メッセージ

2011年10月30日 人生の分かれ道

 説教あらすじ 「人生の分かれ道」       (30/10/2011) ◎[ヨハネ6:60-71]   ◆ここに3種類の人々が描かれている。    ①イエスのことばにつまずき、早々にイエスと共に歩むことをあきらめる人々。    ②終盤までイエスと共に歩むが、結局裏切る人。  ③最後まで、イエスと共に歩み続ける人々。 ◆この違いを生む原因は、究極的には、たった1つだけ = 私たちの(信仰による)『選択』。    *それぞれのグループが取った『選択』についてじっくり考えてみよう! ①イエスと共に歩むことを拒否 [66節] ・「信じられない」のではなく、「信じられる要素がある」のにも関わらず、それを信じることを拒否。 ・この世的価値観に執着し、『まことのいのち』に興味を示さない者は、決して悟らない。[マタイ13:13] ②イエスを裏切ることを選択 [64, 71節] ・イエスは「知っておられる」のであって「決めておられる」のではない。彼は知っていて、敢えて選んだ。あなた は、裏切られると分かっていても愛するか?イエスは最後までユダを愛し、彼の足をも洗った。[ヨハネ13:1-2] ・悪魔の手段は「私たちの『思い』の中に悪い種を蒔く」こと。私たちは自分の意志でそれを拒否できる! ・『人類最初の殺人事件』はどのようにして起こったか?[創世記4:3-7] これもカインの『選択』による。 ③「つまずき」を乗り越えて、従い続ける [67-69節] ・ポイントは『永遠いのちのことば』。彼らは「奇跡的なわざ」にではなく、『いのちのことば』に立っていた。[63節] ★「それがこの世において自分にどんな益をもたらすか?」ではなく、「今日、神のいのちの豊かさにあってどう生きるか?」を求めつつイエスのことばに耳を傾けるなら、私たちは日々正しい選択をしながら歩むことができる。   Outline of the sermon    “The crossroads of life”     (30/10/2011) ◎[John Read more…

By Junko, ago