羊とやぎの違い」は、生まれたばかりはほとんど見分けがつかないが、成長と共にはっきり現れてくる。    同様に『キリストを牧者とする羊たち』も、やぎたちによってかもし出される「この世の流れ」の中でキリストとの    個人的な絆によって「羊としての性質」をしっかり保ちつつ生きる時、やぎたちとの違いが歴然としてくる。 ◆救いは『生きた信仰』による [35~39節]   ・羊たちの『良い行い』は、「救われるための条件として励むもの」というよりは、「既に救われている証拠」として    自然に現れてくる『実』のようなもの。羊たちはこれらをほとんど「無意識的に」行っていた。    また、「(迫害の結果として)牢にいる信仰の友を訪問する」というリスクを犯すには、真の兄弟愛に裏打ちされた    『生きた信仰』が要求される。[ガラテヤ5:6] この『生きた信仰』に動かされて歩む時、私たちの1つ1つの行為    はイエスに対してなされている。[40節] ✰今日のキーワード: 「生きた信仰」 ◎学びを深めるための質問  ①何故、「[マタイ25:31-40]は、『救いは行いによるのだ』ということを表していない」と言えるのですか?  ②この箇所で「羊とヤギ」とは、どういう人たちのことを描いていますか? また何故そう言えるのですか?  ③ここで王は何故「わたしの兄弟の最も小さい者にしたのは、わたしにしたのだ」とおっしゃったのでしょう? Outline of the sermon      “Life of ‘people in Christ’.”    (22/03/2020) [Matthew25:31~40] ― You are misunderstanding if you feel “Salvation comes from our Read more…

(381) “真理を買え。それを売ってはならない。”

 これは1970年代に実際にあった話です。  イラクに留学していた数名のアメリカ人留学生があらぬ『スパイ容疑』で捕らえられました。彼らを捕らえた者たちは言いました。「素直に罪を認めるなら、無事本国へ戻らせてやる。しかし認めないなら、痛い目に合わせるしかないな。」 すなわち学生たちは、妥協することによって『嘘と真実の交換』を要求されたのです。もちろん学生たちは皆、初めはこの要求を拒みました。しかし拷問の激しさが増すにつれ、ついに1人また1人と『全く身に覚えのない容疑』を認め始めました。ただ1人の学生を除いて。  この学生は「嘘をつくことの見返りは必ず高くつく。他人をだますことはできても、自分をだますことはできない。」そう心で言い聞かせ続けました。しかし拷問は激しさを増すばかりで、しかも今や肉体的な苦痛だけでなく、共に耐えていた仲間さえも失った寂しさや孤独感はこらえ切れなくなりそうでした。しかし彼は踏みとどまり続けました。業を煮やした拷問者たちは、ついに最後の手段に出ました。「もうお遊びは終わりだ。そんなに死にたいのなら、望み通りにしてやる。」 そう言うと、彼の頭にピストルを突きつけました。「素直に罪を認めるならば赦してやる。さもなければ1分後にお前はあの世行きだ!」  秒読みが始まりました。学生は以前一緒に監房に収容されていた囚人たちが同じように処刑されて行く様子を見たことがありました。目の前に「私はスパイ行為をしたことを認めます」と書いた告白書が突きつけられ、「さあ、たった今サインしろ。そうすれば助けてやる!」という声が聞こえます。しかし彼は拒み続けました。そしてとうとう引き金が引かれ、彼は顔をゆがめました。  次の瞬間、一体何が起こったのでしょう?ピストルの中に銃弾は込められていませんでした。そしてこの学生は釈放されました。後で聞いた話によると、他の「嘘のために真実を売り渡した学生たち」は皆殺しにされ、街の真ん中でさらし者にされたそうです。彼だけが救われたのです。この恐るべき経験を通して彼は、人生におけるとても重要な法則を学んだのでした。それらは…  「正しいことを行うことは、いつでも正しい」 「誤っていると分かっていることを行うことが正しいことは、決してない」

2020年3月15日 「イエスが愛したように」

メッセージをダウンロードして聴く メッセージをダウンロードせずに聴く 説教あらすじ 「イエスが愛したように」   (15/03/2020) ◆選ばれた人々   ・『神の家族との関係』(クリスチャン同士の関係)を考える時に、まず思い浮かぶイエスの言葉。[ヨハネ13:34]    イエスはこの『新しい戒め』を繰り返された。[ヨハネ15:12, 17]  「私が愛したように」がカギ。   ・イエスはこの「弟子たち」そして「私たち」を『選ばれた』。[ヨハネ15:16] 言い換えるなら、神は私たちを「愛する    ため」また「愛し合うようになるため」に、ご自身の主権とあわれみによって引き寄せてくださった。[ヨハネ6:44] ◆イエスが愛されたように   ・イエスは弟子たちを「みそばに置くため」に選ばれた。[マルコ3:14] イエスは彼らの不信仰を嘆かれたことはあ    ったが、決して見捨てることはなかった。イエスの愛し方は、①共に多くの時間を過ごし、②最後まで「これらの    者たちはいつか必ず成長し実を結ぶようになる」との期待・信頼をもって関わったこと。   ・また「イエスのように愛する」とは、相手が「神から与えられているポテンシャルをフルに発揮できるようになる」    ために、その相手が更に神を求め、神を知ることができるように「教え・励まし・助ける」こと。[ローマ14:19] ✰今日のキーワード: 「選ばれた存在」 ◎学びを深めるための質問  ①私たちはどのような点で『特別な存在』ですか? また何故そう言うことができますか?  ②「イエスが愛したように愛する」とは、どのようなことが含まれますか? それはあなたの予想とどう違いますか?  ③『互いの霊的成長』のために「今のあなたにできること」と「あなたが変わらなければならない点」は何でしょう? Outline of the sermon      “As Jesus has loved us.”    (15/03/2020) ◆Chosen people.   ・Jesus clearly taught his disciples how they can grow in “Relationship among believers”. [John13:34]    Jesus Read more…

(380) “あなたがたのうちにおられる方は、この世にいる者よりも偉大だからです。”

 今や世界は『新型コロナウイルス』の話題で持ち切りです。相手が「目に見えない敵」であり、「最悪の場合は『死』をももたらす」ということが1つの大きな要因ではないでしょうか?確かにこのような現象を『恐れる』ことは理解できます。しかし『恐れ』は何の解決にもなりません。「注意深く予防すること」は助けになるでしょうが、それで『恐れ』を自分の心から完全に締め出すことはできませんよね?ではどうすればこの『恐れ』から逃れることができるのでしょう?  聖書は「この全世界・全宇宙をお造りになった『創造主である神』が、今日もこの世界すべてを支配なさっている」と教えています。そしてもし私たちが心からこの神に信頼して歩むなら、私たちは決して「この世のあらゆる恐れや思い煩い」に打ちのめされることはない、と約束しています。  これは「クリスチャンは決してコロナウイルスに感染しない」という意味ではないかもしれません。しかし少なくとも「いらぬ恐れに煩わされることはない」という意味です。何故なら神は私たちを「コロナウイルスから守ること」もおできになるし、「コロナウイルス感染症状を癒すこと」もおできになり、仮に癒されずに死に至ったとしても「死後のよみがえりのいのち」をも約束しておられるからです。  実は最近中国に住むあるクリスチャンによる驚くべきネット上の投稿を見ました。投稿者は、コロナウイルス発症源である武漢州の近くに住むキリスト教の宣教師で、コロナウイルスの騒ぎが起こった当初から、自分が働いている地域の人々がウイルスから守られるように、教会の仲間たちと共に熱心に祈っていました。ところがまもなくその教会のメンバーが1人また1人とウイルスに感染し始めたそうなのです。彼は「神様何故ですか?何故私たちをウイルスから守ってくださらないのですか?」と神に叫びましたが、神は沈黙されていたそうです。ところが最近、仲間たちが治療を受けていた病院から、「これらの感染者たちが回復しつつあり、その体から『ウイルスに打ち勝つためのワクチン』を採取できる可能性がある」との連絡が入ったというのです。何ということでしょう!神は単に「人々を感染から守る」だけでなく、「敢えて感染させることを通して、解決の道さえも与えること」がおできになるのです!  この世界で「真に恐れるべきお方」は、たった1人だけです。それは全知全能の創造主なる神です。もしこの方を心から恐れ敬って生きるなら、他の何者をも恐れることはないのです。

神と人との三角関係

メッセージをダウンロードして聴く メッセージをダウンロードせずに聴く 説教あらすじ  「神と人との三角関係」   (08/03/2020) ◆『関係』の中におられる神   ・使徒パウロは「自分たちは神の願いを達成するための『神の協力者』である」と言った。[Ⅰコリント3:9]   ・神は「私たち1人1人」に興味を持っておられると同時に「私たちの人間関係」に強い関心を抱いておられる。[マタイ18:20]    ところが、『アダム&エバ』の関係が神から離れてしまって以来、人は「神を交えた人間関係」の中に生きる喜びを失った。 ◆「神を交えた人間関係」のために備える   ・前回学んだように、イエス・キリストこそ「神を愛して生きる歩み」の完全な模範。彼は決して父なる神から目を    離さず、また出会う人全てに御父を思い起こさせた。このキリストが私たちの内におられ『出番』を待っている。   ・「キリストならどうなさるか?」と想像力を働かせることが大事なのではなく、「内なるキリストが何をしようとして    おられるか?」に気付くことが重要。朝ごとの『デボーション』は、まさにこの『内なるキリスト』を見つめることに    よって「神との親密さ」を確認し、「キリストの心を抱いて、その日の人々との出会いに備える時間」である。   ・マリアとエリサベツの『胎内の子』同士が呼応し合ったように[ルカ1:39-45]、私たち『キリストにある神の子同士』    が互いに「内なる御霊が呼応し合うような関係」を築いて行こう! ✰今日のキーワード: 「神を交えた三角関係」 ◎学びを深めるための質問  ①「自分の内に住まわれるキリスト」を意識させられた経験はありますか?それはどんな風に起こりましたか?  ②神はあなたを取り巻く『人間関係』に興味を持っておられます。あなたはこの点でどんな神の助けを必要としていますか?  ③「クリスチャン同士の交わり」において、『内なる御霊』を小躍りさせるような交わりとは、どのようなものでしょう? Outline of the sermon      “Triangle relationship with God.”    (08/03/2020) ◆God is within “our relationships”.   ・Paul described ourselves as “co-workers in God’s service”.  We work in harmony for God’s Read more…

(379) “主よ。あなたの御顔を私は慕い求めます。”

 我が家では、犬を1匹・猫を1匹飼っています。犬はメスで名前は『マロン』、猫はオスで名前は『ミクタム』。  ミクタムは、朝私が2階から降りてくると、私が歩くのに不自由するくらいに私の足にまとわりついてきます。これは私が好きだからではなく、エサが欲しい(私が家族の中で1番早起きです)からです。エサをあげてしまうと、もう私には見向きもせず、一心不乱にエサを食べ始めます。  一方マロンの方は、私が『朝の散歩』の準備を始めると、私の前に「お座り」し、じっと私の顔を見上げながら、準備が終わるのを待ちます。これはもちろん「お散歩に連れて行ってもらえる」という期待感もあるでしょうが、と同時に「またお父さんと一緒にお散歩に行ける!」と言っている様にも感じ取れます。何故なら散歩中にも時々彼女は嬉しそうに私の顔を見上げるからです。というわけで、私はどちらかというと(というよりも、かなり)ミクタムよりもマロンの方が気に入っています。  聖書の神は、私たち人間に「わたしの顔を慕い求めなさい」と語りかけています。飼い犬が飼い主の顔を見上げているのを眺めるだけでも嬉しいのですから、なおのこと「心を込めて形造った私たち1人1人」が、神ご自身の御顔を慕わしく見上げるとき、神は殊の外喜ばれるのではないでしょうか?  神は私たちの態度いかんに拘らず私たちを愛しておられますが、私たちがそんな心に愛情をもって答えることほど、神を喜ばせることは他にないのかもしれません。『苦しいときの神頼み』的に、「何かをしてもらうこと」のためだけに神を求めるのではなく、『共にいること』を喜ぶために神を求める者になりたいですね。

(378) “恐れるな。わたしはあなたとともにいる。”

 あなたが持っている物のうち、もっとも尊いものは何ですか?宝石?親の形見?家族?もしかしたら「スマホ」?  神が私たち1人1人に与えて(委ねて)くださっているもののうち、最も貴重なものは恐らく『時間』ではないでしょうか?「お金や物」は人によって委ねられている量が違いますし、失っても大抵取り返しがつきます。しかし『時間』だけは、すべての人に平等に1日24時間ずつ与えられており、また失ってしまった時間は取り戻すことができません。「過去をやり直すこと」はできないし、「将来を完全に予測すること」もできません。『今』を精一杯生きることしかできないのです。  私たちは現代、大変便利な時代に生きていますが、同時に「とんでもなく複雑な時代に生きている」ということもできます。そのためいつもいろいろな事に気を回していなければならないし、様々な人々に気を遣いながら生きています。しかしこれが本当に「神が人間に望んでいる生き方」なのでしょうか?果たして人間というものはそれほどに器用にできているのでしょうか?  私の妻は時々私に「アナタ、思い出して。アナタは私の事だけを最高に幸せにできれば、それで良いのよ。」と言ってくれます。このことは私に『プレッシャー』ではなく、大きな『安心』を与えます。何故なら、「自分は『あの人』も『この人』も幸せにする必要はないのだ」ということを思い起こさせてくれるからです。本当に私たち『夫』にとって、持つべきものは『賢い妻』ですね~。  前述のように、私たちは『過去』にも『未来』にも生きることはできません。ただ『現在』に生きるように造られています。そして「あの人」にも「この人」にも気を配るようにはできていません。ただ1人のお方、『神』を見つめて生きるように造られているのです。その神が今日も私たち1人1人に「恐れるな」と語りかけてくださるのです。  ある聖書の専門家の調べによると、この『恐れるな』という言葉は聖書の中で最も多く出てくる言葉で、365箇所に出てくるそうです。あたかも神が毎日私たちに「恐れるな」と語りかけてくださっているようです。と同時に、恐らく神は私たち人間が「恐れやすい存在」であることもご存知なのでしょう。だからこそ、単に「恐れるな」とおっしゃるだけでなく、「わたしがあなたとともにいる」と約束してくださっているのです。この方を求め、この方に信頼しながら、『今』を精一杯生きること、それが私たちに課せられた唯一の務めであることを発見できた時、私たちの人生はそれまでよりもずっと豊かで平安に満ち、そして多くの実を結ぶものにされていくような気がしませんか?