メッセージ

2011年6月26日 「生ける水」 

説教あらすじ 「生ける水」 (26/06/2011)   ◎[ヨハネ4:1-15] ◆「サマリヤを通って行かなければならなかった」[3-4節] ・ここで「サマリヤを通って行かなければならない」理由はない。イエスは特別な目的を持ってそこへ向かった。 ・1日を「いつものくり返し」として何となく生きることもできる。しかし実際は、神が与えた『1生に1度きりの機 会』。そこに「神の計画」「今日でなければできないこと」を見出す者は幸いである。   ◆「サマリヤの女」について [6-9節] ・通常『第6時(正午頃)』には水を汲みに行かない。後の記述から、この女はいわゆる「不道徳な女」だったこ とがわかる。そのような女に『ラビ』が声を掛けることは、極めて異例。しかし、イエスに「分け隔て」はない。 ・あなたは人に『レッテル』を貼っていないか?➝ 神の私たちに対するレッテルは「愛する我が子」。   ◆「生ける水」 [10-14節] ・「もし知っていたなら…求めたことでしょう。」 今日人々がイエスを求めないのは「価値がない」からではなく「知らない」から。人々は「その場しのぎ」の ものに注目し、また、それらの創始者やシステムを崇める。(今に始まったことではない [12節]) ・確かに『水』は重要。しかし、すぐまた渇く。(売り手はそこが狙いで、更に儲けようとする。) ・しかし、イエスが与える『生ける水』[13-14節]を受けた人は、他の人々に更に与えるほどに豊かにされる。   ◆ 私たちが求めているものは何か? ・人は「自分の全人生を賭けても惜しくない『本物』」を捜している。そしてまた「自分は、そんな価値ある人生を 送るにふさわしい存在だろうか?」と疑っている。 ➝ その質問に対する答えは… YES! ・神はあなたを値積もりし「最愛のひとり子イエス」をその代価として支払った。そして今日も、その『生ける水』 を受け取り、また「分け与えていく人々」を捜しておられる。 ・私は今から約20年前にその『本物』を見出した。そして神もまた私を見出してくださった。[ヨハネ6:27] Read more…

By Junko, ago
メッセージ

2011年6月19日 『イエスのあかし』を受け入れた者

◎[ヨハネ3:31-36] *「私は神の存在は信じるが、イエスによる救いは信じない」という人々がいる。 そもそも彼らの言うところの『神のイメージ』はどこから来るのだろうか?   ◆ [31-33節] ・もし神が、聖書のいうように「万物の創造主」なら、当然私たちの知識や想像を超えた存在。そのような神を 認識するためには、神の側からご自身を知らせてくださらなければならない。(それが聖書) ・更に、もし神が聖書のいうように「人格のある方」であるなら、言葉や現象だけでは測り知ることができない。 「人格的な現れ」が必要である。それ故、「神と共におられた方が、神から見聞きしたことを証言するために、 天から下って来られた」。[ヨハネ1:18]   ◆ 私たちの選択 ・『自分のイメージ』を正しいとするか、『イエスの証言』を正しいとするか。 ・『イエス』という人物に関する3つの可能性 (①ウソつき ②気違い ③神のもとから来られた方) あなたは、自分の主張を押し通すために、神を『偽り者』としますか?[Ⅰヨハネ5:9-10]   ◆ 神は『最愛の御子』を遣わされた [34-36節] ・神が他の天使などではなく『御子(イエス)』を遣わされたのは、イエスが無価値だからではなく、「最も愛する 存在」だから。それ故神は「このイエスを受け入れた人々」を無視することはできない。神が私たちをご覧にな るとき、私たちの内に御子イエスをお捜しになる。 ・神は私たちがこの地上で「どれだけ財産を築いたか」「どんな名声を博したか」「どれほどの成果を上げたか」 などには興味はない。ただ、私たちがこの「神からの最良の贈り物であるイエス」をどれほど喜び、どれだけ の時間や労力をイエスと共に費やし、どのようにイエスの『あかしのことば』に耳を傾け、それに聞き従ってい るか、に興味がある。 ・神はこの御子イエスと共に『他のすべてのもの』を私たちに与える用意がある。[ローマ8:32] ただ、それらを与 えることが、私たちのイエスに対する思いを少しでも薄れさせてしまうようなら、与えたくない。 ・私たちの思いがいつもイエスのもとにあるようにと、神は「イエスの名によって」聖霊を送られた。[ヨハネ14:26] 聖霊が私たちと共におられるのは、「わざを行わせるため」以上に、私たちが『キリストの花嫁』として日々イ エスを深く愛し、彼と共に「最高の喜びに満たされた人生」を歩ませるため。 Read more…

By Junko, ago