メッセージ

2012年12月2日 「イエスの『枝』として生きる」

説教あらすじ        「イエスの『枝』として生きる」     (02/12/2012) [ヨハネ15: 1-6] ◆イエスは「まことのぶどうの木」。 ・「ぶどうの木」のたとえは、旧約聖書にもしばしば登場する。➝ [イザヤ5:1-4] ◆イエスに『接ぎ木』される。    ・私たちの人生の目的は、「自分で考え、自分で努力し、自分の力で成し遂げること」ではなく、「イエスの『接 ぎ木』に徹する」ということ。すなわち「イエスにとどまり、イエスから栄養を受け、実を結んで行く人生」。 ◆「接ぎ木」として生きようとする私たちを邪魔する2つのもの。    ①プライド[4節] ・「わたしにとどまっていなければ…」すなわち「イエスに依存しなければ」ということ。このような人生態度を 生まれつきの私たちの性質は嫌う。➝ 「自分でやりたい」から。ここに『プライド』がある。 ・これは「自分の責任を果たさなくて良い」という意味ではなく、かえって「自分の使命をよくわきまえて、キ チンと果たせ!」ということ。私たち人間の本来の第1の責任は「神に対する従順」。これを差し置いて、 体面を気にしたり、自尊心を満足させようとすることこそ、無責任。    ②自己中心性(利益追求)[5節]       ・「実を結ぶ」。枝は実を結んだところで、何も益を得ない。『実』はそれを取って食べる人のため。       ・私たちの人生は、自分が注目を浴びるためでなく、人々の益のためであり、イエスが賞賛を受けるため。 ◆これらの『邪魔もの』を神は取り除こうとされる[2~3節]。この「刈り込み」のために用いられるのは、みことば。     『接ぎ木』がしっかりつがれるために必要なのは、ただ「くっついている(一緒の時間を過ごす)」こと。     Outline of the sermon     “Live as a Read more…

By Junko, ago
メッセージ

2012年11月18日 「イエスが与える平安」

メッセージをダウンロードして聴く 説教あらすじ         「イエスが与える平安」      (18/11/2012) [ヨハネ14: 25-31] ◆私たちを不安に陥れるもの = 「失うこと」への恐れ ・財産   ・チャンス   ・健康   ・人 [27~28節]   ・いのち ◆イエスが持っておられた平安 [27節]    ・「神が共におられる」(インマヌエル)-神は信じるすべての者と共におられるのに、私たちが忘れている。 ◆私たちが「イエスの平安」を持って生きるために必要な2つのこと。    ①「神とはどういう方なのか」をよぉく知ること。 ・自分の勝手なイメージではなく、みことばと聖霊とによって。[26節] ・神は、天と地を造り支配しておられる。あなたをも造り、すべてを把握しておられる。 ・神は、ひとり子をさえも与えたほど、私たちを愛しておられる。[ローマ8:31-32]    ②「神を見つめるための私たちの目をふさいでいるもの」を知り、取り除く。       ・それは、私たちが「神以上に頼り、また欲しているもの」。       ・しばしば、神はその愛の故に、それらを私たちから奪う。➝ 『愛』とは、甘やかすことではない。       ・みことばを「聞き」、それに「従う」者に、神はご自身を現わす。[21節]        *あなたは「みことばを開けないほど」忙しい? それほどまでにあなたを忙しくしているのは何? ◆「見る目」がある人 ◎「この世のものを見る目」ではなく、「神を見つめる目」が開かれていく時 「イエスが与える平安」の中を生きることができる。     Outline of Read more…

By Junko, ago
聖書

(62) 自分たちの間で、自分を量ったり、比較したりしているのは、知恵のないことなのです。

多少の『競争心』は悪いものではありません。子供が漢字テストで良い点を取るために頑張って漢字練習をしている様子は、微笑ましくもあります。より良い点数を取ることによって励まされたり、自信を付けたりすることは、その後の人生にも役に立ちます。しかし、その『競争心』が高じて、「俺はアイツより優っている」とか、「私はあの娘に比べてダメダメだわ」などと一喜一憂するようになっては少々行き過ぎでしょう。 自分の存在価値を正しく評価するためには、まず「自分は神様によってユニークに造られた」ということを知ることが大切です。例えば、バレーボールのチームに所属してプレーをする場合、自分の持ち場によって役割が変わってきます。アタッカーとレシーバーは全く役割が違いますが、勝利するためには、どちらも欠かせません。レシーバーが相手のチームの得点を阻むことは、アタッカーが得点を決めるのと同様に価値があります。もしかするとアタッカーの方が目立つためにより賞賛を受けるかもしれませんが、勝利はチーム全員のものです。もしチームの各メンバーが互いに競い合ったり、比較し合ったりしていたら、勝利の喜びはどこかに消えてなくなってしまいます。 神様は私たち1人1人を「違った存在(互いに比較する必要のない存在)」として形造ってくださいました。私たちはおのおの特別な役割、そして特別な目的のために、偉大な神によってデザインされているのです。私たちがその「自分のために特別に備えられた人生」を謳歌するために必要なのは、他の人々と比較することではなく、創造者である神様を見上げることなのです。

By Junko, ago